タグ:ポエム ( 21 ) タグの人気記事

謎の「酒場の唄」~松井須磨子添え、、、ではない(動画など追記)

b0116271_16501117.jpg

これなんですが。

譜面までついて。
絵はがきです。お察しのとおり浅草オペラ「カルメン」の一節に北原白秋が歌詞をつけた流行歌といってもいい、デカダン風味あふれる酒場の唄です。もちろんビゼーは書いてません。中山晋平の節です。

で、その楽譜がまず目につくのですが、数字譜ですね、下線や点といった記号からして発明されて間もない大正琴の運指等を示しているのは明白です。

あれ。

と思った貴方は大正琴通。ドが1に対照されるはずなのに、ソが1になっている。

じつはこの五線譜間違ってます。あるいはポリトナル(ぜんぶユニゾンの5度で重なる歌と琴の線もありえますが原調が伴奏的であるべき琴になってしまいます)。

1をドと読んで数字だけを追っていけば、そっちのほうが正しいとわかります。

、、、、、えー。イイカゲン。

と思った貴方は超能力者ですこれ、下の歌詞、うそです。

替え歌にしてはまじめなデカダン。でも白秋の、赤い心臓でもあげませうか、という真骨頂は抜けているし、歌詞が韻にとらわれずシャッフルされている。センテンスの最後を赤で統一しているのに無視している。キッスとかしている。そして男の歌になっているのです;女抱きましょうか
中山歌子の歌は調性が違い合唱をともなっており、白秋のものではない歌詞を別の場面用にこしらえたものではないかなあ。

風俗を伝えるものにはなっていますが、情報が何一つかかれていないので、これ以上調べることはできませんでした。

浅草オペラに心奪われた宮沢賢治が、無意識のうちに似た出だしを「星めぐりの歌」に(むろん異化して)使っていたと言われる酒場の唄。

どなたか大正琴で、歌ってみてはくれませんでしょうかねえ。

、、、

ダンスしませうか 骨牌切りませうか
ラランラ ラランラ ラララ
赤い酒でも飲みませうか

ピアノ弾きませうか 笛吹きませうか
ラランラ ラランラ ラララ
赤い月でも待ちませうか

闘牛見ませうか 花投げませうか
ラランラ ラランラ ラララ
赤い槍でも振りませうか

女賭けませうか 玉突きませうか
ラランラ ラランラ ラララ
赤い心臓でもあげませうか

さあさ退散けませうか まアだ飲みませうか
ラランラ ラランラ ラララ
赤い橇にでも乗りませうか

~北原白秋「酒場の唄」



by r_o_k | 2017-10-25 16:14

こんな形の結婚詐欺(微笑)

送信者:山本 <happy-*.wedding-kiyo@ezweb.ne.jp>
日時:2008年4月16日 *:**
件名:結婚しました。

お久しぶりです。
もう聞き及ばれていらっしゃるかも存じませんが、
このたび私どもは鈴木様ご夫妻のご媒酌によりまして
結婚いたしました。

未熟なふたりではございますが、皆様から頂戴したお言葉を胸に、
明るい家庭を築いてまいりたいと思っております。
どうぞ、今後とも変わらぬご指導とご厚誼のほど、
よろしくお願い申し上げます。

なお、下記に私たちの知り合った軌跡を記しておきましたので、
是非お立ち寄りください。
http://koidayori.**.com/

略儀ながら、メールをもってご挨拶申し上げます。

敬具

・・・ばーか。w

なんでケータイアドレスからで、そのアドレスがハッピーウェディングなんて刹那的な名前なんだよ。。出会い系詐欺誘導スパムにも程があるぞ。

面白がってクリックする奴がいるからまた増殖すんだよなあ。。。
by r_o_k | 2008-04-16 20:01 | ゴタク

「鬱進行」

ついに正式に倒れてしまいました。

今や××××です。

どうなってしまうんだかよくわかりませんが、

このままだとどうにもならないことだけは確かな人生の、

分岐してもいない岐路に立ってぼーっと空を見つめております。

b0116271_1271285.jpg


ま、初めてのことじゃなし。

こんなこともあります。一度しかない人生ですから。

b0116271_1421083.jpg


明日終わるかもしれないのに今日苦しむ必要はないですから。




手を見つめる暇があったら、ぼーっとアオゾラを見つめましょう。
by r_o_k | 2007-11-23 01:29

台風一過の寂寥

b0116271_2215126.jpg

異様な静けさ、普段ない暗やみ。

闇を見つめてるとさまざまな抽象的形象がぼんやり蠢く。

闇はスクリーンだ。投影された脳内イメージが見えるにすぎない。

静けき闇夜に妄執かたち成す
無常なる哉たましゐの欠片
by r_o_k | 2007-10-28 02:21

「幸せ」

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by r_o_k | 2007-07-24 07:30

「ウツのとき」

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by r_o_k | 2007-07-24 01:38

ときに化ける少女

b0116271_22211630.jpg

馬に賭ける少女
TOKIO避ける少女
小木を抱ける少女
飯を炊ける少女
土器を割れる少女
小木を蹴る少女
時をかけると主張する症状
信頼性に欠ける控除
ソーキが裂ける沖縄そば
古希に脚気で悩む老女
覇気に欠ける新庄
火器で焼ける壇上
無意味に弾けるバンジョー
時を金にかえる坂東
時に無視される三女
不気味すぎる長女
細木を避けるハッピハッピー
髪が増える小倉
時岡てる95
タッキーに負ける翼
羽賀にマイケル同情
おまえ殴る棒状
原料ケール青汁
やけに笑ける珍事
バキに負ける惨状
朱鷺色に染まる頂上

ロードオブザピンク
インリンオブジョイトイ
by r_o_k | 2007-07-21 22:21

刹那的快楽のための断章

b0116271_17373076.jpg

人間が本当に知覚できる「死」は自分についてのみだ
なぜなら人間は一度しか死なないのだから。
(1999/9記)

***

必要とされない気軽さについて
誰にもあてにされない自由さ。
誰にも相手にされない自由さ。
(1999/9記)

***

酒に酔って人を殴るのはサイアクだとゆうが
酒に酔わずとも人を殴れる者のほうが恐ろしい
(1999/9記)

***

このアスファルトの下には 無数の草の芽が。
突き破れない石板に当たり ひん曲がったまま
もやしのように渦巻く無数の草の芽が。
いつか、剥がしてやりたい
立ち上がるだろう 全ての芽が
いにしえの武蔵野の草原を夢見て
(1999/9記)

***

闇は怖い 無のキャンバスに己がありのままが映し出される
それが怖い
見たくも無い自分
嫌な自分
コンプレックス

それを見るのが怖い 「夢」というものも同じ起因により
発生するのかもしれない
(1999/9記)

***

「色」

全て降り散る。
赤よ!
形の中に己が胸を見よ
青よ!
光を放つ肘から生まれる鸚鵡の仔
黄よ!
洗われたシャツの端から覗く糸屑
黒よ!
永遠の中に我は立ち汝の姿を
汽車の煙のように見る。
黒よ!黒よ!全て!黒よ!
(1999/11記)

***

「疑問」

想えば臭を感じる。
前歯、そう前歯だ。
其の本の表紙にある三角形は。
何故上を見ている。
神秘の肉のうちに蠢く青虫の群れよ
仔でありながら愛でられる事を拒絶する。
一体に其の本の表紙の裏には何が。
忌まわしい過去の記憶の群れが
今しも突び出て来たる。
スープの皿は未だか。
(1999/11記)

***

「好きなもの」

春の陽だまりの匂いが好き
夏の黄昏の照り返しが好き
秋の遠い空が好き
冬の清潔な風が好き
そうして過ぎ行く一年が嫌い
(2004/6記)

***

「残酷な雨」

いったいにこの現実の死という不安は
左手から零れ落ちる涙の雫。
蝿のたかる腐れた肉の塊に降り注ぐ。
何故に美は美たるものか。
いつ返り見るか知れぬ醜さを背負っている。
不安な安定の中で最も主張することのできる価値。
全てはやがて美ではない物と化し
永遠という白い世界に昇ることはできぬ。
呪われた人々よ、祈るがよい。
(1999/11/23記)

***

「断章」

市中は瘴気に満ちている
益々暗くなる視界その片隅でひたすら何かを叫び続ける女がいる
土の中で俺は生まれた
重く、深く
泥土に宿った魂は破裂する泡から飛び散った
不定形な煙のようになった俺は薄汚れた街に降り立つ
市中は瘴気に満ちている
益々暗くなる視界その片隅でひたすら何かを叫び続ける女がいる
白熱灯の灯が揺れている

薬の中に蒼い粉が混ざるようになったのは秋風の冷たく感じられるようになったころのことだった。薄く透明な感じのする色。
綺麗だなあ。

ぼつぼつとした雨が屋根を打つ音が聞こえる。耳が澄んできて、そんなとき僕はよく「賭け」をする。答えは空から降ってくる。他愛の無い遊び。

澄んだ空の下で思い切り深呼吸がしてみたい
それもはや叶わぬ夢か

「過ぎ去りしは我が春
ここに来たりては唯眠るのみ」

(2001記)

***

「お別れ」

さよならと言えた
もう幾年も言えずに
やっと、やっと口にした
薄やいだ雲のしじまに
確かに見えたよ、懐かしい
ほのかに笑っていて
かすかにうなづいて

高く上がった赤い風船
精霊船(ショーロブネ)のようで
とおく深く澄んだ碧空
残る小さな雲のかたまり
ゆっくり ゆっくり青の海に
消えていった
消えていった

さよならと言えた
もう幾年も言えずに
やっと、やっと口にして
青い空いつか紅(くれない)
忘れない、懐かしい
懐かしい人
(2000記)

***

「月のかけら」

夜の岸辺で 月を見ていた
ワンカップ片手に 月を見ていた
おやじたちが照らす釣り糸
若者たちが鳴らす花火
俺はひとり 岸辺に立ち
月を見ていた

俺はよいよい どれどれで
たんたん ゆうゆう ごうごうと
流れゆく みにくい水を見る
無数のヤイバ 浮いては沈み 沈んでは浮き
突き刺しては去り 突き刺しては去る
浄夜は惨めに切り裂かれ
俺の心も切り裂いた

俺の野獣が月に吠える
この世界を壊せと
俺の狂暴が拳となって
あの女々しい月を砕く

月のかけらが 今俺の手に
月のかけらが 今俺の手に

人は皆 弱いもの
群れることで 気を紛らせて
楽しかった日々 嬉しかった日々
ふと気が付けば 泥船の中
たった一人で 溺れっぱなし
指差し わらう
あいつは誰だ
俺は 結局置き去りで
俺が しこたま飲んだのは
水か
それとも酒なのか

どうでもいい どうでも構わない
一人でも戦はできる
一人でも戦える

俺の野獣が月に吠える
この世界を壊せと
俺の狂暴が拳となって
あの女々しい月を砕く

月のかけらが 今俺の手に
月のかけらが 今俺の手に
(2000記)

***

雨の日に窓をあけていると あぶないよ
網戸にしても 入ってくるよ
小虫の大群
網戸の目より 小さいんだもん
ぷーん ぷーんと
うるさいよ
手元に停まって 気持ち悪いよ
ごそごそ這って 気色悪いよ
袋菓子 たかられてるよ
もういやだ こんな生活
ハエトリグモくん まかせたよ
ダニも小虫も いっちゃってください
頼りになるな 黒い奴
・・・
クモが友達
さびしい夜
(2004/4記)

***

ああ ティシュー
汝は何故に 柔らかく そっと我が身を 包むのか
ああ ティシュー
いい ティシュー
スコッティ カシミア 220が いいみたい
~ランボー「我が右手、孤独の友人よ」

・・・うそ。
(2004/4記)
by r_o_k | 2007-07-20 17:37

吐き出す人生

うー誰とは言わないが腹が立つ。

そんで別の誰かに当り散らす。

当たり返されて打たれ弱い自分に気がつく。

吐き出す言葉が尽きたことにも。

そして人生は続く。

こんな程度なら軽いもんだ。
by r_o_k | 2007-07-19 19:05 | ゴタク

笑いゼロ・一コマまんが

数年前に一コマに凝った時期もあったもので、ときどきのせます。キャラは四コマといっしょ。画材はよくつかう無印のメモ帳。

愚痴だよん。けして「みつお」じゃありません。
b0116271_8404375.jpg
b0116271_8424329.jpg
b0116271_8435146.jpg

b0116271_8454491.jpg
b0116271_846484.jpg
b0116271_8474781.jpg
b0116271_848503.jpg
b0116271_8511014.jpg
b0116271_8523215.jpg

けっこう独善的にならないと、風刺説教系のものは書けないものです。
やさしい人には無理な分野だ。
by r_o_k | 2007-07-19 08:53 | らくがき