揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

夢幻

私はそこにいたのかもしれない。

桟橋に水兵が立っていた。

光の鱗がさざめくように穏やかな海。

彼が桟橋に立っていて、少女はボートに乗っていて、互いに見詰め
合っている。少女の様子は良く分からない。小舟とドレスと日傘の
シルエットが、つと水面を滑って、彼を暖かく包み込む。

ただ立っていた。

少女は黙って彼を見ている。

少し、波が立つ。

少女の思い出の中に、彼はゆっくりと消えてゆく。

微笑みだけが残る。

彼は海で死んだのだ。

・・・私はそこにいたのかもしれない。

了(1999・11)
by r_o_k | 2001-01-01 00:00 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30