ブログトップ | ログイン

揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

カテゴリ:純粋日記( 279 )

何年越しの念願上陸

b0116271_2154325.jpg

鳩間の脇や裏にはまだ綺麗な珊瑚が残っている。そのことにほっとした。かなり昔だが、西表で大型台風のあと再訪したあるポイントの惨状を見て八重山に来なくなった。しかしそれは、たまたまそこ(ら)だけのことで、探せば、十数年前の、フリーで素潜っても浅海から切れ落ちまで見事に多様な珊瑚が密生しているところ・・・あるかもしれないし、どなたか守られているかもしれない。

とくに鳩間の北側のリーフ外の地形に張り付く珊瑚は初めて八重山、西表でシュノーケルをやったときを思い出させた・・・この写真のバラス島(予想通りではあった)の更に西表側にある・・・あった?・・・珊瑚礁のさまそのもの、ただボートで誘導してもらわないとポイントがわからないという、悲しい感も否めないけど、浜から泳いだ限りは想像できない保存のよさだった。

言っておくけど、珊瑚の最大の敵は間違いなく気象現象、台風だ。地上も水面下もがちゃがちゃになる、最大のきっかけだ。そこにオニヒトデだの水温上昇だの白化だのがじわじわ確実にきいてくる。人の開発は一気に全部を無くしてしまうが、満遍なく一様に被害を与えることはない。
by r_o_k | 2009-07-14 21:54 | 純粋日記

この後、台風

b0116271_23591748.jpg

踏んだり蹴ったりですよ、もう。

鳩多いなあ、あとナイチャーで他の島が欠航したから来たという人。うーん。

天の川が天球の南北に弓を架すのをはっきりみたのは初めてかなあ。
by r_o_k | 2009-07-13 23:59 | 純粋日記

飛行機小さ!

b0116271_136769.jpg

10年ぶりなのです。雲多い。石垣島は午後遅く雨かよ。
by r_o_k | 2009-07-12 13:06 | 純粋日記

まさにMJと同い年のswing out sisterより、「取り急ぎ」のbreakout断章が届いた。
遅咲きで、それもひっそりと路傍に咲き続けてきた彼らとは対照的だったけれども。



I'll be there...

MJは時代であり、現象であり、タレントであり、象徴であり。
それは人間としてではなく・・・いやもう言葉を継ぐまいな。私はその資格がない。

ところで芸人が一人、せっかく売れかかったのに、無理になってしまった。

ほんとによくあることだ。

ただ、彼もこんなことでは、仕方が無いと思っているのではないかなあ。
by r_o_k | 2009-06-30 16:08 | 純粋日記

ツタヤの店内で強迫観念に襲われた。センチメンタルな気分に陥り、それが何の原因で引き起こされたのか、探さねば成らないという強迫観念。

でもわからなかった。最近のツタヤのコーナー乱立による無秩序配列のせいもあるが、くらくらとしてきて、ラウンジのコーナーで無難なCDを借りた。そもそも契約更新のために無理やり借りたようなものである。

結局何によって引き起こされた感傷だったのだろう。

何か思い出したように思うのだけれどもきっと何も思い出していなくて、物凄く懐かしいのだけれども大抵は何ら思い出など無いのであり、いったいにこの感傷という気分は何を根拠としてふつふつと沸き起こり頭を覆い尽くすのか、思い起こせば幼時の頃より既にそういう子だったのだから仕方あるまい。何かの記憶を持っていたのだと思うし、その追憶にむせぶ姿を奇異がられることなど日常茶飯事だった。およそ玩具など買ってもらえなかったし、とにかく紙と鉛筆が欲しい、紙と鉛筆さえあれば他に何もいらない、そういう子だった。

ちょうど高度経済成長の過渡期だったから目の前で草原や木々や池沼や川が消え、コンクリのマンションや画一化された建売住宅や相続で返納され更地化された狭い三角公園や小洒落た煉瓦のペイブメント(暗渠になった川である)、有名だったお化け屋敷は今も土地の因縁だけは残っているようだが見た目は跡形も無い。工場の薄汚れた独身寮に挟まれたお化け坂は舗装され、寮を威圧していた向かい側のお屋敷は最近駐車場になった。区指定の保護樹木は簡単に伐採されていた。

だが感傷はそういった具体的に起こったことに対するよりも、反射した内面に対して間接的に起こるものらしい。何か瞬間的には残念には思うものの、変化は必然と受け流す見識が既に育っている。何故ってその変化が自分もまた生かす、飯の種になっている・・・廻りまわってそういうことだから、どこかで醒めて、まるで半分仕事につなげて見ているようだ。感傷はその変化していく流れの全てに対してはあるけれど。

大人は重い思い出が増えすぎていつか自殺するんじゃないか、と青臭いころは思っていた。違う。大人は思い出を選別できるようになる。軽重は相対的なものだ。生き永らえていくうちに若造の時代よりもどんどん「重い」思い出が増えていく(それは実際の出来事の客観的評価とは必ずしもシンクロしないが。具体的に酷い目に逢っていても本人が重いとみなしていない場合もある。あくまで相対的なもので、自分の中で軽いものは消し去っていくのだ)。

人間を動物と隔絶させている能力の一つに健忘力があるとはよく言われる。大人になってみると子供の馴れ合いと大人の付き合いの差がよくわかる。この差が見えていない人間に近寄ってきて友達面して連帯保証人に、そういったことが若い頃にはあったりもする、しかし大人には通用しない。血縁でもない限り無くなっていくものだ。

男女の別れ方で、女性は前の男をすっぱり忘れる、男は前の女性を引きずると言われる。これは動物の時代の名残・・・小脳や脳幹の機能的なものとも言われるが、恐らくジェンダーを語るうえでの想定年齢層というのはわりと若く設定されていて、その段階では女性のほうが精神的に早熟であるものだから、「健忘力」についても大人のそれを早々と身に着けているわけで、時間差が単純に表れたに過ぎないと思うのだが、これはまあ、多分に思い込みも含まれている。

・・・

でも人間は機械じゃあない。

・・・

たぶんきっとふとした瞬間何かのきっかけで、消去されたはずの「感傷」が「ゴミ箱」から復活し、自動再生されるのだ。さながら過去より現れたゴーストのように横切る。ツタヤの棚と棚の間を、「スクリーム」のマスクを被って、マントを翻しながら。

今日あらわれた感傷の影は何だったのだろう?

ghost in the machine・・・

・・・ただ私の脳という機械にはどうも、「違うもの」も入っているようだ。

経験などしていないこと。

中古のパソコンのように
前の情報が消去されきっていない。
ゴミ箱に何か残っている。。。

幼少の頃、ある絵を見て異常な感傷をおぼえ、動けなくなったことがある。

涙が止まらず、それはあきらかに「再会」の感動であり、
興味でも好きでもない感情、

「守らないとならない」

今日の感傷はこれに近かった。

何か弱いものを守るということに対する異常な衝動を覚えることが非常に稀にある。性格的にそういう人間ではないのだが、スイッチがあるようだ。

b0116271_1125939.jpg


前世というものを私は全く信じない。
しかし、記憶がどこかを漂い、別人に入り込む仕組みはあるのかもしれない。

b0116271_114540.jpg


もう一つ、奇妙な感覚を持つことがある。

「未来への感傷」である。

これについては詳述しないでおこう。

土台おかしな話なのだから。
by r_o_k | 2009-06-30 01:15 | 純粋日記

b0116271_0205541.jpg

あんなニュースのときにこんなもんアップできんわ。

昨晩かなり早い時間にオノヨーコさんがtwitterで「keep dancing」とだけ記していて、何だろう?と思ったら、急転直下だった。まだ50だ。ま、だ、50歳だったのだ。余りに若い頃から活躍していたから、モータウンの寵児だったから、50くらいのミュージシャンでも上の世代のように見ている人もいるみたいだけど、けして引退はしなかった。現役だった。ただ、約束は果たせなかったのだ。

どうやら倒れて病院に運び込まれたのではなく既に亡くなっていたようで警察が入ったらしい、という、とすると私の記憶も混濁しているのか?ジャクソンファミリーが一昨日くらいに集まっているという話をテレビで見たような気もした(つぶろぐ参照)まあ年をとっているのだ、皆。

だから今出来ることは今しなきゃならない。

今生きることに精一杯だからそれでいい、という考え方もあるがそれは例であって参考にすぎない。可能性はいつだってある。

ただ、

死んだら終わるのだ。

確実に、全て。

自分にとって人生はあくまでただ一つ、一回きりである。他人を羨んでも他人を蔑んでも他人の人生は一切自分の人生と置き換わったりすることはない。他人の人生は別次元の異世界人のそれと何ら変わりはない。

自分の人生は自分が歩むしかないただ一つの路である。

いつ途絶えるか知れない。

自ら途絶えさせるしかない状況もあるかもしれない、それでも、

そこまでで何かを残せるか、何か満足いく瞬間を得ることができるか、それら自分なりの何かを求め、求めることが自己目的化してもそれでも何もしないよりはましだ、

この奇妙に歪んだ平等な社会にあって、自己満足や身近にいる僅かな人々の間における満足という砂上の楼閣のみがそれを可能とするのかもしれないが、それでも小市民的生活の真綿に首を絞めあげられるだけで終わる人生よりはましだ、

「何か」をやろう。

MJの整形手術を皆は笑う、しかしその「整形手術ネタ」だけで恐らく一人の「整形セレブタレント」を成立させるくらいの要素を持っていた。いったい何百人分の人生を生きたのだろう。

ただ傍観的に笑うことなら誰にでもできる。笑いながら自分もいつかは死ぬ。

その墓碑には何が刻まれるのだろう。

誰が花を手向けに来るのだろう。

そもそも

墓碑に刻まれるのだろうか・・・


・・・


イランでのこととシンクロして米国は大変な騒ぎになっている。

北朝鮮の吼え声など殆ど無視されている。

米国に向けてミサイルが発射されたとして、正確さの保証は無い。

しかし日本の米軍基地へは届く。

世界は確実に動いている。

そして人々は日々の生活に追われている。

でも、本当に追われているのだろうか?

ただ無闇に努力する、金になるという自己満足のための志願馬車馬ではないのか?

そうして思考停止し志願する心は色々なことに応用がきく。

だがそんなことはまあ、どうでもいい。そんなことは。

明日、突然病魔に襲われたとき、絶望的な状況に陥れられたとき、彼らはその後の人生をどう生きるのだろう。


・・・

MJは死んだ。

悼む人はたくさんいる。

私はそれほど悼む気持ちの強いほうではない。しかし、人生を考えさせられる。

生き方や生き様。

せっかく才能があるのに、活かすことなくただのサラリーマンになった人間。





マジ歌選手権で東京03角田のサポートに入っている人力舎新人マネージャ大竹。

・・・そこかい!
by r_o_k | 2009-06-26 12:15 | 純粋日記

テスト



www.flickr.com




r_o_k2's 198606広島~出雲~山口 photoset
r_o_k2's 198606広島~出雲~山口 photoset






by r_o_k | 2009-06-12 02:02 | 純粋日記

いんたろっぷ

b0116271_14185519.jpg

これ自体は毎年ムラがあるし面白くないよなあ。


取って付けた様なデジタルサイネージジャパンが目的なんだけど。広告技術って同じものに別なインフラ入れて別な名前貼付けて、代わり映えしないなあ。
by r_o_k | 2009-06-11 14:18 | 純粋日記

オープンマインド

b0116271_12362342.jpg

無茶身体にムリが。。。

もうハコ行く年じゃあない。



ハコってそっちのハコではない。



2009東京逍遥
by r_o_k | 2009-06-08 12:36 | 純粋日記

スカイクロラじゃなくて伊豆七不思議の函南町平井字細田のこだま石の正確な場所、アプローチ、ならびに近くで9年前ヒエログリフじゃなかったペトログラフを伴う巨岩遺跡として地方新聞をにぎわせたヨーグルト石などの現状について、火曜日までに急遽情報求む!!

・・・と思ったんですが、なんだかめんどくさくなったので、観光協会のかたからおおまかなこだま石の場所だけ聞いて、あとは温泉にすることにしました。雨降らなきゃ行くけど・・・

あとフィルムから写真起こすまでもないものやフィルムが劣化している可能性のあるものはプリントから自らスキャンしようかと思ってますよ。


今週後半は伊豆の病院にいます。三嶋大社だけじゃものたりんので上記絡めたいわけで。。


らくがきしなさすぎなのでたまにリハビっとく。萌えに挑戦すんべか?ないない。
b0116271_049391.jpg

by r_o_k | 2009-06-01 00:49 | 純粋日記