歴史小ネタまとめ(2018/6/12-7/1)横浜居留地新聞、七戸庶民写真、近江戸写真、浅草など

歴史小ネタまとめ(2018/6/12-7/1)横浜居留地新聞、七戸庶民写真、近江戸写真、浅草など_b0116271_10584751.jpg
2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_21543197.jpg

国際日本文化研究センター所蔵の写真が少し欠けてるけど書籍に見られた。東海道沿い磐井八幡、とされているがこれは前記の鈴石(烏石も)持ってる式内社、磐井神社そのものです(別の本には明記してました)。江戸名所図会等は海に突き出た弁天さん。長く鈴森八幡と呼ばれた武蔵国八幡総社。戦国期、品川空襲と被災している。井戸も https://pic.twitter.com/4UtuX2jEsqposted at 22:40:47

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13085785.jpg

浅草寺の弁天池というとこのベアト写真のように小さく見えるものが多いが、別角度から見ると平面図通りえらく大きく開放的な池に見える(というか周辺の建物がなかったもしくは震災焼失したときの写真と陰鬱な時期の写真が印象違いすぎる)。鐘撞堂等の塚脇まで拡がってる(というか弁天山周辺こそ池で、情死舞台にされるような場所だったみたい;後補)。五重塔は戦災で逆側再建は承前としてその前、明治19年大修復の時少し移動?と聞いた。足場に登らせ奇観、の絵を見ると信じ難い。 https://pic.twitter.com/QMN1E4hLewposted at 23:24:21

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13104450.jpg

不思議なのは典型的な戦国末期~江戸前期塔の形式なのに、浅草寺塔は妙に「下手」に描かれている。近影はともかく風景の中だと、明治になって写真もあるのに極めて華奢で軒が離れる。再現しても直立できなそう。そういう流儀?本門寺、中山法華経寺、日光東照宮、みんな同じ形なのに浅草だけ。。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1006542726274285568…posted at 23:33:13

例の広重の「スカイツリー図」は井戸掘かで決着ついてるとおもうけど、ああいうのも江戸後期特有の「描き方」があって歪んでる可能性あるのですよね。遠近法はまず現代と同じと思わないほうがいいし。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1006544957300068353…posted at 23:36:42

ブログにサイトからの画像を転載したら、リンク拒否がかかり(自分のなのに)ブログ側で画像表示できなくなってしまった。やむなくツイッターにメモしておく。有名な三田の綱坂(渡辺綱縁)写真、大量の死者を出した事件で有名な薩摩屋敷とされてきたのが、違ったというやつ。横浜開港資料館本より。 https://pic.twitter.com/TFSZdrK5jNposted at 23:39:32

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13112431.jpg

この近くにラーメン二郎があるよね(書くなら慶応だろ普通 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1006546547515875328…posted at 23:40:49

わたしの向こうにまたわたしがいてそのむこうにまたわたしが、、、、え、何かいる? https://pic.twitter.com/YhQeLdAEsdposted at 20:11:09 この写真はリアルなのか作り(普段やらない)なのかで議論があった

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13122685.jpg

羅漢寺と五百羅漢寺を勘違いしておった。前者が百観音をさざえ堂に飾ってたのね。後者は目黒移転。<誤解でした、さざえ堂も現五百羅漢寺(移転前)のもの。現ご住職より指摘あり(後述)羅漢寺というと今は別の寺が旧在地近くに移転してきたものとのこと>posted at 21:23:59

伏見稲荷(千本鳥居)はアナログ時代の写真しかなくブログ記事にできない。いや千本鳥居なんて一部に過ぎず山そのものが素晴らしいんです、最後に見下ろす景色もいい。うーん。ここは幕末よりかなりの写真が撮られてきてます。石鳥居も。明治前期ファルサーリ写真(手彩色)、明治末期?大正絵葉書 灯籠違いあり https://pic.twitter.com/kW4TyJ8oR4posted at 23:12:52

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13124297.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13124201.jpg
クレイジージャーニーが鑑定団に挑む?!posted at 00:01:42旅要素のないクレイジージャーニー、久しぶりでは。んー、語り口は苦手なタイプの職人芸術家ぽいwposted at 00:09:27これ再現天目を鑑定団しれっと出してみたらどうなんだろ(出さないだろけど)posted at 00:12:10陶芸だけはわからんわ(笠間焼除く)。修羅にしか見えんわ。ジャーニーというかクレイジーだわ。しかも陶芸家的には普遍っぽいクレイジー。鑑定団も焼き物だとテンション下がるもんなあ。今回、自分はだめ。陶芸は人が嫌い(笠間焼除く)。 https://pic.twitter.com/Do0C8BzY98posted at 00:21:39

勝鬨橋観光写真、勘違い、戦後か。出来てすぐコウ父親に連れられ見に行ったって言ってたなー。このころはまだ最新の物が色々作られていて、東京人は何かと言うと見に行ったそうで。じき空襲に煙る隅田。墨堤は自然災害理由で埋め立てられ古来の桜も無くなり残念と。 水質は戦後ならもう悪かったのでは。剃刀堤防。

「猫の足あと」さん本当に役に立つ。Wikipediaなんかより確実にデータがわかる(もちろん完全ではないとは思うけどネットでは上級)法性寺|墨田区業平にある日蓮宗寺院、柳島妙見 https://tesshow.jp/sumida/temple_narihira_hossho.html…posted at 17:22:22


もはや北斎関係ないだろ的な分散ぶりに記事を分けることも検討中です:今日は北斎の信仰した江戸の鬼門護り柳島妙見法性寺の不可思議な小泥絵追加と文章や区リンク追加。そもそも江戸名所図会の俯瞰図付けないと駄目だな(浮世絵とかあてにならん) https://twitter.com/ryookabayashi/status/1007443491285131265…posted at 17:45:50法性寺さんにはコピー資料いただいたからつけてもいいのだけどむしろ、つけるのは躊躇するので境内図だけ写真つけてます。posted at 17:47:02幡への鍾馗図により北斎が起死回生儲けて以後北辰妙見さんに詣でるようになった話はネットでは区のサイトにのみみられ公式には受注云々はともかくお百度的なことで成功したことになってる。妙見信仰自体をもともと持っていた可能性は誓教寺さんかどこかでご示唆を受けた。武家だから、と。posted at 17:50:07

べつに寄りはしなかったが恐れ入谷の鬼子母神。鬼子母神というと妙見さん、は雑司が谷のほうです。渡来の妙見菩薩とされてますがかなり古い土着っぽくなった北極星信仰のようで日蓮さんとの縁は妙見が先にあってのもののようです。含め東武士に多いは七天王塚が北斗七星を示している的な妄想(航空写真ではとてもその形に見えない)で有名な千葉氏の影響とか。武家の信仰篤いのは刀身に妙見彫られることからもね。 https://pic.twitter.com/vhir6HxGtLposted at 17:58:25

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13153093.jpg

これがほんとの煙突女、て、煙突女て何 https://pic.twitter.com/AxcbVLXoZdposted at 20:05:05ほぼほぼココ・シャネルぽい https://twitter.com/ryookabayashi/status/1007579742097162240…posted at 20:11:11

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13160273.jpg

ああ、明治から朝日新聞と東京新聞(都新聞)縮刷版が揃ってるのにフラフラと近寄ってしまい関東大震災の号外集でまたダメージ負ったんだった。毎日はやらないのな。 https://pic.twitter.com/DsCNQVnN5Oposted at 00:50:28

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13194833.jpg

判明。東海道五十三次写し「荒井(新居)」浜名湖近くの渡し。恐らく原画は広重「五十三次名所図会 卅二 あら井」(縦版、国会図書館デジタル)通称「狂歌入り五十三次荒井」(wikipedia)富士山はともかく常夜灯省略で戸惑った。元絵が他にある可能性も。北斎のものも道具立ては同じだ。 https://pic.twitter.com/W2dEESaoT4posted at 12:04:04

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13202727.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13202808.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13202849.jpg

ロジデートヴェンスキィ師、さようなら。
ソビエトよさようなら。posted at 21:35:16ロジェストヴェンスキー死去 https://goo.gl/uwef2dposted at 21:40:13


明治十年代、隅田川で行われた競艇大会で初の乾板写真による実況連続写真を撮影し、「早取写真師」として名を馳せた江崎禮二氏の土産写真の裏を見たらこんな絵が。よほど誇らしかったんだなあ。後二枚は宮内庁献上写真より。早取写真師は浅草公園の記念写真屋の代名詞となり戦前まで栄えたとのこと。 https://pic.twitter.com/9cEaCMwUdcposted at 10:45:46

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13231996.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13231985.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13231969.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13231938.jpg

明治中期の早撮り写真屋。普及型カメラが一般化するまで浅草名物だった。野外写真一時間で焼付けが出来る、といって呼び込むが、権威的だったという。しかし大正昭和初期には文化写真などと如何わしいスタジオが屋台を並べる調子になっていったという。 https://pic.twitter.com/cEPhCFx039posted at 15:29:39
2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13233545.jpg

(前記の羅漢寺絡みのはなし)ありがとうございます、古書を参照していた際、明治に一回移転したときの住所で勘違いしたようです。目黒の天恩山は旧堂の頃から存じ上げております。配置が変わって戸惑いますが獏像が近く見られるようになり嬉しいです。posted at 10:49:54うーむ、まるで日本唯一構造のように飯盛山のさざえ堂を語っていて、誰もお鯉さんの五百羅漢寺がさざえ堂で見せる深川羅漢堂だったことに言及しないので、うっかり変説をのべてしまった。ご住職自らの指摘をいただいてしまい恐縮。あと、忘れてたけど松雲師の墓参行くつもりだったんだった。posted at 10:57:39五百羅漢は回廊で見せて三匝堂(三層堂)のほうは霊場めぐりの百観音、というとこがまず区別されてない言及が多くて混乱する。またほんと大規模なもので舞台からの景色は北斎など描いているところだが、幕末の災害続きで荒廃してしまったためそこからの目黒移転、復興のあたりは本でもよくわからない。posted at 11:06:07徳川夢声さんのかかわってるとこで謎が増々で、フィクションと事実の区別がつきにくいなー。小さいけど本堂脇にたしかお鯉さんの祠があるので、明治の世を席巻した新橋藝妓でもとくに力量をしめし銀座の政論カフェー経営と騒乱巻き込まれの、あとは目黒で展示を読むといいけど、原爆と共に思いはせば。posted at 11:12:52仏教には無知なので何ともだけど、五百羅漢は黄檗宗寺院から派生していったというのは正しい理解なんだろか。五百羅漢の発展と分布をまとめたものはあるのだろか(今でも作られ続けている)釈迦直弟子レベルの数だと中国にも多いようだが五百はどこからの数。。規範は耶馬渓の石仏(閻魔もいるけど)?posted at 11:17:49


浅草寺本堂内陣、として掲載されていた昭和初期のグラビア(たぶん彩色だが自然でよくできていて一瞬カラー写真かと思う)関東大震災復興事業の過程でいろいろ記録した模様。今はもちろん内陣だけであっても撮影できないとおもうしソモこちらは燃えてしまったか。戦争で。物凄い修復工事しといて。。 https://pic.twitter.com/awVhROD7aRposted at 15:49:23

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13241587.jpg
2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13242347.jpg2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13265900.jpg

長州力の力旅、浅草狛犬。狛犬ほど型式学的な編年が難しいもんはない気がする。唐様の稚拙な彫りの浅いものでも案外新しかったり、そもそも犬じゃないのもあるがたぶんその手合はかなり新しい。神田明神は幕末参道左右に岩山を設け各子獅子を登らせる意匠をとった。いま再建されてる。 https://pic.twitter.com/LYOLWq9OOYposted at 20:25:22

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13250128.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13250249.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13250261.jpg
【はじめ狛犬】、仏像にも言えるんですよねえ。嵯峨野とか善光寺で見た(がスケッチを許されなかった)なんらかの特定の仏を東に下って田舎に再現する際、専門の石工もおらずなんとなくの記憶にもとづき単純な彫刻を施したら、変仏になってしまい、のちのち別物として拝まれたり。posted at 20:36:53

寺田屋事件回だったか。 https://pic.twitter.com/wqCm9j3tQeposted at 20:43:15

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13252034.jpg

ぜんぜんまとまってない。。そもそも寺田屋事件で田中河内介の錦の御旗偽造とかいろいろ触れることはあるはずだが、描かれたのか?まさか有馬新七斬死だけ…?[怪談田中河内介・調査報告その2※松井永吉・清七親子(画廊主人)追記] https://okab.exblog.jp/9702433/posted at 20:49:00あったあった寺田屋事件の概略(というか前提)。一冊読めば十分な内容ではあるし、寺田屋なら竜馬、ですよね。。うーん。。[怪談田中河内介・調査報告その3-2] https://okab.exblog.jp/8933620/posted at 20:51:23有馬新七墓あった。[京都奈良怪異落穂拾い(3)伏見寺田屋、城南宮ほか] https://okab.exblog.jp/14741954/posted at 20:52:36【衝撃】タイムラインの誰も西郷どんを見ていないposted at 21:13:53久光の命というのが山川の見解なら確定なのだろう。個人的には部下に「暗示した」にすぎないという立場だった(書簡の解釈)。いや、土佐藩屋敷(跡)もすぐそばにあるんよ。 https://twitter.com/i/moments/1008318859349127170…posted at 21:18:19

みんな死んだ的西郷どん(大久保とかは撮ってない) https://pic.twitter.com/3iMQFRhONPposted at 21:28:41

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13255029.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13255095.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13255093.jpg
2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13263200.jpg

「日本の船乗りたちは、三本?、五本?に三角帆を一ぱいに張って疾走する異国船に憧れの眼を注ぎ、おれたちも帆柱をもう一本立てれば、彼らに負けずに走れるものをと考える。それで三本帆が追々にふえた。幕府は、それでは日本船か外国船か見介けにくくなるというので、禁止を令した。」これかなあ? https://pic.twitter.com/EvFb8t2eGFposted at 00:31:12

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13284982.jpg
擬似洋船の記事も載ってる藤岡屋日記は台東区で展示やイベントがあるようですよ。慣れてないと絶対読めない断簡集、平本「藤岡屋ばなし」は時代劇ネタ本として有名です。>企画展「日記が語る台東区5『藤岡屋日記』の世界-安政江戸大地震と幕末の台東区-」トーク・イベント https://www.culture.city.taito.lg.jp/ja/eventdetails/show/00001c0000000000000200000054043f…posted at 00:37:05

看護師といえば生まれる前に亡くなった祖母は看護師だったことが初耳。明治十年代生まれ。先日の新聞写真見てこの人ら知ってたと思うときいた。当時は狭い世界で人数はいても現場が近いと可能性高いと。その孫が看護師やってるんだから血は争えん。先祖は医者。日本初石炭酸使用、って日露戦争?posted at 09:03:11


宮尾しげをって人、大正昭和初期生まれの人には少年雑誌でおなじみの漫画家だったのか。明治東京散歩の人かと思ってしまうぜ。posted at 20:56:18


この写真集(ブログ参照)で驚くのは愛宕山からお化け銀杏がはっきり写ってること。記事に追記するけど、あそこまでひょろっと伸びていたら海からの良い標識になるので、手入れが大変にもかかわらず幕府も保存を命じたろうて。浅野内匠頭の霊は関係なく。posted at 21:01:10

焙烙地蔵もこんなでは首がつらいだろうて。

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13311235.jpg
https://pic.twitter.com/qsMtKX7wAHposted at 21:04:25

若者にも禿頭あり、かむろを伴うほんもののリアルな藝妓なんて初めて見た

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13312888.jpg

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13320084.jpg

広重の日本橋が丸いのは船が通るせい。明治の日本橋が平らなのは鉄道(馬車)を通すせい。川から道路に移動手段の中心がシフトしていった象徴。とかてきとう。(Qさま見てて) https://pic.twitter.com/pbCuucsQ4Cposted at 21:59:54

2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13322080.jpg
2018/6/12-18の調べ物。台東区図書館はすごかった。スマホで落書き。古写真地獄。_b0116271_13405300.jpg

房総の仏教彫刻はいいぞ。神社彫刻も。

posted at 20:05:11

今日は台東区立図書館でみつけた本に将門塚のあった庭園写真が載ってて得した気分、ちな大蔵省と内務省の社史みたいなやつ読んだらホームページで開示されてる写真と同じのしか無かったので、財務省等に他には残ってないらしい

大蔵省と内務省の社史みたいなやつはどこの図書館にもありますが、まだ半世紀もたってないので国会図書館デジタルにはありません。


古河公方の膝下の絵師なぞ。


丑の刻参りのロウソク熱い!「金輪」が頭が燃えるのでフィクションと判明したらどうしようフィクションだろrt


歌川芳幾は落合芳幾と言われないと気づかない(名前でわかるとおり確か月岡芳年の兄弟子かなんかで無惨絵も手がけたらしい)。嘉永年間入門で風物は新しいが画風は古風、だから時期特定しづらかろうが、お台場完成後なので嘉永七年より後になりますね。


2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15280715.jpg

使いようのない画像選手権。戦中の福屋(広島)。タイミング逸した。

https://pic.twitter.com/c3Aj0diLSs

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15290459.jpg

「卑弥呼に学ぶ女性経営者の闘い方」とかそういうビジネス()書?

posted at 14:20:18

「社長になりたければデカい墓を作れ!〜前方後円墳に学ぶビジネスパーソンの終活」を墓地業者のステマで書くのがビジネス書ゴーストライターの腕の見せ所だな。

posted at 14:25:23

こまる https://pic.twitter.com/WJ2QkSNnx9

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15292444.jpg

※このあと開けたらあえなくバラバラになりました、箱。

硝子写真のうまい取り込み方がわからん。(お金と手間をかけずに)

posted at 21:51:10

硝子写真をなんとか目で見たくらいの精度で取り込めないかと一時間。被写体の貧弱さにハズレを引いたことに気づく。値段相応だわな、うん。硝子乾板なんてっても服装から多分大正末期から昭和初め。上流家庭でもまだ硝子乾板主流だった。

posted at 21:59:07

たぶん収蔵美術館が全国に一つしかない(くらいの)画家さんの墓写真が2つあるがスキャナが駄目で文字の判別すらできない。こういうのは困る。。一方東京では硝子からセルロイドに移行しつつあった。今回の半額以下の代物で大いに楽しめた。スペースも取らない。サイズのみ。くそー。

posted at 22:01:19

ポジの美しい風景写真が三、四枚あるが、これは買った土産物だろう。そういう土産物がありえたのかわからないが。ポジはあと一枚素人物があり、それも不思議な事だ。

posted at 22:04:31

カメラが普及したと言っていい時期は戦後なんで、それまではかわりに「絵葉書」だった。写真の代わりに買うのであって記録でもあった。だから絵葉書は趣味足り得る。絵葉書自体鶏卵紙の頃からあったけど紙に直接印刷して安価量産できるのは明治末なので、考えてみれば「絵葉書の時代」は短かったのか。

posted at 22:12:05

彩色技術は江戸の絵付けの伝統から直接つながってるようなもんと外国人写真家についての本で読んだ。だから多少美術品価値は絵葉書の、手彩色と呼ばれる時期にはあるようで。下手な色付けもあります(ホント雑)。まだ、簡単に言えばほんとのカラー印刷が出てこない時期の話で、昭和には失業してたろうね。

posted at 22:15:40

完全にスキャン失敗してレンブラント化の巻 https://pic.twitter.com/HhBQZcGDHy

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15294886.jpg

これをせめて目で見たくらいにちゃんとスキャンもしくは加工したいものだが、自分の写真を先にスキャンせいという気もする。スペースの問題で紙焼き写真は全部デジ化したい。生きていれば95さい位? https://pic.twitter.com/EZAGS73AmG

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15300233.jpg

駄目なテーマはスッパリ捨てるべきだな。七戸を調べていたがもう無理。データが少なすぎる。しかもどうやら昭和初期まで下る代物らしく、これは縁がない人には全く興味を湧かせないやつだ。台場と高輪大木戸ネタを補完して気を落ち着かせた。頭がスッキリしたので仕事に戻る。これは九戸城の人形だろな https://pic.twitter.com/kUAKHJ039y

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15303178.jpg

南部馬(仔馬付)
おやすみなさい https://pic.twitter.com/ZxiuIy5gEY

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15312296.jpg

posted at 01:29:15

南部馬(わりと足細い)
おやすみなさい https://pic.twitter.com/jbaDcOEHLw

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15314346.jpg

「桃太郎のミイラ?!」と思ったら桃太郎神社の鬼のミイラの写真だった。しかもこれだ。耶馬渓羅漢寺仁王門前にいたと聞いたぞ羅漢寺で。 https://pic.twitter.com/Q2BDdWcfgi

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15323426.jpg

なぜ昭和にもなってまだ湿板写真にこだわり続けたんだ https://pic.twitter.com/dl4eGvJ6ve

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15334855.jpg

初回「大江戸」で話題になった「高精細画像で甦る150年前の幕末・明治写真」浅草寺弁天池の有名な写真(ファーイースト掲載)拡大写真、池は開化後すぐなくなりこの弁天祠があるが、原写真では提灯に交差大根が見えるという。これは右、経蔵よりさらに右奥の待乳山聖天から和合神を招来し習合したのでは?? https://pic.twitter.com/VQJOM31NWD

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15345719.jpg

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15345771.jpg

posted at 10:36:57

補足。この弁天は宇賀神を頂く(光背頂部にも3つの宝珠のようなものが見える)弁天像で、白髪ゆえ老女弁天として知られる本尊とともに新築弁天堂におわす。縁日巳の日(不忍池弁天島と同じ蛇の日ですね)法要で開扉される。写真は「浅草寺今むかし」から。

https://pic.twitter.com/jKt7GKDRwD

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15352052.jpg

posted at 11:00:34

放送大学附属図書館蔵の写真部分。ほぼ同時期とされるが精度のせいかうらぶれた雰囲気がある。

このあたりは陰鬱で池のなくなる明治20年以降も情死に使われそうと言われていた。弁天祠には大根提灯は無い。時期の可能性もあるが少し下るのかもしれない。「レンズが撮らえた幕末明治日本紀行」 https://pic.twitter.com/EU96VYtLpt

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15354251.jpg

もっと精度の高い写真もあるがついでということで。俯瞰で見ると弁天池は意外と広々としている。また弁天祠(宇賀神)をよく見ると縦長の大根提灯が2つ下がっていて最初の写真に似る。確かこれもファーイースト写真。時期は同時期だろう(同紙短期間しか出なかった)国際日本文化研究センター蔵を引用 https://pic.twitter.com/aaJPPwhoPZ

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15361806.jpg
ちなみに同じ幕末、安政四年来日した英国人キャプテン・チャールズ・ベットウェルの描いた浅草寺はこちら。
2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_17505424.jpg
さほど上手い人ではないが、これは実見せず中国とごっちゃにしたのではあるまいか。塔が掛け離れている。

浅草寺大銀杏について。もともと写真の通り本堂裏(焼けたが恐らく細々と現存、別項)と経蔵・五重塔間(現存)の二本あり。前者源頼朝の箸から生じたといわれ、後者を頼朝の刺した枝から生じたというのは古本には無いが同じく既に老木だった。現在戦災銀杏とされるのは後者。これより戦前の堂宇配置が判りますね。 https://pic.twitter.com/de7TJedYyR

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15370724.jpg

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15370778.jpg

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15370797.jpg

posted at 19:27:15

青山主膳元家臣の剣士久米平内像の謎。人切りの戒めのため自ら浅草寺参道に埋め「踏みつけ」=「文付け」=恋愛成就の祈願とした(一時期は傍らの代書屋が文を書いて奉納したり、ほか何でも祈願した)。厳しい顔の(江戸名所図会の通りの)前者(一枚目)は踏みつけ伝承が正しいなら大きすぎる(これ自体実はあやふやな話で、久米平内が死の前に自分の姿を写せと言っただけとの話もある)。後者(二枚目)は浅草寺公式に載っており現在の堂(五枚目)の大きさにもあう。だが戦前の古絵葉書や書籍に三枚目のようなものがあり、裃姿、素朴な彫刻はもっと時代を感じさせる。これを本物とする本あり。四枚目の古い堂、前者のもの、図会などの描写する大きさと合致する。但し明治時代に焼けて再建されたもの。※


※古い本によると戦災で久米平内踏付像は失われ、現在あるものは某さんが代わりに何体かあった石像から選んで置いたとのこと。本来は石屋の姿を写したものを久米平内と呼んだので(浅草寺に久米平内家の墓石があったらしい)、裃の両袖の無い特異な姿であったとあり、三枚目が本物の踏付像といえそうだが、戦前の研究本に江戸後期の年月と奉納者の名前の刻まれた裏面写真も掲載されており、違う写し(店で奉納用に販売された石像)と思われる。


https://pic.twitter.com/gWF0h4U4AI

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15372739.jpg

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15372736.jpg
2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_20052312.jpg
2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15372730.jpg

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15372748.jpg
海蔵寺の久米平内夫妻墓
2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_17015840.jpg
〜刻銘は夫妻の本姓(平内は兵藤氏)と戒名のみで後年の供養塔とみていいだろう。こちらも関係の家だが、浅草寺境内にかつては一族墓があった。文京区白山。

posted at 19:40:24

亜欧堂田善、ほんと早く生まれすぎ。。ちゃんと西洋画家に学んでいたら西洋人として江戸を写実できたろうに。潔く地元に帰って貧乏するのは後輩北斎晩年を彷彿とさせるところも。福島の偉人の一人だなあ。画像は参考。 https://pic.twitter.com/F90Bx6mLWc

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15374506.jpg

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15374539.jpg

posted at 22:03:23

今戸橋のやっすい明治浮世絵ほしくて買ったけどあんまり安っぽいのでほっといたら、高輪大木戸の入ってるシリーズで、橋の真ん中で走ってる黒い人はなんと郵便局員と。ネットで郵政博物館見てたら載ってた。これでも開化絵なのか。人力車いる(江戸時代は車輪禁止)。三代広重なのでほぼ広重ではない。 https://pic.twitter.com/jGssLWUZaY

2018/6/19-25落ち着いてきたがとりあえず浅草寺弁天池と久米平内像の新旧は押さえとく(結論あり)_b0116271_15382466.jpg
ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_09202328.jpg

札の辻。そう、ここは月の岬の先端
もと高輪高札場(高輪大木戸築造に伴い移動)元和キリシタン処刑場
高輪海岸を走る元東海道 https://pic.twitter.com/9SuXEBNSNg

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17022818.jpg

絵金まつりが近いからかなあ。わたしは好まないのですが江戸絵師には定番の春画など。あるていどいっちゃった絵を描く絵師にとって、現実に囚われず自由に表現できるSFみたいなテーマだったんでしょうねえ。 https://pic.twitter.com/OhLdlqfjbq

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17033148.jpg

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17033125.jpg

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17033171.jpg
ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17044297.jpg
ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17042903.jpg
横浜と神戸は風景古写真を見るばあい有象無象のものが無限に出てくるので、ジャンルを限っておかないと収拾つかないなあ。そのおおまかに言って近くである東京(江戸)、日光、京都も無限にある。箱根もかな。何を調べるのかしぼらないと。

明治初期、横浜発行の英字新聞ファーイーストのとりま復刻版(日本発のだけ)写真と解説全部目を通してきた。つかれた。カラーコピー無力。あと、60年代の写真印刷技術をかんがみると、古本でも9万とかするこの全集を買うのはリスキーだ(いわゆる被差別の被写体に関連するものなどを除くほとんどが異版含め横浜開港資料館をはじめとした諸機関により検証・カメラマン所蔵原版等による高精細復刻出版されている)。写真目当てで英語読めないなら尚更不要。筆者ははじめ上からだったのに、日本が開化し、急速に体制と教育機関を整えついには追い出した経過が発行頻度の激減と内容の「客観化」や嘆息的内容に表れてるな。

posted at 18:37:54

下田をディスってるのが面白かった。よっぽど出島が気に入らないらしく(長崎自体は日本一と絶賛)下田みたいな出島のようなところに押し込められたらかなわん、ハリスが交渉して横浜に入れて良かったとか。下田なんか港じゃない、自然災害が酷いとも。終盤検閲入ったのだろう、写真はカメラマンが離日しありもので済ます、取材ネタ無くなって日本の伝承に走ったり、バリバリ近代化し知恵をつける日本に対し江戸懐かしむのも(海外に追い出されてからの続編にも日本ネタはあるみたいだけどさすがに面倒)

posted at 19:01:18

終盤ではおもっきし伊勢神道を新興勢力とみなしてるのも、江戸郷愁の中での感覚ではあるんだろうが面白い。市ヶ谷八幡築造がまるで新しい宗教施設のように写されている。最初の方で鶴岡八幡宮に神宮寺が融合しているのをとても珍しがっていたのが、中盤では別のとこの神仏分離の無残な結果を写真におさめ(鶴岡八幡宮は寺部分が完全に壊された)、そのあとに招魂社の写真が。

posted at 19:04:17

オリエンタリズムすらない完全にお仕事で来ているのであり、日本人やその文化に魅了されてないのがリアル。それでもあまりの変化に郷愁を感じざるを得ない、そりゃ小泉八雲先生も本書くわ。

posted at 19:06:24

日本初のフリーメイソンロッジらしき写真(明治初期)ザ・ファー・イースト復刻版

写真精度が低すぎてスマホカメラで十分なレベル https://pic.twitter.com/f5ngI4oG2r

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17061639.jpg

初な訳がない。長崎があった。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1011972771373408256…

posted at 23:36:22

時宗だと「教師」というのか。独特だなあ、ってどの宗派も多かれ少なかれ独特な言葉は使うか。広く開かれた宗派だとざっと理解していて、某宗派のような排他的な厳しさは非仏教徒としては怖いな、という印象だったので、時宗が鎌倉にある意味は大きいと、、、まああんま知らんからいい

posted at 23:42:50

「閻魔王の玉印」、親交のあった修験行者達から寄進された「天狗の爪」に「鬼の牙」、宗祖一遍上人が所持していた「念仏鐘」や俵藤太旧蔵とされる「仏舎利塔」、遊行上人への信仰から生まれた「かじめの杓子」、怪異的な伝承品でもある「ためいきの面」や「星の硯」まじか! http://yugyoji-museum.world.coocan.jp/tenran.htm

posted at 23:55:35

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_20455278.jpg
ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17065408.jpg

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17065437.jpg
深川羅漢寺時代の五百羅漢寺。明治初期。
建物もかなり傷んでいた様子。檀家を持たなかったため資金に苦労。五百羅漢像も回廊配置ではなくなった。この時期からお鯉さん姉妹再興の間に廃仏令、二度移転、被災などで数像を売却などしたとされる。明治時代の一般的な資料でその模様はあるていど追える。 https://pic.twitter.com/GGwrtXC7zE

すんません、本堂屋根の歪みは原本の歪みです。「ザ・ファー・イースト」掲載。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1012183744713617408…


ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17073727.jpg

お雇い外国人をリアルに実感するならザ・ファー・イースト読むのも良いかもしれない。だが断る。英語読むの嫌だ(平易な文体だし後半は記事内容が劣るので三冊読めば十分)。この記事は日本人の風習「おじぎ」に触れた初のものではないか。型式的なものとも喝破している。今や割と世界に広まったが。 https://pic.twitter.com/ZyIND9TSpB

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17075434.jpg

使いようがない写真と思っていたがポーランド戦のために使う。お伊勢さん。147年前くらいの。神頼み。 https://pic.twitter.com/uULNoescMW

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17081258.jpg

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17081239.jpg

提灯も貼っておく。147年前くらいの。

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17083064.jpg

古写真を見続けたけっか、すでにマニアが無数にいることがわかった。あとなんだか知らないがプロの史学者が使わない。博物館の研究者はあくまで写真として研究するので、付いてる文章や写ってる意味は既に手がけてる大学のみならずきちんと史料として扱ってほしいわな。


伊集院さんのラジオによると欠航がかなりヤバい島もあるらしいので何か交通手段とか整えてほしいような、そのままにしてほしいような。あとクロ宗※も対象なのかな(鹿児島か)≫長崎県と熊本県の「潜伏キリシタン」関連遺産 29日夜にも世界遺産決定か #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/14940408/…

※「クロ」「クロ宗」は地域により差別的意味をはらむので注意、ここでは従来九州以外で一般的に「ある島」にあると言われてきた「怪奇的なカクレキリシタン」集落をさす。ご多聞に漏れず大衆小説が流布した風説にすぎないと思われる。存在することはするが、内情不明。


武士道を貫いた侍がどれだけいるかの解析も必要、下級武士がどんな生活をしていたか(幕末期)脱藩とか人切りとか全部武士道に反するから、維新は起きなかったはず。rt

妖刀は人に斬ることを促すものじゃなくて、切れ味を実物で試したくなるほどの見映えの名刀だったということかな。

武士や江戸に幻想抱いてる子って、この写真集の斬殺された遺体と打首獄門にされた咎人の写真見てもその気持ちをもち続けられるのかな。磔写真はTwitterにも流れたが死してなお留めに首を何度も刺し上げてブラブラさせる。その写真の端の藁小屋から見つめる男達。人権の無い職業的処刑人等。


斬殺されたのが外国人というところに意味がある。着物に洋服が殺されている。現代人が江戸の武士に長包丁で顔から胴を撫で斬りされた感覚だ。洋人とて現代人とは違う感覚はあったろうが、着物より近い。何とか拭いて綺麗にしたであろうこの写真。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1012905007463612416…

posted at 12:48:37

攘夷など大半は若侍が洋人襲って手柄をひけらかすレベルの流行だった、という。明治末期の戸川残花の本にある。そんな連中の中にいたのがいけしゃあしゃあ明治の元勲と偉くなっている。…そこまでの書き方ではないが江戸派の残花が壊れていく世を儚んだもの https://twitter.com/ryookabayashi/status/1012905721292189696…

posted at 12:52:57

日本は職業により差別される、穢とされることに従事するものは犯罪者など「人にあらず」とされる最下層同様、人間とみなされていない。しかし浅草の大将はごうぎに振る舞い帯刀もしているし特段差別を感じない。おかしなものだ、ということをザ・ファー・イースト読んでて(全部じゃなく部分訳プラスなので間違ってたらごめん)やっぱ歪んでるな島国

posted at 12:57:21

んー、処刑は、むしろ公開処刑なんて武士だから許されたところもあり、伝馬町とか牢屋内刑場で人知れず殺されてったのが普通で、その前に地獄と称される牢屋での暮らし、疫病の蔓延、拷問の数々、刑の前に既に死んでるのも多いという。

posted at 13:01:00

ザ・ファー・イーストは最初上から目線が気になったが、夥しい写真の中に結構被差別者が含まれている。たぶん復刻されない写真と思うが、アイヌは既に観光の対象となっていた面もあろう。一方奴隷制の国なのに被差別職業者を何度も載せている。不思議 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1012907920026030080…

posted at 13:14:34

居留区に新しい屠殺所ができた、嬉しいという記事に、日本人は盛んに牛肉を食うので店は大繁盛らしい、少し前まで肉を食べなかったのだ、とある。これは明治一桁発行の新聞。肉食は実は西日本では普及してて、末期江戸も名前を変えて肉を食わせたのだ https://twitter.com/ryookabayashi/status/1012912252175966208…

posted at 13:19:28

江戸には綱吉公来野良犬が溢れていたが三田の薩摩屋敷近辺(薩摩っ原のことか)には犬がいない、などというのも肉食文化とそうでない文化のせめぎあいを感じさせる話。壁一枚挟んで愛玩犬と食用犬がいる屋敷もあった。ちな戦争のころ犬食は普通な話。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1012913485255081985…

posted at 13:25:28

愛犬を預けて疎開してて帰ったら食われてた、という昔は笑えた話がうちにもあったくらいで。赤犬。

posted at 13:27:42

江戸のハイキングエリアにきた。 https://pic.twitter.com/3eSo14tuaY

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17122057.jpg
天恩山さん。舞台の展望やさざえ堂でも知られた深川の五百羅漢寺の移転。お茶屋さんで休んでいきたいとこですが一礼して目黒へ。 https://pic.twitter.com/x7KsVq2wD1

殺戮美少年白井権八と遊女小紫の比翼塚は今日も誰の目にもとまらない(こことはなんの関係もない記念碑) https://pic.twitter.com/IZo1adRL8S

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17123418.jpg

芳幾の幕末浮世絵をちらと紹介したらなんかずいぶん見に来た人がいたけどこういう展覧会があるのね。師匠からの「芳」つながりの芳年の蛸と描き方にてるなー。 https://twitter.com/ukiyoeota/status/1012979737898041344…

posted at 18:03:52

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17140969.jpg

戦時中とはいえこういう節約は困る
(挑戦的な付箋) https://pic.twitter.com/jH8ErfcXko

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17142700.jpg

"大正十二年の大地震の時よりは遙かにひどいと云ふ話である。道ばたに屍骸がごろごろ轉がって、川にも一ぱいに浮かんでゐると云ふのは、當時その光景を自分で見てゐるから、話を聞いただけで古い記憶を彷彿させる。地震はその時だけですんだが、空襲はこれからまだ何度繰り返されるか解らない。岡本の娘さんに家内が會って鏡を持ってゐるかと聞いたら、持ってゐないと云ふので自分の持ってゐたのを上げたと云った。それをおなかに向けて持ってゐれば身持ちで火を見ても生まれる子供に痣が出来ないと云ふのださうである。家内がその時もし私が今夜死んだらこの鏡は片身にして下さいと云った

七月一日 日曜日 ニ十一夜。曇。一昨日以來古日に賴んで會社の醫務室から下痢止めの薬を貰ってゐるが未だ驗無し。但し本式の下痢にもならず。二三日おなかの工合が愚圖愚圖してゐるのはその藥のお蔭かも知れない。

子供の時に聞き覺えた「遍路の荷探し」をしよっちゆう繰り返さなければならぬ。遍路とかお遍路樣とか云ふのは信心の爲の遍?者であるが、今考へて見ると實際は乞食の樣なものではないかと思ふ。遍路が木賃宿につくと早速荷物を引っ?き廻す。さうしなければ所要の物が出て来ないに違ひない。ー

戦前の物乞いへの感覚は見下げて金を恵むようなものではなかったとは聞いた(あくまで一部だろうが)。昼の差別の話ではないが一種護るような感覚もあり仲も悪くもなかった、こちらは明治の本にもある。江戸は村で「飼う」ことがあった。何かあれば犯人や犠牲者にするための要員。用心棒以前に食い詰め浪人も含まれる。中世西洋同じく村の外は命懸けの世界で属さないと生きていけない時代。

posted at 00:42:57

で、ザ・ファー・イーストに行き着くが物乞いは西欧と同じようなものだが、制度は消えど、依然存在する人にあらず階級の、某に上納金を払う(子供の写真)。明治三年、整備はされてゆくが心根は変わらない。こちらは比丘尼。身を売らない貧乏娘は托鉢尼になり物乞いをする。これも子供だ。実状も知れぬ。 https://pic.twitter.com/1yZxYnS1AK

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17145322.jpg

写真は説得力はあるが事実の断片だ。補うのはテキストであり証言であり、その状況への基礎知識である。写真は事実ですらないこともある。器械的な理由、光学的な理由、あるいはテクノロジーによる改変。でも、人の目も似たようなもので、脳が解析した結果を形にしている。主観的な絵よりは事実と思う。

posted at 01:00:56

なんでこんなんかくのかと思ったら三大セカイ系(死語)とかいう一角「イリヤの空、UFOの夏」のアニメーション一回目を初めて見たからだ。超エヴァだが丁度同時期の最終兵器彼女とシンクロしてもいて、絵柄の90年台感はともかく凄く懐かしかった

絵柄、といっても女子の一部の口の動きとか有機的で萌え系(死語)を予言してる感じもした。だから90年台キツイと言うんでもない。内容次第だなライノベだし

作品は00年台。だからまさしく「おだやかな滅亡」「どうしょうもない抗えない戦争と死」のリアリティのない感傷的感覚があって、「自衛軍」というお定まりの単語も今違和感が強い。とうの庵野監督は少し先へ行っているか、もうこういうセカイのどこにもいないのか。00年代、ほんと色々あったけど1番好きだったからなー。たぶん一生好きなんだろう。あのころ好きだったもの、さっきのサイカノとか、もう読んで何も感じなくなったので作者が自ら書いてる通り手放したが、それでもあの時代はとくだん景気が良くも無かったのに、何で良かったんだろうね。。

浮世絵は華美に過ぎるし情報を詰め込みすぎなんだよな。。写実を求めるなら「これは絵の中にこの近辺に存在する目を引く要素をぜんぶ詰め込んだものであってほんとにこんなに重ならないよ」と思わんと。絵金屏風なんて芝居の筋を一枚の絵にぜんぶ描き込んでるから。昔で言う絵解き用だからなんだけど。

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17151978.jpg
ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17164486.jpg

生麦事件はいかんですよ。 https://pic.twitter.com/pt3pdWUFbi

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17165687.jpg

久光公いかんですよ。 https://pic.twitter.com/7j71BLgR7N

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17170962.jpg

「輪抜け」てのがいいよな。人に優しい大きさ。夏だなあ≫高知県内各地で「輪抜けさま」無病息災祈り茅の輪くぐる (高知新聞) - LINEアカウントメディア http://news.line.me/issue/oa-kochinews/20408572b5ec?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=hXj30445492868… #linenews @news_line_meから

前田家所蔵の百鬼夜行絵巻(肉筆)より

前田家の百鬼夜行絵巻にのみ描き込まれている正体不明の妖怪。妖怪研究をなさっている機関や、詳しい方にお聞きしても一切わからない…投げたカンムリ冠った入内雀だったりして。(てきとう)新しそうなかんじだけどたんじゅんな器物怪では駄目なんだろか。

ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2_b0116271_17175670.jpg


by r_o_k | 2021-11-26 12:00 | ご紹介 | Comments(0)