カテゴリ:怪物図録( 196 )
怪物図録

木娘(木むすめ、いちょう娘):京都大阪都市伝説 ※古写真,...

ここではまず古典的な怪木、「木娘」から。佐和山城関連の伝説で清涼寺七不思議の一つとなっている。彦根清涼寺は石田三成家老島左近屋敷跡であり、井伊家菩提寺でもある。木娘は夜な夜な女に化けたという椨の...

2021年 03月 26日

怪物図録

怪物図録(龍女、識名宮の神女、若狭の白比丘尼/八百比丘尼)

2017/6/14記龍女 言葉としては昔からある、単純に竜王の娘もしくは竜宮の官女ということ。芝居で使われる。水をつかさどる弁財天と宇賀神=龍神のイメージが重なったもの(神仏習合)。遡れば仏典上...

2021年 01月 17日

怪物図録

<最新>怪物図録〜写真スマホ落書き版<妖怪>蛇窪神社、鑁阿...

〜蛇窪神社の弁財天、白蛇の不思議な話がある鑁阿寺の開かずの井戸 https://pic.twitter.com/0Pjg4FJWwq関東は妖怪感度低いよね。よくある話。浮気疑い姫の腹を切ったら、...

2020年 01月 28日

怪物図録

怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧...

加藤狐震災前まで上野の南、旧下谷御徒町小(現在中学校)と公園は加藤子爵の屋敷(上屋敷)だった。御徒町公園東側が庭園で、隅に立派な稲荷(実際は大洲八幡を勧請した八幡社と思われる(このあたり下谷神社...

2020年 01月 23日

怪物図録

夏終わり稲生物怪録個人的に盛り上がらずツイッターのローカル...

190827 141454,"耽美がわからない。仕事だけど腰痛でつらいので頭皮誰の頭皮がやばい http://pic.twitter.com/Zsg1mreWr0"190827 141653,"...

2019年 09月 01日

怪物図録

怪物図録:沖縄写真書込系:アカマタ(追記)、ミルク洞窟の赤...

怪物図録(写真書込)2:沖縄:西表島の海坊主(中野):与那国島トゥングダアカマタ、クロマタ、シロマタ八重山特有の来訪神で豊年祭の二日目、新月の夜に現れる。アカマタ、クロマタの男女もしくは子親の二...

2018年 08月 17日

怪物図録

怪物図録;東北北海道東京、山海経ほか;2018/7/10-...

怪物図録(久しぶりに)山海経、沖縄妖怪ほか;2018/7/10-31 ※一部別項と重複しています七尋女房ヶ岩山陰地方など広く分布する磯女をメロウにしたような危害を加える妖怪で、隠岐島(島前中ノ島...

2018年 08月 14日

怪物図録

怪物図録:アルタマハハ(追記あり)

以下のような記事がクリプトムンドにあがりました。このような「物質的な物」は久しぶりな気がします。ジョージア州アルタマハ川のUMAアルティことアルタマハ=ハではないかというのです。Strange ...

2018年 03月 22日

怪物図録

<怪物図録>応挙幽霊、侍さらう鷲、真説牡丹灯籠、揚子江の女...

応挙幽霊円山応挙幽霊の図は世に名高い。何故描いたか伝えによれば大津に愛妾あり一説にお雪という、遊歴中に死す。互いの思慕の情の余り一夜幽霊として枕元に顕わる、応挙直ちに筆をとり其の真を写したという...

2017年 08月 17日

怪物図録

<怪物図録>五つ首、ゴンゴばかやろ、子を抱く先妻、井戸の中...

五つ首那覇のとあるホテルは御嶽を潰して建てられた。裏に入ると雑居ビルが犇めくような場所で沢山人死にの噂がある。ゴミに埋もれ祠が作られているが、額に梵字入りのお札が貼られたマネキンの首が、5つ供え...

2017年 07月 22日

怪物図録

怪物図録<地下室のマリー、春千代のマリア、女の首、石塔磨き...

地下室のマリー古い楽器店。現代的に建て直されてもなお噂された怪談。かつて地下室に弦の一本足りないヴァイオリンがあった。米国の将来を嘱望された15歳の天才少女マリー(仮名)のものだったが、自分の楽...

2017年 07月 17日

怪物図録

怪物図録<江戸褄の怪、最後のキジムナー、千束池の七面天女、...

江戸褄の怪戦時中の日本橋の話。担ぎの呉服屋(仕入れ元からセレクトした反物を担ぎお得意回りをして仕立てて売る業者)がいた。懇意にしていた芳町の芸妓が、役者衆などにおおいに持て囃されるも着道楽が過ぎ...

2017年 07月 03日

怪物図録

怪物図録(ボニー・ジョンストン、萬寿姫(図像追加)、勝軍地...

ボニー・ジョンストン東京西麻布の都市伝説で、オーストラリア人の集まるとあるバーに現れる美女。目撃証言はおろか普通に会話した話が多くあり、パース出身であるなど具体的な属性や容貌などもわかっているが...

2017年 06月 26日

怪物図録

怪物図録(サハブ、鬼胎、ゴミ捨て場の生首、秋田の生首屋敷、...

サハブジョン・アシュトン編「動物学の奇怪な生き物たち」では19世紀当時にはすでに正体のあきらかとなった動物も含め、中世に世界中の生き物がヨーロッパではどう描かれ伝えられていたのか、存在非存在分け...

2017年 06月 19日

怪物図録

生き毛玉(補記修正あり)

寺院のご開帳などのとき、霊宝として「牛の玉」を見ることがある。真っ白で、毛など生え、自然に動く玉で、不思議であるが何の役にも立たない。隠岐の国では野に放し飼いの牛 大変多く、佐久間何某先生はご用...

2017年 06月 16日

怪物図録

怪物図録:さいきんのぶん(沖縄の天女、愛媛の生首、江戸の暗...

スグルクガーの天女本土にも沖縄にも多いいわゆる天女の羽衣伝承で、衣を見つけると迷いながらも結局天に帰ってしまったのが銘苅のスグルクガー(ガーは井戸、泉)の天女伝承であるが、南風原の宮城にあるウス...

2017年 06月 10日

怪物図録

石鹸女

死蝋という言葉を最近聞かなくなった。遺体の脂肪分がローソクのような成分に置換され、干からびて白骨化するより先に、真っ白い肉を保ったミイラの感じになる。。。更に稀に[石鹸化]現象にまで行き着く。全...

2013年 06月 30日

怪物図録

怪物図録「呼びに来る姥」

江戸八町堀二丁目のねぢがねや甚兵衛という者、あるとき客と話し込んでいると、六十ばかりの老婆が頭に手ぬぐいを置いた格好で中戸の口にたたずみ、「いかに甚兵衛、迎えに来たぞ」ここへ来いと手招きする様子...

2010年 04月 22日

怪物図録

怪物図録「お菊虫」

折檻のすえ井戸に投げ込まれたという皿屋敷で有名なお菊の話。ほんらい江戸番町だったらしいが播州と読み替え、姫路城の大井戸をはじめ各地でまことしやかな伝承が語られた(諸説あり)。流言蜚語が流行りがち...

2010年 04月 21日

怪物図録

怪物図録「形ち瓢箪のごとくなるもの」

因果応報の理によって殺生をなした父親の子(たいていは「鳥さし」の子供)が瓢箪のような異形となって生まれた話は、平安の仏教説話の時代からあるが、新著聞集にみえるこの話では上総の妙覚寺門前町の戸籍調...

2010年 04月 20日