<   2008年 07月 ( 86 )   > この月の画像一覧
ゴタク

メモ;これが欲しかった(^_^) !水中音楽プレイヤー

水中ミュージックプレイヤー!これで超退屈なプール遠泳も溺れるまで続けられるぜ!今すぐ買って泳ぎにいきてー、、ただ海はダメだろうなあ。塩とか日光とか波とか。 http://mainichi....

2008年 07月 31日

四コマまんが

とれだが四コマ今ココっ?!(どこの地方局)

キノコ人間もんは久しぶりになります。ぐだぐだ四コマまんがをまとめてアップしておきます。昔アップしたのと重複してたらすいません。気合入ってないのでテレビネタぽいのが多いのはすいません。紙は無印で昔...

2008年 07月 31日

<風流>怪奇漫画落之書

妖精は人間よりやっぱり妖精のほうが好きという話

怪奇シリーズ始めてから部屋の気温が外気より異様に下がってるみたいなんですが何か。クーラー要らずだ。珍しい「子供を取り換えたがらない妖精」の話です。ワイルド夫人「アイルランドの古代伝説」が原典、こ...

2008年 07月 30日

不思議

ニューヨークに「グリフィン」が漂着???

私にもグリフィンに見えます。 モントーク島に打ち上げられた未知動物? http://www.cryptomundo.com/cryptozoo-news/montauk-monster/...

2008年 07月 30日

らくがき

夢幻紳士回帰篇第一回「蝙蝠」に捧げてみる

・・・といいつつまたもや失敗オーアールゼット。。。目と鼻をムキーってなって全部消したらいかん、つーてんのに消してしまったからバランス崩れて修復がさあたいへん。いつもは絶対にやんない顔に縦線横線を...

2008年 07月 30日

<風流>怪奇漫画落之書

枕元に猿が立つんです

軽い話を。明治時代の楽しいお化け話。東京日日新聞M44年3月16日版から、湯本豪一「江戸東京怪異百物語」河出書房新社に転載された話を抄訳編集してそのまま。ペットに異常な愛情を注ぐ人っています。昔...

2008年 07月 30日

<風流>怪奇漫画落之書

怪談「ふたつ燈籠」その2

ごめんなさい一日経ったら醒めてしまったのでけっこう考えず描いてしまいました。画角だのなんだの殆ど考えてません。それにどこが情話なんだ。その1はこちら>怪談「ふたつ燈籠」その1 長田幹彦「幽霊イ...

2008年 07月 29日

らくがき

トラックバックセンターに登録拒否される

公序良俗に反しているらしい、このブログ。おかしいな、原文は文学表現として書かれたものなのだから翻案に問題は無いはずだが。やらしくかいたおぼえもないし、痩せ枯れても文章表現は鍛えてるんで、かなりス...

2008年 07月 28日

<風流>怪奇漫画落之書

異説「ゆきをんな」

ハーン「怪談」より「雪女」のアレンジでございます。真夜中に一気に流し書きしたので汚いのはすまんせん。筆も絵柄が大きくなってしまうから紙が無駄になるなあ。。見たとおり、「青梅調布の渡し小屋説」にも...

2008年 07月 28日

ゴタク

日記らしい日記を書かないと馬鹿になる

夏なのに、さまぁーず。じゃなくって(正しいやん)寒い。なんである、アイデアル、植木等、じゃなくって何だろう?傘だろうか?怪談ばっか書くから憑いたか?べつに怪談じゃないじゃん、ポップにしてるつもり...

2008年 07月 27日

<風流>怪奇漫画落之書

怪談「ふたつ燈籠」その1

長田幹彦「幽霊インタービュー」より実話をもとにしたという小編「ふたつ燈篭」から。今回は原文が混沌として半端に長いので、シナリオに編集してから書こうとしたら・・・一回で描ききる時間がなくなってしま...

2008年 07月 27日

<風流>怪奇漫画落之書

「霊を覗く」

子母沢寛氏が田中貢太郎に語った話。津軽のとある小さな町の宿で、ランプしかない宿であったが、暗いがために本を読む気にもならず眠ってしまった。二階の二室しかない部屋の左側に泊まっていたが、夜中隣の部...

2008年 07月 27日

映画

「壁男」

駄作。原作に失礼。原作は最後の15分くらいにしか使われず、ひたすら映像学校の生徒の如き自己満足ふう心象表現と、生硬で教科書的な運びしかない映画。1時間ひたすら「前書き」を見せられて腹がたったが、...

2008年 07月 26日

映画

「崖の上のポニョ」

[崖の上のポニョ] ブログ村キーワード終演後湯水のように言葉が湧いて出た(ほとんど賞賛)のだがちょっと時間を置くと何も言葉が浮かばない。端的に言うと、考えすぎの設定や筋書きが最終的に詳細説明を放...

2008年 07月 25日

<風流>怪奇漫画落之書

「怪談・黒子禍」

またまた耽美(ようはソフトエロ)かよとか。絵柄的に耽美は無理なんですけど、エロはちょっとあるかなあ。元はしょーもないヨロメキものというか浮気怪談なんですがこれたしか「日本怪談全集」にも収録されて...

2008年 07月 24日

純粋日記

とにかく暑いときに話しかけないでくれ的な。

分類;暑中日記 地震被災者のかたお疲れ様です。 雨よりはましかもしれないけどこの時期に避難とかも大変だなあ・・・ 前とは違う種類の地震だそうで、戦闘機もスクランブル発進して原発など...

2008年 07月 24日

パン屋と女

こんな夢を見た。やる気の無いパン屋が遂に窯を売り払った。「小麦粉のまんま売ることにした、そのほうが楽だろう」湿気をふくんだ小麦粉は少し青みを帯びていて、いちおう型にこねてあるがまるで気味が悪い。...

2008年 07月 24日

真説・もったいないお化け

ちょいと深刻なお話で。ケチでしみったれの姓はシミヤマ名はケチベエてえ者がございまして、いや姓はあたしが今こさえたんでございますがね、名は体をあらわすって言葉がありますがこれがほんとのケチでしみっ...

2008年 07月 24日

<風流>怪奇漫画落之書

「尼僧じょうねんの話」(ほんまの下書き)

しまったこのボリュームで平日は無謀だった・・・ほとんどオリジナルになってますがいちおう田中貢太郎「新怪談集」より「法華僧の怪異」をベースに情念話(ようはソフトエロ話)に仕立ててます。ざんねんなこ...

2008年 07月 24日

不思議

色情霊アレコレ

なんか不完全燃焼なのでちょいと描いた。わすれてた記憶もこの時間帯になると思い出すね。学生時代や新入社員時代のことを思い出すのもなかなかない。とくに最初のやつはタチ悪くて、姿が一定しないんだよね。...

2008年 07月 24日