ドラキュラの息づく村、トーマの心臓

6/19のガーディアンに以下の題名の記事が載った。

「ドラキュラに未だに呪縛されている村
~恐ろしい墓地での儀式の背景にルーマニア伝統のヴァンパイアへの恐怖が」
ダニエル・マクラフリン

さっそくオカルト系ニュースサイトで紹介されまくっているが、単純に被害者が「トーマ」というのに惹かれて読んでみた。「トーマの心臓」は読んだことないけれど。全文翻訳はいいかげんめんどくさいので以下サマリーだけ。

南西ルーマニア、Marotinu de Susの遠く離れた村でのことである。ペトレ・トーマは普通の肉体労働者だった。彼は飲み過ぎや病気の挙句事故で2003年12月に死んだ。だが、彼の魂は安らかに眠らないだろう、と村人は噂した。彼の死体が6人の男によって損壊されたのはその後である。夜中にこっそり墓地に忍び込んだ村人たちのしたことはショッキングなものだった。「彼らはトーマの心臓を取り出して焼き、その灰をコップの水に混ぜて飲みました」トーマの隣人であったエリザベータ・マリネスクはそう語った。

それはストリゴイstrigoiに対処するためのルーマニアの古代儀式であった。実の妹は息子の妻が病気になったのを見て、彼がストリゴイになったのだ、どうにかしないと、と語った。眠らぬ魂が親族の血を吸うために戻ってくるという言い伝えがそこにはあったのである。そのため、深夜0時を前に、彼らは墓地に侵入してトーマの墓を取り囲んだのだ。

彼の屍骸を掘り起こした六人は熊手で胸を裂き、心臓を取り出し、残る身体に杭を沢山突き刺して、にんにくを撒き散らした。心臓は焼かれ、燃えかすは水に入れられて身の毛のよだつカクテルが作られた。それは病気の女性と六人に飲み干された。1年以上たった今でも不気味な儀式の影響が持続しているという。村の中央通り沿いに住むアニソアラ・コンスタンチンは「ええ、病気の人がまた元気になったから、正しいことをしたんでしょう」と語った。のんびりした道、牛やがちょうや馬が農夫とともにある。鳥のさえずりや家畜の鳴き声、糞まみれの庭。時間はゆったりと過ぎる。共産主義、その前の貴族社会やその後の自由市場によってさえも殆ど何ら恩恵を受けなかった農夫たちの生活を、儀式と迷信が形作っている。

彼らは呪いと邪眼を畏れる。そしてアンデッドを畏れることはないと言って、眠ることの無いストリゴイへ六人が施した処置を誰も非難しない。

地元警察は無理解である。トーマの娘の訴えを受けて、彼らは六人を逮捕して不法な死体発掘を告発した。懲役6ヵ月の判決が下されたが、そんなことは何の解決にもなっていない。「それをしたところで誰も苦しめられない。彼らの問題だ」80歳のチューダー・ストイカは擦り切れた帽子の下から語った。「この儀式はしばしば秘密裏に家族内だけで行われてきた。問題は警察が絡んだ時なのだ」

彼はストリゴイが何世紀にもわたってルーマニアの悪夢を生み出してきたと語った。例えるなら「悪魔のようなものであり、神に逆らい、悪をなすことを欲している。疫病をもたらし、不可解なノイズをたてるが、目には見えない」

しかしブラム・ストーカーが古いアンデッドの恐怖をトランシルバニアの15世紀の王ブラド・「ドラクール」・ツェペシュの伝説とかけあわせて「ドラキュラ」というキャラクターを作ったように、ストリゴイの伝説もしばしばヴァンパイアの匂いをにおわせる。現に発掘した一人はトーマの口許に鮮血を見たというのだ。

b0116271_1273372.jpg


Marotinu de Susから数マイル離れたCelaru村のマリア・ドラゴミールは76歳になる。彼女は似たような出来事について何十回も聞いたことがあると回想する。赤ん坊が足から出てきたとき、もしくは胎盤のかけらがまだ着いていたとき、潜在的ストリゴイという人生の烙印を押される。そして、彼が死んだら編み棒を心臓とへそに突き刺し、起き上がって生活の糧を奪いに出かけるのを防がねばならないと言った。

ドラゴミールは死者の頭の下に置く小さいバッグを作る。そこには穀粒、小石、櫛、鏡、そしてリンゴが入っている。それらの組み合わせによりストリゴイが静かに眠るように仕向けることができると信じられている。

EUのリーダーたちが金曜にルーマニアの2007年加入を保証したとき、人々は次の最近のオカルト事件に興味を奪われ興奮していた・・・それは尼僧が3日間冷凍室の中で十字架に縛られたまま食べ物も与えられずに死んだというものだ。*彼女を殺したかどで起訴された僧侶と尼僧は、彼女から悪霊を祓っていたのだと主張したのである。

~結局後半殆ど訳してしまった。ここには迷信の恐怖がイギリスの保守派らしい論調でしかし冷静に描かれている。軽いオカルトが流行っている。しかし本来オカルトとはこういうものだ。死がその前提にある以上陰惨でなくはいられない。日本だって、探せばこういう話はいくらでも・・・??

*6/24にFOX Newsがつたえている

b0116271_121012.jpg


2005
by r_o_k | 2007-07-22 12:10 | 不思議

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31