怪物図録・安宅丸の呪い

秀吉の命で建造された無茶な巨大戦艦安宅丸は各地の名木神木を無理やり斬らせて作らせたが、実用に余り向かず勾留されるまま水漏れなど整備不良が目立ったきたため結局解体され下々にさげられた。しかし魂のひときわ入ったこの船には、たとえば拘留中勝手に流れ出し故郷に戻ろうとしたりなど奇妙な噂があり、神木関係でよくある話だが、この板を払い下げられた酒屋、穴蔵の蓋にしたが、同時に召使に何者かがとりついて言った。「我は安宅丸の魂なり、はばかりもなく穴倉の蓋にするとは汚らわしい庶民に踏まれたくないわ。一人ひとり取り殺していこう」あわてて女の頭をこづき、侘びて作り変えたら収まった。安宅丸は神格を持っていて今でも祀りをする神社がある。(新著聞集)
怪物図録・安宅丸の呪い_b0116271_31126100.jpg

怪物図録(本編)
by r_o_k | 2008-11-28 03:12 | 怪物図録 | Comments(0)