「アース」

ちょっと恣意的に編集しすぎかな・・あとナレーションがうるさい。ナレーションが無い部分がいちばんのめりこんで見られた。確かに、半分くらいはかなりよかった。でもあと半分はディスカバリーチャンネルだった。目玉映像のほとんどがNHKがbbcと共同制作した番組あたりからの流用映像で(bbcの映像をもとに制作されているので仕方ないんだけど)、バラバラに存在するそれら素材を編集して一つの筋に仕立てているのが人工的すぎて・・・エコ映画として見るには・・・逆に気になるというか。映像の品質もそんなによくはない。ハイビジョン収録ではないのだ。最近はテレビの力というのが凄くて(bbcもそうだけど)、スクープ映像は別にして、映画でわざわざ見なくても、このくらいの情景なら「世界の果てまでイッテQ」あたりが卑近に見せてくれる。大仰な音楽とナレーションを付けているほうが逆に気になる。散文詩的に描いたつもりだろうが、元ネタがわかっているとひたすらに散漫な映像詩集を見させられた思いがする。一部CGを使っているのかと思わせる描写もあり(四季の色彩処理とか)アンチエコ派の数多い意地悪な日本の草の根メディアの言いたいことが逆にわかるような気がした。素直に事実だけを伝えればいいのに。しっかし・・・白熊親子やセイウチとの戦いに敗れる白熊なんて、NHKがbbcと共同で制作した番組の素材そのまんまじゃないか・・・夜の象を襲うライオンなんてのはNHKのスクープだったような。水中の象や水中の芭蕉かじきの群れなど、一部はほんとに、よかったけど。おまけで○二つ。
b0116271_21232893.jpg

Commented by wither108 at 2008-01-21 22:27
この世からなんとか愛護団体とか倫理委員とかがいなくなれば別に何の問題もなく人類は生きていける。
遺伝子操作された動物や植物で食料関係は安泰。
人間ももちろん改造する。
こう言うのはやはり独裁国家が無理にでもやってしまわないとね。
Commented by r_o_k at 2008-01-21 22:35
うーん、、、まあ、何が結果としていいものをもたらすかは恐らく現状ではわからないので、少なくとも独裁国家に無理にやられるのは遠慮しておきます(;・・
by r_o_k | 2008-01-21 21:27 | 映画 | Comments(2)

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi