<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

幻覚ミサ

b0116271_01300745.jpg

醒めていた。


例年のことでありながら今年は何故かまったくの喜びも感傷もなく、ただ至極物質的な感性のままに天井のオジーブを見上げていた。祭壇の後ろに掲げられた簡素な十字架も、単なる木の彫像であった。長年の思い出の染みた壁も椅子も床も、新しく作られた神秘的なマリアの泉も、ただ綺麗で写真ばえのする素材としか思えなかった。

ミサが始まった。私はたんたんと歌いながら、寒い席を一覧していた。オルガンの音が宙に消え入る。座るように促され、皆とともに説教を聞き始める。そして私はにわかにまどろみはじめた。もう、私はキリスト教者ではないのかもしれない。それはさびしくもなんともなく、ただ退屈であった。私は、ゆらゆらと揺れていたらしい。

ゆらゆらと揺れる景色と、妙に安心しきった私のうつろ目に、奇怪なものがうつった。

それは降誕節の歌をうたっているときであった(私は長く音楽に傾倒していたせいか弾いたり歌ったりしながら眠ることがある)、モウ「落ちて」しまいそうな私の横を、巨大な白いものが通り過ぎたのである。

それは教会中央の緋毛氈の上をまっすぐ祭壇のほうへと向かっていた。ものすごく巨大な、白い人であった。体積だけを計算したら、通常の人の何十倍もあるだろうか。生白いローブをまとい、厚いフードを深く被って背を丸め、気がつくとぬっぬっと「歩いて」いたのである。背後からしか見えなかったので顔もなにもわからない。その衣装は簡素で、丁度司祭のぞろっとしたお偉い服に生活感を垂らしたような、しかしなんとなくもっと良いものであった。胸から下は前の人の頭で見えなかったが、たぶん緋毛氈の下にあったはずである、なにせものすごくでかかったのに、オジーブの木枠に頭を擦らなかったのだから。

私はぎくっと目が醒めた。

覚めた。何事もなく空疎なミサの次第がつづいていた。老いた司祭はのんびりと祭壇の後ろで手を広げている。すべては何十年も見てきた決まりごとであり、わかりきったことであり、やはりここにあるものはすべて「物質」にしか見えず、昨年までの神秘的な感覚は失われていた。居並ぶ少年の茶色いローブの下から覗くデニムの裾が拍車をかけた。でも私は別の意味で覚めていた。いや、至極奇妙なものを見た、それだけのことで、あとの1時間はまんじりともせず、呆然と教会の空気を吸っていたのである。

これは幻覚であろう。でも、幻覚は時としてそうでないものとコラボをする。あれは何だったのか、「誰」だったのか?数十年、クリスマスミサに参加していて初めて見た、何か神秘的なもの、この場所で何十年も祈ってきた人々の思いの集った、精霊だったのかもしれない。

2005/12/24

by r_o_k | 2017-05-27 01:27 | 不思議

優雅で感傷的な輪舞

中沢新一さんの番組、いいなあ。なんかほのぼのとして、でも死の気配がして、なつかしい生活の記憶が東京の底から浮かび上がって、空にぽかん、とうかぶむら雲のように、ほっこりと残る。 青空のした、かつてススキの原野だったアスファルトの大地に立って、綿菓子の雲を見上げながら立ち止まる。子雀が二羽とんできて、油臭い地面を跳ねまわっている。まるで輪舞のようだ。かたはらを車が迷惑そうに徐行する。雀がひょいと脇にそれてまた輪舞を始める。 なぜかよくわからない涙が溢れて止まらない。なんて平和な日なんだろう。風は冷たくてもひのひかりはやさしく体を包み、まるでここがススキが原に戻ったような、雀たちの無邪気に戯れるさまに、この地霊の懐かしい記憶がうつってしまったかのように、静かに涙を流した。 枯れ野を懐かしむ大地の上で、ぼくは新しい記憶を刻みこむ。この記憶を、遠い未来にまた懐かしむ人が現れるのだろう。 僕はすこし嬉しくなり、下手なステップを踏むと、そそくさと職場へ戻った。

2005/12/26

by r_o_k | 2017-05-27 01:23 | ゴタク

八兵衛は夜泣く

b0116271_15284988.jpg
(穴の中に逆さ吊りする拷問、これは想像図 役方の八兵衛は収容キリシタンにより改宗。穴吊りのうえ生き埋めにされ、上に大石で封じられた。「八兵衛苦しいか」と問うとカタカタ揺れたという。これは伝承であり、検証が必要な話ではある。)
b0116271_01193807.jpg
b0116271_01195941.jpg
中沢新一さんのディープ東京本を感傷的になぞった深夜番組(録画)を見ていたら、古い東京が懐かしくなって何気に手近にあった「東京オリンピック直前の東京」写真集を手に取った。旧軍時代の施設や今は無い戦前建築の崩壊寸前な写真など貴重なんだけど、その中になんとまあ八兵衛の夜泣き石の写真が載っているではないか(詳しくは本サイトのどっかに書いた)。キリシタン遺跡として壊滅した(詳しくは本サイトの江戸東京コラムに書いた)元和キリシタン受難記念碑(碑自体はこの写真集の出版すぐ前に作られた新しいもので、今は上智かなんかに移設してあるらしい)の写真もある。夜泣き石のほうは戦前に比べ明らかに小さくなっているけど(向かって左側の三角石)どうやらこの感じだと今割れた状態で散置されてる石のどれかに相当する石があったように思う。毎日新聞社「写真東京風土記」田中雅夫編昭和39年12月20日発行、最後のページに抽象画が鉛筆でかいてある。子供のころラクガキしたらしい。昔からラクガキばっかな子だったんだなあおれ。
b0116271_20590520.jpg
ああ風が鳴る、夜が泣く。裏の家が途絶えて空き地になったら風が吹くたび部屋が揺れるようになった。宮沢賢治の夜だ。



2006/2/3

参考:

2014年、切支丹屋敷跡再開発時に発見されたシドッチ神父
b0116271_15202577.jpg
b0116271_15205170.jpg
b0116271_15211920.jpg
(国立博物館寄託の「親指のマリア」シドッチ神父持参、長崎奉行所旧蔵 碑文谷サレジオ教会はこの「江戸のマリア」を奉じている)

b0116271_15264514.jpg
切支丹屋敷遺跡全景

〜「特別展キリシタン日本とキリスト教の469年」六一書房2018より

by r_o_k | 2017-05-27 01:17 | 不思議

歳時記:2017年5月1日~3日 福島県南相馬の大摩崖仏、仙台市の伊達遺跡、伊達綱宗側室と松島あたり

b0116271_14011727.jpg

二日目

b0116271_23345826.jpg
b0116271_12190904.jpg
昔の瑞鳳殿(かなり多く写真が残っており私も他にも絵葉書を持っている)。覆い屋か。周辺はかなりすでに改変されていたのを復原した。本尊だが、現在の復原廟内に設置された伊達政宗像より若いように見える。焼けたには違いないがこれがもとからのものかどうか不明。

三日目

b0116271_23395521.jpg

昔の大崎八幡宮…しかし今回三沢初子ガン無視したな。。
アルバム
20170501-3仙台福島

by r_o_k | 2017-05-14 14:11 | 旅行