カテゴリ:「CALMANDO」( 175 )
「CALMANDO」

近いうちに復活しましょうか

どうなんだろう我ながらこういう生産性のない活動は、と思いつつ、四年前に途絶した思いをあるていど形にしたいと最近思うわけです。怪談よりはるかに需要もないけど、需要よりもヘンリー・ダーガーみたいな衝...

2012年 01月 24日

「CALMANDO」

街でけものを狩るひと。

そういやチュパカブラ以外に対する怪物狩人としての日常をほとんど描いてなかったので、こういうのも混ぜてみました。モンゴリアン・デスワームは日本にしっかり根付いてしまった凶悪な怪物。もちろん21世紀...

2010年 04月 01日

「CALMANDO」

夜のカラス

何のために殺すんだろう。狩りは意味をなしていない。そろそろこの孤独の殺戮者を呪縛から解き放ってあげないと。下書きなしはきつい。

2010年 04月 01日

「CALMANDO」

海苔海苔の海

岩場と砂地が入り混じった入り江。だいたい海辺までは歩いていけるけど、1時間くらいはよゆうでかかるので夜注意。

2010年 04月 01日

「CALMANDO」

「帰還」

けっきょく下書きのままアップしてしまいました。気が向いたらいつか綺麗に。というか全般に四コマの縛りをとっぱらって整理しないとよくわからないものになってしまうなあ。忘れてる・・・というか最後のシー...

2008年 01月 05日

「CALMANDO」

”昇れ!”

援軍にならない援軍であります。そもそもむちゃくちゃ頑丈な体に高性能の飛行器具ですのでしんぱいのひつようはありません。いつになったらヌードシーンまでいくんだこれ。酒が入らないと筆入れ色つけにいかな...

2007年 12月 14日

「CALMANDO」

逃げろ!

成層圏から来た「高層チュパカブラ」を高層へかえす無謀なこころみであります。「背負子」の羽根は有機的な素材でそれ自体が瞬間的に増殖したり凝縮したり微妙な操作によってさまざまな角度も体様も示すことが...

2007年 12月 11日

「CALMANDO」

ばかでかいバカ

図体に似合ってあんまり頭がよくないビッグバードであります。ただ音にのみ反応する、しかも複雑な構造の音は苦手で単音の繰り返しが得意・・・なんかある種の音楽マニアに特有の現象のような・・・とにか...

2007年 12月 09日

「CALMANDO」

紫のあらしの街

街は紫色の物体に覆われてたいへん。紫色のわがままな巨大生物は、音がお気に召さないといっては乱暴を働く。軍の作り出す音はいずれも音色は単純なのに「構造が複雑すぎる」。一つの音だけで、怪獣は大人しく...

2007年 12月 06日

「CALMANDO」

圧力カンバセーション

二日倒れてました。何を描くのかすっかり飛んでしまったので、現状維持的なかんじで。色が変わっているのは昼間になったからです。紙が足りなくなってしまった。。

2007年 12月 03日

「CALMANDO」

天墜つる刻

墨を使うつもりが酔っ払ってて忘れてしまった・・・わかんのかこれ???抽象画みたいになってしまった。話的には進んでませんがこんなスケールの飛行物体が降り立ったということで。じっさい高層チュパカ...

2007年 12月 02日

「CALMANDO」

空から地上へ

「呼んではならないもの」を呼んでしまいました。街は軍の戒厳令下(といってもそんなに人口もいないし国家もほとんど無い状態では役場を制圧するのが関の山ですが)なので騒ぎは起きませんが、軍の兵...

2007年 12月 01日

「CALMANDO」

「バースオブソード・ミュージシャン」

ちょっとタッチが荒々しくしすぎてわけわかめになった・・・しかも画角がみなめんどくさいところを隠す左上からの・・・でもまあ、なんとなくこの物語に動きを持たせていけて自己満足。設定伏線が生きてくると...

2007年 11月 30日

「CALMANDO」

暗い日曜日

fなんとなく物語を動かしてしまってますが、この少女の登場は想定外だったのでどうしよう。パンズ・ラビリンスを見たから少女ものを書こうと思ったとかいうことは余りないと思います。人形のかっこうをして現...

2007年 11月 28日

「CALMANDO」

サヨナラのできごと

静寂が破られるときも描かないと、話が進まない。そろそろこの人にはおいとましてもらおうとは思っていたけど、少々悲しい別れになったのはバイオハザード3を見たからとかそういうことではありません。破綻し...

2007年 11月 28日

「CALMANDO」

じょぶちぇんじな海

このもはや設定・筋グダグダな世界は結局現実世界の出来事とシンクロしています。なので現実世界がまともに動き出したらまともな話に戻るでしょう。それまではすいません、絵もグダグダです。。アクセス見...

2007年 11月 27日

「CALMANDO」

「カラダ」の異変

結局こういうわけで、アクションのできない主人公という設定はつまんないのでスーパーマン化しました。ご都合主義でございます。つか絵にならないんだよなあ、平穏ほど描くのが難しいものはない。話を進めると...

2007年 11月 25日

「CALMANDO」

荒野のタン塩

何らかの超常的なわざなんでしょうが、かんじんの本体が引退状態なので正体は定かではありません。余り最強にしてしまうと話的には困るのですが、とにかく今日は時間がなかったのですいません、お茶にごしまし...

2007年 11月 24日

「CALMANDO」

ナッシンバウトふるさと

べつに初期型だろうが完成型だろうが個体差といえば個体差なんですが。不調ぶりがこんならくがきにもあらわれてしまってます、すいません。とうぜん下書きもプランもなしに駄々書きです。。

2007年 11月 23日

「CALMANDO」

海のチュパカブラ

海棲動物のうち大きいものは殆ど「海のチュパカブラ」に駆逐されてしまっている。「海のチュパカブラ」も陸と同様多様化していて、最も大きいものの中には脱皮後生えた羽根で成層圏まで昇り「空中プランクトン...

2007年 11月 21日