<   2009年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
怪物図録

猫多羅天女

越後の弥彦山周辺には霊験ある史跡が多いが、弥彦神社末社に猫多羅天女(ミャウタラテンニョ)の禿(髪)というものがあった。佐渡島の雑太郡小沢に一人の老婆がいたが、ある夏の夕方、上の山に登り涼んでいた...

2009年 11月 10日

怪物図録

竜蛇

出雲の秋鹿郡佐陀社には様々な神事がある。神在月の10月11日から15日までの間、沖から一尺ばかりの小蛇、波にのって磯に寄る。蛇は金色をもって特徴的でありとても美しい。竜蛇と呼ばれる。神官は潔斎し...

2009年 11月 06日

怪物図録

御浅明神の仕者(人魚)

若狭の大飯郡御浅嶽は魔所で八合目から上は立ち入り禁止にされていた。使者は人魚という言い伝えがあった。宝永年間に乙見村漁師が漁の最中、岩の上に異様なものが臥しているのを見た。頭は人間、襟に鶏冠のよ...

2009年 11月 06日

怪物図録

蛙石

摂津国東生郡林寺村の民家裏にあったという。鳥や虫などが上にとまると、頂きが二つに割れて中に落とし、元通りに閉じる。まるで口を開くように、蛙が丸呑みにするかのよう、ということでこの名がついた。殺生...

2009年 11月 06日

らくがき

秋だねー

つか冬だろ。。谷桃子はさっさと女優かお嫁さんになってしまえ。

2009年 11月 05日

怪物図録

三頭蛇骨

米沢の日朝寺に所蔵されていた骨。長さ二尺、一端は双頭、一端は一頭でひときわ大きい。大蛇の骨と称するものは沢山あるがこのようなものは江戸時代でも珍しかった。(提醒紀談)

2009年 11月 05日

怪物図録

天王坂妖怪

享保初年頃、勝間郡蔵という一刀流師範の浪人がいた。腕は未熟だったが不思議と門弟が多く各所に稽古場があり、掛け持ちで指南して生計を立てていた。ある年暮の頃青山あたりの道場の稽古納めといって門弟二人...

2009年 11月 03日

怪物図録

一目連

鍛冶の神としてダイダラなどとの関係が指摘される天目一箇神の別名とされるが、実際には伊勢に今も実在する土地神に近い祭神であるらしい。諸所の文献にみられるが、名前こそ今ひとつ不可思議であるが(創作妖...

2009年 11月 02日

不思議

坂本龍馬は幽霊になったのか

阿部主計氏「妖怪学入門」はハードカバーではあるがごく平易な一般書である。氏自身あとがきに書いているとおり先達の多い「幽霊妖怪史」本で目新しさはないが、懐疑的なスタンスを保ちつつかかれる挿話にはふ...

2009年 11月 01日