<   2008年 02月 ( 97 )   > この月の画像一覧
テレビ

墓場鬼太郎・怪奇一番勝負

やっぱり癖のある原作だけに動画にはしがたいものがある。鬼太郎にコミカルなキャラがついてしまっているので、怪奇色を煽るのがかなり難しかったみたい。それでもちゃんと死ぬし、まあいいんだけど、アダムス...

2008年 02月 29日

怪奇百物語

怪奇百物語・枕返し

寝ているあいだに枕を逆にする悪戯好きの精霊。あるあるネタを妖怪画にしてみせた、石燕妖怪だけれども、絵図では不定形なものとして描かれており、子供のような小鬼のような姿は水木画で確立したものだろうか...

2008年 02月 29日

不思議

オーブはまだ生きている?

写真機の悪戯オーブ。丸い眼に見えない玉が写真にうつる、というもので、じつはレンズ内部の反射による、写真用語で言うところの文字通り「ゴースト」なわけですが、でも相手はたんなる「玉」、それだけで片付...

2008年 02月 28日

怪物図録

ドラゴニアーズ~龍化人たち

かつては先住知的生命体として地上を支配していたドラゴン。しかし賢者たる彼らに歯向かい自由を得ようとした人類の一部の者が、悪魔との契約のもとに、変身魔道師スキンウォーカーとしてドラゴンに変化す...

2008年 02月 28日

ゴタク

慢性全身筋肉痛ヘタレ道

わりと瞬間素描は得意なんだが描き込むのがへただ。暖かくなったらいきなり走るのが楽になったので、ついついとばして挙げ句全身筋肉痛。日中も七キロくらいは歩いているのでなかなかきます。生活費を切り...

2008年 02月 28日

怪奇百物語

怪奇百物語・肉付きの面

もともとは仏教説話だけれど、一般的には嫁姑の確執に絡んだ悲惨な話として伝えられる。般若の面を被って嫁を脅していた姑、あるときその面がとれなくなり、ほんとうの般若になってしまう。結局皆が面を力づく...

2008年 02月 27日

怪奇百物語

怪奇百物語・海坊主

各地の海に出たといわれる妖怪。「坊主」という言葉はおおまかに「モンスター」のような意味に使われるので、黒くて大きなぼーっとした人間であったり、嘴のある怪獣であったり、ぴょんぴょん跳ぶ丸いものであ...

2008年 02月 27日

旅行

現在の「隅田川」と「梅若」その他(芳年追加、関屋の里、妙亀...

前に春日部の「隅田川」史跡について書いたので、現在(というか江戸時代から)史跡として認められている東京の梅若関連と、その近辺のちょっと目にとまるものを。※隅田川についてぜんぜん説明なく書いてきた...

2008年 02月 26日

ゴタク

Swing Out Sister "Beautiful ...

はつばい。落ち着いた作風から始まって前前作の不調を思い出しどきどきするが、モータウンのエコーにアンディのジャジーなアレンジがライヴ感溢れる幸せなオトにミクスチュアされて、今までにないカレ...

2008年 02月 26日

ゴタク

人志松本のゆるせない話

冒頭から「放送室」とネタかぶってる・・・(つかラジオが壊れて先週末の放送室は聞いて無いけど ラジオは気が抜けるせいか、テレビとかぶってるネタを出してしまうかんじが難しいなあ。 さんま...

2008年 02月 26日

怪奇百物語

怪奇百物語・川父

土佐の妖怪絵草子にあるもので、殺された渡し守が川底に沈んだまま、腐らずに留まっている。そしてときどき岸にあがっては、苦しい声をあげたという。普通川に浸かった屍はすぐにふやけ流れが速ければ骨となる...

2008年 02月 26日

ゴタク

危機的状況、なのでとりあえず遊ぶ

swingoutsister "Beautiful Mess" じんせいさいだいの危機かもしれない。 うーん、どうしたらいいかわからん。 じっと手を見る。

2008年 02月 25日

投稿数1000 記念

ひでーもんだ、昨日にひきつづき今日もひどいダメージを食らった。歩道橋歩いててフラフラして危なかった。 心穏やかにするため梅園で休憩。

2008年 02月 25日

映画

「ゾディアック」

実際の事件、しかも未だ生乾きだから「スッキリする」という結末はありえない。でも、ちょっと切り落としすぎたかなこの末尾。フィンチャー流のマニアックで緻密な映像作りがリアリズム(ドキュメンタリーに近...

2008年 02月 24日

怪奇百物語

怪奇百物語・一本だたら

一本だたらはいわゆる「一眼一足」系妖怪の一つにすぎない。「一眼一足」というと比叡山が有名だが、山梨岡神社につたわる有名な中国渡来神の「キ」も眼こそ二つあるが一本足で肉の塊のような奇怪な体のものだ...

2008年 02月 24日

伊集院光日曜ラジオ終了とか

今日はへこむことやら戸惑うことやらが多かったなあ。プライヴェートは別にしても、伊集院さんのラジオ番組がラジオの不調で録音できてなかったり、その十年聴き続けた番組が終わるという話が出たり。しょ...

2008年 02月 24日

怪奇百物語

怪奇百物語・うつぼ舟

江戸後期でも有名な珍事で、都市伝説ふうの伝播をみせてもいるが、いちおう何らかの「起こった事実」として認識されているようである。馬琴らの兎園小説に記録されている話では茨城に流れ着いた鉄舟が円形をし...

2008年 02月 23日

映画

「リーピング」

80年代に見ていたらハマったかもなあ。聖書ものは食傷、そのうえストーリー展開やどんでん返しもなんとなく古い。映像の力が勝っているかんじで、悪魔少女もいきなりインパクトの大きい(でもメインの設定で...

2008年 02月 23日

映画

「サンシャイン2057」

地味だけど佳作ですよ。宇宙船という閉鎖空間におけるサスペンスは数は少ないけれどもけっこう作られている。これは特に2010年、および一時期流行った火星ものあたりからのハードSFの流れを汲んだ作品で...

2008年 02月 23日

ゴタク

セイシュンのポラロイド

あー、ついに・・・80年代というとポラロイドカメラのイメージがあります(じっさいはもっと古いけど、当初フィルムが余りに高価だったので一般的に使うまではいかなかった)。現像に出せないヒミツの写真と...

2008年 02月 23日