カテゴリ:不思議( 380 )
不思議

【東京失楽園】四谷津の守の瀧、幽霊に潰される(桐座写真追加...

四谷左門町即ち於岩稲荷とは甲州街道はさんで逆方向、新宿歴史博物館ほど近く。荒木町にかつて美濃高須藩は松平摂津守義行の屋敷があり、急峻な凹地に大池を作り作庭していた(幕末明治に高須四兄弟を輩出)。...

2021年 07月 10日

不思議

【陰陽師とのこと】安倍晴明の史跡物件あれこれ+渋川春海、金...

「晴明石を訪ねて」さて今日鎌倉行ったのは桜目当てじゃない。ちょっと思い立って、 ”陰明師”安倍晴明ゆかりの物件をみにいったのだ。北鎌倉降りて円覚寺側を大船方向へしばらくあるくと、小高い丘の上に鳥...

2021年 05月 30日

不思議

【追いはぎ】あなたも必ず奪われる!死装束を奪う奪衣婆!!【地獄】

耶馬渓羅漢寺の奪衣婆像太山寺地獄絵雲仙地獄葬頭川の婆石(これは閻魔大王の座る台という)川崎大師(平間寺)しょうずかの婆さん 死人の衣をはぐ「奪衣婆」が三途の川(葬頭河)のほとりにいることからしょ...

2021年 05月 04日

不思議

【失われた妖怪】読書幽霊「書籍姫」のなぞ、霧の中・・・壁に...

三田村玄竜(鳶魚)「大名生活の内秘」は国会図書館デジタルにある。四谷大杉町全勝寺の書籍姫(本姫)の簡単に読める唯一の参考書で、webにはこちらを中心に調べた方のページも2つある(笠間まで実査され...

2021年 04月 26日

不思議

【秋色櫻異聞】死神の桜に宿る忍岡〜自殺の名所だった上野の山

死神話は江戸の都市伝説の代表的なもので、神経に由来するものか実際きっかけのあるものなのかわからない。幕末百話の篠田鉱造さんが【銀座百話】に書いているものは、けだし江戸の残り香というべきもので、開...

2021年 04月 21日

不思議

【土佐脱藩の道】官道「野根山街道」の妖怪たち【高知徳島】

室戸岬の根元を奈半利から東、甲浦へ乗り越す山道は、参勤交代の行われたころは大名行列が行き来し、土佐の人間にとっては徳島側へ抜け海路で大坂→都へ向かう唯一の道となっていました。古くは土佐は中央から...

2021年 04月 20日

不思議

【禁教時代】妄想切支丹・江戸時代の多様な伝承とかたくなに守...

・この項目は歴史や宗教の話ではなく、いろいろと入ってきた「きりしたん」なるものの情報をまとめただけです。北野天満宮(京都)の切支丹灯籠。形が十字架、人物が天使などと言われるが、初期に意図されたこ...

2021年 04月 20日

不思議

【浅草寺】伝説上の人物久米平内と恋愛成就【踏みつけ】

初代豊国(浅草寺)引用(昭和初期浅草寺)青山主膳元家臣の剣士久米平内像の謎について。人切りの戒めのため自ら浅草寺参道に埋め「踏みつけ」=「文付け」=恋愛成就の祈願とした(一時期は傍らの代書屋が文...

2021年 04月 19日

不思議

【怪奇スポット】今度こそパワースポットまとめ【心霊スポット】

日吉大社の山の上に懸造の堂がふたつあります。覚悟がないとしんどい道で、にわかに晴れて汗をたらしながらたどりついたところ、子猿が声を上げて走り過ぎました。猿は厄介なイメージがあり、ちょっと休んだら...

2021年 04月 19日

不思議

【巣鴨逍遥】とげぬき地蔵と妖怪小僧、上野戦争から逃げる&墓...

高岩寺小僧とげぬき地蔵の巣鴨の高岩寺が高巖寺としてまだ上野(下谷)屏風坂門前(正確には今の岩倉高校の辺り、上野駅入谷口正面)にあった頃、古狸が小僧に化け誑かした。皆恐れをなし小祠をたてたが、お狸...

2021年 04月 18日

不思議

【夫婦むつまじくなる】番場の女夫石とは何者だったのか?【失...

江戸時代の願掛け名所を集めた「重宝記」にも記載されている本所の謎の男女像。たまたま石屋が受注生産した夫婦像が納品されず宙に浮き、ほうってあったものを由来つけて祭り上げ神にした。当時このように宗教...

2021年 04月 18日

不思議

【ミステリースポット】八幡藪知らずは江戸時代から不思議スポ...

唐突に八幡の藪知らずの話を聞く。懐かしい。本八幡駅が最寄になるか。江戸時代から知られた「禁足地」、入ってはならない小さな藪で、近在の葛飾八幡宮に関連した神域であるとか、古代武人の古墳ないし十三塚...

2021年 04月 17日

不思議

【五百羅漢】らかんさん立ったり座ったり寝たりお酒飲んだり世...

五百羅漢耶馬渓羅漢寺:日本三大五百羅漢の筆頭。耶馬溪はわりと小規模だけど、ゆっくりしたければいくらでもできそう。煉瓦作りの橋を見られなかったのが残念。青の洞門は思ったより綺麗だったですよ。羅漢寺...

2021年 04月 17日

不思議

【怪異の物証】詫び証文ゆる集め【疫病神】

人に憑りついた河童が僧正に祓われたときのもの。もうしません。河童のものは多く、中には静岡の記号の羅列のような不可思議なものもある。そこまでいくと読まれたくない、もしくは宗教上秘匿する内容を暗号化...

2021年 04月 17日

不思議

【廃れぬ迷信】親指はタマシイの出口だから霊柩車に向けて開い...

霊柩車を見たら親指を隠さないと親のしにめにあえない件の起源。松屋筆記巻二(十八公舎筆記巻之二)松屋 高田興清文儒稿二十五 魂門魄戸同書十五の巻に「魂門魄戸」事問何答或云、左大指ノ爪ノ本ト爪ト肉ト...

2021年 04月 15日

不思議

【全部網羅してる人がいたらすごい】おもかる石!!!!【軽い...

京都今宮神社おもかる石民間信仰のものである。撫でた手で体の悪いところを撫でる、あるいは悪いところを撫でた手で石を撫でると病が石にうつるという、おなで石なのだが、転じて占い石という属性を得た。思う...

2021年 04月 15日

不思議

【木乃伊】日本のミイラは即身仏だけではないです【殭屍】東博...

※日本のミイラについて過去記事まとめ。即身仏といった明確に今も信仰をされている、偶発的でない宗教者のミイラ(屍蝋化遺体含む)は基本対象外です。海外(産)のものも対象外。〇人魚のミイラ(高野山)刈...

2021年 04月 13日

不思議

【反明治維新】脂取り一揆、山間妄想(><都市伝説)【農家と...

風光明媚な高知市の五台山。ここに明治初頭設立された西洋式医院。もともと攘夷論さかんな山間地で「あの蛮人医は若者を殺し油を搾り取っている」という風説が流れ、あるいは魔術で「ヘイムシ」という吸血虫に...

2021年 04月 12日

不思議

【猫又橋】復仇猫股橋由来から里見八犬伝まで情報をかき集めた...

・・・猫また橋の異聞に鎌倉屋喜平の猫の話が出てきて両国回向院猫塚の伝承とよく似ている。寛永年間、小石川。これは恐らく芝居を底本とした仇討ち話のアクセントに取り入れられたもので本当の名前ではないだ...

2021年 04月 11日

不思議

【儒艮】新城島のザンと西表島の人魚は違うという話

新城島(上地島)〜人魚の料理は、琉球料理中の珍とされ、琉球藩王は、珍客の來訪に際して、人魚の料理をすすめることを忘れなかった。そんなわけで、ひとたび琉球に訪れたものが、いつまで經つても年をとるこ...

2021年 04月 11日