揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

さむい日

今朝からモンが騒がしい。

彼氏が来るのだ。

「ビッ」

ブザーが軽く鳴った。

扉を開ける。

「ビゴ」の箱を掲げた彼氏が居た。

すこし赤い顔をしている。息がもう白い。

「ウー・・・」

後ろでモンが唸っている。

「モン、こっちおいで」

危なっかしそうにモンを避けると、彼氏が部屋に入ってきた。

ビゴのケーキは安いけど、上品な味がして好きだ。わざわざ遠回りして買ってきてくれる。

「・・・それでさ、部長のヤツ」

今年初めてのこたつに足を入れ、背伸びする彼のYシャツが皺寄っていて、洗ってあげなきゃな、と思った。

「ウー・・・」

モンが大きな背中に向かってケモノの視線を投げかけている。嫉妬しているのだ。でも噛み付きはしない。

彼氏もわかっている。

早速愚痴をはじめる。うん、うんと肯きながら湯を沸かす。モンがふと首を傾げた。湯気の匂いに反応したらしい。それきり台所に腰を下ろしてしまった。

「・・・ああ、ありがとう」

「どーいたしまして!」

さあ、とこたつに座って彼氏とはすむかい。足が当たって照れくさい。いつになっても慣れないものは慣れないな。紅茶の入れ方は難しいけど、最近は自信がでてきた。今日のダージリンは巧く出来た。彼氏の顔色を窺う。

「いやー、ビゴのレアチーズ、うまいねー」

・・・このひと自分のことしかかんがえてない。くすっと笑って私も先にケーキに手を付けた。私のお気に入りは木苺のムースの載ったショートケーキ、目の前のケーキは当然ソレだ。

「甘くないのがいいよね」

「いやそんでさ、さっきのハナシの続きだけど」

「部長さんが、何だったっけ?」

「いや、仲人なら引き受けるから、なんて」

「?」

モンは台所ですっかり寝てしまった。部屋には二人の呼吸する空気だけが詰まっている。

「そろそろだろ、おれたち」

渋いセカンドフラッシュを口にする手が止まった。

ああ、遂に来たか。

・・・モンがいつになく騒いだわけがわかった。

彼氏が鞄を開けている。手先が震えているぞ。

何が出て来るのか知っている。こないだ銀座で、ひやかしに指のサイズを測った。そのときうすうす勘付いてはいたけど、

嫌じゃなかった。

・・・嫌じゃない。

てことは、私は彼のプロポーズを受けるつもりなのだろうか。

「・・・おいしかった」

フォークを置いて、俯きかげんで、”自然な”溜め息をついた。間髪入れずに突き出された白い小箱に、驚きはしなかったけど、視界が揺れる。

ごつい手が、リボンを解いて中のケースを取り出した。緑色のびろうども、小刻みに震えている。

ふとモンのことが気になった。

寝ているのだろうか。暗い台所から、こちらを恨めし気に見詰めているのではないか。

台所を振り向いてみようか。

「・・・結婚してくれ。」

・・・

ストレートだね。

そういいかえせなくて、視線も上げられずに、押し黙ってしまった。

「結婚してくれ。聞いてるのか」

もう1年だ。

1年って長いようで短い。お互い仕事を持っているから尚更、学生時代だったら「ひと月分」くらいの想い出しか詰まっていない、この小箱を見て、答えを引き伸ばせないものかな、という気持ちが、喉まで出掛かった。

「ええ、」

でも私は、

「・・・はい」

・・・

ああ、こうして私は主婦になるんだ。同僚の顔が目に浮かぶ。事務職だから先も知れているし、彼氏の話しだと近々遠くへ転勤があるらしい。そのせいもあって焦ったのかな・・・。

モンは?

社宅にモンは連れ込めるのかな。

何故か次の段階を考えている。予想していたのだろうか。予想じゃない、望んでいたのだろう。

わたしはこのひとが、好きなんだ。

「・・・はめてみてくれないか」

リングは金色に輝いて少し派手。彼氏は少しも紅茶に手をつけていない。さめちゃう、さめたらダージリンは駄目なのよ。

関節をとおすのが少し痛かったけど、はめたらほぼぴったりだった。蛍光燈に向けて手を伸ばす。あったかいかんじがする。

わらってる。私。

「似合うよ」

彼はにこやかに笑った。そしてネクタイを緩めると、胸元からネックレスを出した。その先には同じ形のリングが掛かっている。

・・・ああいうことって、浮気するヤツがするのよね。

いきなりティーカップを取るとぐいっと飲み干した。味なんかわからないだろうな。でも私は彼が無造作に見せようとして演出したこの日のことを、多分ずっとわすれないだろう。

ヨメにいくんだ。

わたしはオクサンになるんだ。

先のことはわからない。

サイコロは振られてしまった。

紅茶のポットが冷たくなって、私は軽くキスをした。

モンの鼾が聞こえて来る。

親御さんへの挨拶はどうしよう、

私は余計なことまで考えはじめていた。

2000/11/6(mon)
さむい日_b0116271_150260.jpg

by r_o_k | 2007-07-18 01:50 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30