揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

怪奇百物語・おとろし

恐らく実体のない江戸妖怪。口伝はほとんどなく姿は画本にしか現れない。前髪を一束垂らした獅子頭のようなもので、鳥居の上に居住まい、夜中に通ったり罰当たりなものが通ったりすると落ちてきて押しつぶす。教訓妖怪かもしれない。
怪奇百物語・おとろし_b0116271_1515569.jpg

いかにも水木先生向きな姿であり、じじつ水木先生の絵で有名になったといえる。
by r_o_k | 2008-02-20 02:00 | 怪奇百物語 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31