怪物図録・篠魚

怪物図録・篠魚_b0116271_22143845.jpg

飛騨の荒城郡高原の奥、平湯村にのみ発生するといい、篠竹のもとの節に、枝ではなく魚の形の稲穂のようなものが織り出され、五月雨を受けて谷水に落ち、やがてヒレができて岩魚になる。竹の根は蝉になり、山芋は鰻となるといわれている。(兼叢堂雑録、藤澤衛彦「変態見世物史」文芸資料研究会S2)
怪物図録(本編)
by r_o_k | 2008-11-08 12:06 | 怪物図録 | Comments(0)

揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31