揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

モスマン・プロフェシー。

前回のつづきです。片菜とダミー(今後名前つけます)は連れ立って「橋落とし」の出たという鉄橋にむかいます。もう車なんて滅多に通らない、しかも夜中。
モスマン・プロフェシー。_b0116271_3431373.jpg
モスマン・プロフェシー。_b0116271_3445486.jpg
モスマン・プロフェシー。_b0116271_3462542.jpg
モスマン・プロフェシー。_b0116271_3474054.jpg

この邂逅は若干サイドエピソードに入ります。被害が発生したあと、天使の羽根をつけた二人とモスマンの対決。そこに北海道の仲間が絡まってきます。先生はまだこない。
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
ひさびさに各種薄さの墨ペンを使用したが墨汁ものがだんぜん素晴らしい。薄墨より切れ掛かったインクの墨ペンがいちばんかっこいい。しかし深夜だと直線が引けない・・・最終コマごめん。この回は全部フリーハンド一発描きです。超人的な片菜の運動能力は長年の衰えない体力に経験が加わったもの。片菜は精神的に依存体質があるけど、老練なリーダーシップはある。妹(ダミー)のほうは若いながらよく読書をするので精神的に大人だけど、純粋に若いのでフォローが必要。二人は噛み合っています。まあ、どこぞの変態おやじに制服運動着着せられてるぽいのは気になるが、そもそも片菜の家にある服しか着ないので、お古なんですね。

一コマ目は個人的に好きなかんじ。余白はとりたいよねー。
by r_o_k | 2007-09-30 03:54 | 「CALMANDO」 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31