歴史小ネタまとめ(2018/6/1-11)北斎情報、清親菩提寺、江戸切絵図のとげぬき地蔵・山谷堀、九段、京都、御嶽神社、明治絵本、泥絵と石版画

歴史小ネタまとめ(2018/6/1-11)北斎情報、清親菩提寺、江戸切絵図のとげぬき地蔵・山谷堀、九段、京都、御嶽神社、明治絵本、泥絵と石版画_b0116271_15161119.jpg
隅田
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20351969.jpg
かさね

◆江戸時代の地図はとてもいいかげんなものもあるのでお上の手のかかったものでなければ省略位置ズレ上等とよまないと。弘化3年の絵地図二枚の書いてることが違う。どっちが劣ってるというより一長一短だ。
◆江戸切絵図・古地図
聞いてたより境内狭かった(北斎菩提寺誓教寺)
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20265450.jpg
本所割下水ちかく「川村」姓が「左内」だった(北斎の生家ではない)
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20303542.jpg
(他項アリ)川村左内ないし中島某の正体を探ろうとして四苦八苦。2007年のシーボルト交流北斎展カタログ末尾に、覚えてなかったが自画像でてきたのでぱしゃり。うまい。オランダ国立民族学博物館(ライデン)、八十三歳八右衛門(北斎)自画像 榛馬場長屋の応為との弟子画と同じ年。 https://pic.twitter.com/ZrFTNknb4B
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20342561.jpg
北斎を中島とするか川村とするかでおおきく別れるがこのカタログは川村をとる。誰もはっきり言わないが菩提寺の過去帳(北斎の父親までしかない)を信じるかどうかにかかっており、「川村北斎」はあまりに露骨な名前の気もする。画号には無い(中島は晩年僅かにある)
橋本北斎なる門人がいて、橋本左内→川村左内、とおもったが逆順。
虚心が北斎の戒名を信士と誤記したのは墓石左面刻の戒名(現存せず)が信士となっていたからにほかならない。孫娘白井氏が主として建てた川村姓卍墓だが、これを信用できないとする人がいるのもわかる。個人的に慕う人間が戒名を居士に「格上げ」したのだと思っていたが強く否定された。武家。
1993年大北斎展カタログ解説編。年譜、かなり情報詰め込むも、そのぶん散漫で不確定要素多くあやふやな感じがする。興味あるだけの者には非常に面白いが、知らない人が読んでも理解できないだろう。
すみだ北斎美術館の準備学芸員の方による。てことは20年以上。。

メモ。人名事典より「川村左近」「葛飾の川村」
武蔵国
江原郡上北沢村 川村左近太郎
葛飾郡伊豫田村 川村氏
 新編風土記に「当御代喜八郎の養父川村一學、駒木野小佛御関所番を勤めしが、寛永十年正月、当所番士となれり」
鹿児島藩士川村純義は明治時代伯爵、子供を鐵太郎=北斎俗名と同じ

南葛飾郡伊予田村は今の小岩。浅草等からいささか遠い。ただ葛飾へのこだわり、息子の健脚からは父親が通うなどしてもおかしくない(職替えしたとしても)。上北沢は論外だが名前を代々継いでいるとしたら取り立てられて転居しているかもしれない。いずれ近世だろうが時期不詳なのは痛い。

左近でなく左内だが一文字とるのは普通。左近という名前自体農民とは思えず。
北斎は健脚とされたが本所からとしたら12キロある(現在の尺度で三里)。(小岩)市川関所は江戸川を渡った国府台駅前にあたり重要な関所。川村一學は小仏から番替されたのが1634正月であり養子喜八郎も古い人。新編風土記は文化文政にまとめられた。二系統しかないなら可能性はある。姓氏家系大辞典第1巻s9版

上北沢村の川村について。地元資料に「1534年上北沢住の吉良家家臣川村等、多くの家疫病に倒れる」主旨の記述。以後川村の名は見つからない。地元の名士として鈴木左内なる幕末明治の庄屋が出てくるが名前一致のみだろう。この線は薄いとみた。

(北斎と関係ないメモ)鹿児島藩士川村純義は明治時代伯爵となり子供を鐵太郎と名付けた。

◆北斎墓ついでに小林清親詣で。こういう行動をしていながら墓マイラーという存在を否定する私は最近元浅草で参詣者を警戒する寺が多いことに残念感しきりだが、今回も共に警戒された。川越改葬の井上安治もだが遺族が健在故、墓参は禁じられている。清親は代わりに昭和の供養墓碑がある。両墓制だな。 https://pic.twitter.com/POVjBg1RD9
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20413457.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20415486.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20422441.jpg
北斎墓へ。わかってたことだが、現存するかのように書く本もある北斎親族墓石は存在せず、まんじ墓と仏清墓、それに別の川村家(銘文は江戸から、信士のみ)近代墓石しかない(別途保存可能性あり)。卍墓向かって左面は最後の写真の通り、白井銘も戒名が居士だったかも破壊され不明である、

にしてもこんだけ頻繁に来てるのに警戒度高
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20424799.jpg
仏清墓(初期の北斎の埋め墓石(関東大震災後境内縮小で移動)、父親の墓とされる)
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20440615.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20443535.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20445911.jpg

・十数年の間に突如あらわれた高岩寺がこちらです(いわれを調べれば出てくるかもしれんけどめんどくさい)今のとげぬき地蔵ね。高岩寺小僧というたぬきのバケモンが車坂下で寺を汚す人を化かし溝に落としたという。案外新しい話か。 https://pic.twitter.com/TbatIw3gRk
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20313910.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20315882.jpg
1846/52の山谷堀入口のちがい。1849年遍照院(遍照寺ではない)長屋で北斎さんは息を引き取った、そのころは大絵図のように南口参道まである大きな寺(浅草寺子院だが代々寺関係者の菩提を弔ってるとか)で西方寺(道哲)と接してる。切絵図は共に宅地等で無茶削られてる。goo地図もここまででは無かったような。 https://pic.twitter.com/qovr2yrdwF
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20324560.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20331316.jpg
◆てきめん水 https://pic.twitter.com/TWEqANsWe4
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20335419.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20382778.jpg
神につかえるのは神馬だけだと思うなよ https://pic.twitter.com/CD1ttnpaXI
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20392272.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20394126.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20401029.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20403119.jpg
◆隅田川の百本杭、近接した写真はよく見るがこれだけ遠く並んでるパノラマは初めて見た。尾張徳川の元お殿様の元下屋敷からの風景(一部)ふつうは両国橋百本杭ですがこれはどこだろう。杭打ちは普通に流れを和らげ岸辺を砕くのを防ぐもの。 https://pic.twitter.com/wNnCljufLS
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20454752.jpg
◆元禄八年の池上裏道の道しるべなるものだが、本門寺道は八方から伸びていてたくさんあったのも昭和三十年代末にはこれ一つになってたという。本門寺はいいんだけどこれ、本門寺というより刻名2つ奥沢九品仏との街道途中的な道標に見える。元禄八年宗派問わず、九品仏近くのものそっくり。で、鉢状穴ぁ https://pic.twitter.com/rhU4aZbe1v
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22241142.jpg
◆江戸名所図会によると豪徳寺の竹林中にあったという招き猫の墓(井伊直孝愛猫説あり)、最近のホームページでまだあると。s39の写真集。猫児塚として供養。話によれば偽物というが気になる。招き猫堂に昇格させ壊滅?と思ったら招き猫に埋もれてるらしい(木の下の石等)。時期を選べば残欠が拝める。 https://pic.twitter.com/uUi4SuNlZR
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22245300.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22251341.jpg

2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22271792.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22273880.jpg
◆関東大震災を読んでたら日本人の忖度体質の源がここにも https://pic.twitter.com/ZaS4x4Cirz
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22282337.jpg

◆浅草文庫(古くない方)の果を江東区まで見に行かなきゃと思いつつ、国会図書館にありったけのものに目を通したが、やはりというべきか新情報はなく殆ど只一冊に依ってバリエーションを付け加えている。厄介な情報の混乱をきたした元はこれか、というのもあり、正されたのはこのときか、というのも
(後日)入谷の図書館内郷土資料室にある浅草文庫(引き継ぎ)で関連本を読んだが参考資料欄くらいしかプラス情報はなかった。浅草文庫はあまり数がない。
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22285804.jpg
◆昔の本は挿絵や写真と本文がまったく被らないことも多いので資料として期待したらガッカリはしょっちゅうだべ。元同人誌らしい大正末/昭和初の「墓碑史蹟研究」磯ケ谷紫江は関東大震災直後の石碑集大成のシリーズだが非売索引と出版本が不一致。1,2,5-9しか出てなくて北斎墓など残ってない。。
国会図書館も都立中央図書館も同じ巻しかないので、正規出版としては元から無いんだろう。同人誌なら無理だ。番号なしは一巻のこと(索引は役に立たない)。国会図書館の書誌不全や保存の悪さは、経緯があるそう。注意。

折角なので北斎生没状況調査のうえで都立図書館の古書に当たるが何れも美学的観点のみ異なり、調査上は飯島本から何もプラスがない。楢崎宗重先生「北斎論」不要、織田一麿「北斎」忠臣蔵四枚描いた正論初出、晩年仏教傾倒で才を落とした説は面白い「葛飾北斎」野口米次郎は私家版豪華本、資料価値無し
元祖仏清墓との関係を時折いわれる「魚佛」の名は天明のときに戯作者として使ったもので、若干二十代の頃の名前。本来後年の絵師北斎のものとは違う。というのを野口本であらためて確認。

天保10年に火災で一切の手元の下絵などを失い、以後そういう物に一切執着せず画業に専念したという北斎、火事については飯島本以外でも屋根に火がつくまで描きただ絵筆一式と紙と応為だけ掴んで近所の家に押し入り続きを描いた話が有名だが、それを日蓮宗没頭の契機と書いてて宗教観的に興味深い。
この火事の話は同じ時の話だと思うんだけど、まあ調べりゃわかるだろう。北斎が絵は肉筆こそ本気、版画は仕事であると割り切った話は飯島本だったか。後者は絵手本で本人以外も書けるし他人が形にする。前者は普通の絵師が描く何倍もの下絵を描き時間をかけるから高くて当然、と怒ったか

で、肉筆こそ、は恐らく研究家みんなそう思うんだろう。北斎漫画は多彩で面白いが本人だけがまとめたわけでもなく一端であり、創意は同時代の大絵師を凌駕するまではいかず並ぶものだと思う。一方、鏝絵を思わせる異様な描き込みの彩色肉筆は独特。明治頃の欧米評論にて北斎が北斎足り得るのは肉筆と。

誰だったかわすれた、、、国会図書館デジタルライブラリで読んだ訳本。北斎が他の浮世絵師と違うのはいちはやく「デザイン画」を捨てたことだと。様式美、図形的に描く浮世絵の実存感のなさを北斎は一旦取り入れたあと肉筆で捨てた。個人的に北斎肉筆の良さがわかったのは最近のことなんだけど。
誰か言ってて当然だが、波の伊八が出てくるくらいで、北斎が彫刻や鏝絵のようなものに影響されているところはあると思う。彫刻に使う技法を使ったことは伊八の件では言われるがここは元から共通点がある。否、幼少から仏師などに立体を学んだ経験があるからこそ、、、実父佛清はやはり仏師…?

西洋画の影響はもう、平賀源内から司馬江漢ときて伝統はあったんだよなあ、と練馬の美術館かなんかで特集見てておもった。北斎は時代的に画材にも恵まれた(司馬江漢は保存方法のせいもあり劣化ひどい)

ちな洋画風の絵は最晩年(とされることもあるがたぶん違う)「くだんうしがふち」が有名。ここな。もはや独特の画風で洋画とも言えない、とは日本人が言う前にフランス人とかがすでに言ってたこと。 https://pic.twitter.com/H6qvpbh4V8
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22353235.jpg
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_14155534.jpg
幕末頃(泥絵)
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_14135757.jpg
明治初期(ザ・ファー・イースト掲載)

2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22355932.jpg
明治末期(市電開通、東京名所)
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22363158.jpg
小林清親(明治前期)木版
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22374636.jpg
葛飾北斎(江戸後期)彩色銅版
◆大分(現存せず)
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22383066.jpg
◆拾得物横領罪になりますかねぇ? https://pic.twitter.com/pvrOsIlrHm
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22385724.jpg
◆灯篭流し、コウ情緒あるていどが好いのだ https://pic.twitter.com/fITttsrHAD
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22392011.jpg
籠の中の鳥は
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22395712.jpg
※さんざん焼き増しされ海外向けに売られた明治初期彩色写真(絵葉書)横浜
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22404171.jpg
前から気になっていた式内社磐井神社(八幡)の鈴石の写真(ネットで某1サイトにのみ掲載)について、ついでに調べようとしたら区が違う。大田区の図書館へうつり膨大な区史の該当冊子を見るも、欠片も載ってない。他のそれらしいものも見るが無い。そもそもその種の秘宝の写真を載せる空気が無い。版の問題があるほど古くない本。これはソースの嘘記載か。自分もあることだがわざと偽ソースを載せて本来載せちゃいけないものを載せることはなくはない。くたびれ損も身から出た錆。
(後日)
大田区の別の資料で別の写真を確認。昔は玄関に飾ってあったともいうが、少しリニューアルした今はどうだろう。
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_18065931.jpg
大田区史の寺社編の九割は日蓮宗なのだ。本門寺と全国にひろがる末寺がすべて大田区としてのっている。一方神社の手薄さよ。
靖国神社参道競馬
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22414990.jpg
歩く雑誌氏か!鞍馬は昔から色々入っちゃってて普通の寺ではないけどこんなワンダー感溢れてたっけ?貴船参道写真は何故。魔王の意味云々【追跡!日本の妖怪】神か妖怪か?天狗伝説を追う 前編 (ディスカバリー NEWS) - LINEアカウントメディア http://news.line.me/issue/oa-dnews/82c1da231dfa?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=oro28120858326… #linenews @news_line_meから
虫生海岸てこないだ不審船に遺体とか流れ着いたとこだっけ、とおもって見たらアフリカ感ある絵葉書だった。。直江津なのに日焼け感。。 (恐らく露光の問題)
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22433227.jpg
ここにいるひとみんなしんじゃってるだろ
と言われても
そだねー
としか言えないねー。当たり前だもの。みんないつかしぬ。 https://pic.twitter.com/qFd2PvlS59
2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22442375.jpg

2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_22450102.jpg
武家から流れてしまったような
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_20521747.jpg
工事中(2020現在)
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14234725.jpg
八坂の塔
金閣寺はかなり弱ってて、下層階のぐるりに屋根支えの柱がやたら立てられるようになります(既に回廊や茶屋はありませんが人が入ってますね、昭和には人は入れませんでしたが建物に触れることが出来、それが最終的に火をつけられる隙となったもよう)。八坂の塔は周囲は変わりましたが地理的には変わらない。軒を支える柱は幕末の都百景にも見られる。明治中期のイギリスの写真集、大正昭和初期頃の絵葉書
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14253937.jpg
渡月橋
木場
御嶽神社なのに社殿が水びたし。むかしから気になってる。。(御嶽山駅)
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14273749.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14274888.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14280747.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14282495.jpg
「鬼の子孫」の行方は 61代目「もう自分に鬼の力は」:朝日新聞デジタル:怒らせたら鬼のように怒る力はあるかもしれない
https://www.asahi.com/articles/ASL5Q0459L5PPOMB00Y.html…
フェルプスコレクションはナショジオ所蔵なのか。明治10-20年代だがぼちぼち日本写真が増えてきた頃で鎌倉大仏はほぼ今に近い。庶民なのに世界旅行のドラマチックな記録ぜんぶみたいVintage Pictures From a Dramatic, Five-Year Honeymoon Around the World https://on.natgeo.com/2IZUEnP @NatGeoTravel

ヒストリアの時間帯が変わって録り落としが多くて困る。本地垂迹説の回、途中から見たけどとてもわかりやすくて良かった。近代のとこをしっかり説明してて、それなら戦国末期の豊臣秀吉(方広寺鎮守八幡)と徳川家康(東照大権現として豊国様は明神へ格下げ)とか政治的利用部分ももっと見たかったな。
仏が現世にあらわれる形、人に対する窓口としての神みたいなのって、ちょっとキリスト教ぽいけど、神がまた神秘で姿を見てはならないのに仏像はしっかり見える(秘仏除く)みたいな矛盾はてきとうなんだろなあ。荒神的なんじゃない人神は事実上家康から、現人神は明治から、て理解としとく。
明治41年「日本奇風俗」より「自由結婚」。現代は奇風俗だらけだ。 https://pic.twitter.com/Gfv67yNNlu
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14324731.jpg
明治二十八年カタログ第一号、カタログなので印刷(彫り)安っぽいけど壮観。松井栄吉ゆかり月岡芳年が小松川病院入院中のとぼけた金太郎?など。タブレット写真テスト。画博堂。 https://pic.twitter.com/hYjnIHWsP4
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14334282.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14340245.jpg
明治初期の大阪本。といっても絵は上等の洒落本。しかしこの絵は何やら笑えないような。 https://pic.twitter.com/zsbp27fqps
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14344357.jpg
「おとし話」なので笑える人は笑えるんでしょ。鳥羽絵とは2枚目のやつね。鳥獣戯画にこんな絵ないね。 https://pic.twitter.com/BJQj5R3CMA
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14351304.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14353049.jpg
なんとも楽しげで好きなんだが特有のあけっぴろげな下品さがある。裏っ返せば江戸の下品さは影にかくれて度を越してるという気もする。 https://pic.twitter.com/qZL6809DSs
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14360563.jpg
心斎橋の問屋のミニ本でした。綺麗だよね? https://pic.twitter.com/Cktkg9i2JS
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14363408.jpg
東京のあちこちにパノラマ館があったことを知ってイメージがそんな変なものに感じられなくなったな
◆富士川の渡し泥絵
これ、富士川の渡しの反転じゃないかな。構図は蒲原や小田原なんかの川&山に似てて、ニセモノの架空絵かと言ってたんだけど、立体感の薄い反転絵とすると手前の山の理屈がつく。左にあるはずなので。
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14405935.jpg
なんともいえないけど反転はしてないぽいね。富士川の渡しを正確に書いたとおぼしき、京都から下るていの東海道名所図会下巻。水神社など、建物類を一切書かないのは泥絵として価値が低いが、まあ、キレイなので良し。 https://pic.twitter.com/ByXMVVzyNl
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14413862.jpg

資料なので資料価値のないとおもう泥絵はどーでもよかったが、ポイントポイントでこれはという場所がある。売れ残ってた欠損高輪図は黒船の向こうから日の出、しかし手前の石積み二つ、高輪大木戸跡の台ぽくて、それだと明治に下るので黒船とか珍しくもなくなる。
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14421929.jpg
何でもデジ化されてて啞然とするわ。ドイツ語だけど。 


http://digital.staatsbibliothek-berlin.de/werkansicht?PPN=PPN63100551X&DMDID=DMDLOG_0015&PHYSID=PHYS_0065…
1864年アジア紀行本、江戸と称してよくわからない墓地をたくさん載せてて本文見ないとわかんない絵がほとんどだけど、竹林や一本松を選んだり、日本の美質をよくわかってる面がある。江戸と長崎の間に「池上」?見たら題目塔でわかった本門寺だ。日本の感じを良くわかってるなあ。横浜も美しい https://pic.twitter.com/YN2vBRlAMF
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14444575.jpg
◆いつかまとめる赤坂喰違の変(の都合のいいとこ)「泥絵で見る大名屋敷」に紀伊徳川家中屋敷として「赤坂喰違」でてきた。しかしおかしい。正面紀伊国坂で曲がりながら遠く海鼠塀へ。右折が喰違坂の土橋で門、枡形とあるが土手は?真田堀は?これ番所先は喰違坂そのものじゃないの?泥絵特有の矛盾も? https://pic.twitter.com/ycLCTEJKCp
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14451420.jpg
仁和寺の普通の線香は普通の線香の範疇なので香りつけにはあんま向かない。形は線香でも仏壇ではなく香りつけ専用のがあるのでそちらはほんといいです。十二年前全国の線香を大量に捨てたの勿体なかった。最初にハマった三千院香に勝るものは未だない。作ってる処皆同じだが。個人的には白檀系かなあ。
お寺はお寺ごとに線香があるけど、香として売ってるとこは限られてます。京都はどこでもあるけど関東は名前だけお寺で中身は緑色の仏壇香やお経浮き出る系が多い。鎌倉の円覚寺は香としてかなり気合を入れてお高めの線香をご用意されてますね。
鎌倉行くなら小町通りにお寺に委託されて作る香屋さん(たぶん本店京都)があるので。新橋から銀座行く途中の京都新聞ビルの香屋さんもこないだ初めて行ったが、現代風でちょっと違う感じもしたなあ。高級香はたくさんありました。可愛い香台を購入いたしました。
※2018年当時
線香は同じ色同じ長さでも減る速さが違うのでそこで測ることはできまへん(火の気が気になる場所に炊き込めるのなら早く減って香りだけ残ってもらったほうがいいし、仏壇然りなのでどちらがいいとも言えない)。仁和寺香は異様に速いです。
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14465144.jpg
鬼の骨が移動していたことがわかりますな。(怪物館の場所に移したのか)

両墓制とか書くからややこしいわけで、拝み墓と埋葬墓を分けてるのは東京だって郊外(東京市外)は普通に分けてた。なんなら品川区史の民俗の墓制のとこでもどうぞ。資料の寺社編ね。2は本門寺しかないので1です。
定義論をべつとして心性からすれば仏壇と本墓だって両墓制のようなもんじゃん。
お寺は墓石を処分しないと街なら場所も取るし施餓鬼供養される側にまわして石屋に処分を任せる。石が貴重な時代はむかし書いたけどお寺の石塀にしたり、ある種供養も込で再利用した。災害爆撃で家消滅墓ボロボロだと再利用しようがなく、石仏型は無縁塔用に補修し残すが角柱は残らない。永遠に無くなる
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14505332.jpg
◆くだんうしがふちコレクションがまた増えてゆく(引用だけど) https://pic.twitter.com/bLqAoYaY2D
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14511994.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14513356.jpg
◆なん…だと https://pic.twitter.com/zgBSmhkIvZ
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14515363.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_15041937.jpg
◆外国の目に触れずに栄え、外国の来る前に静かに滅びたネイティブアメリカンの種族の遺跡のことはヨコハマ関連動画で昔みたが、どんどん発掘が進み北アメリカの荒野がネイティブアメリカンの色んな種族で溢れ興亡が繰り返されてた「らしい」話を聞くに、総てコロンブスが消したのかと。。
泥絵はもうとっくに肉筆画として市場ができてるのね。ただ状態が良くて人気のある画題という前提があるので、たいていの悪質画材による泥絵は、大名屋敷等浮世絵にはない多くの建物や多くの人間など書かれてかつ、レンズ拡大用初期物でなければ、高くても5万くらいですか。買えるかいな。
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_15054030.jpg
巴水の品川に置き換えた。雨にしっくりくる(もちろん高いランクのもんじゃないよ、版元印もなく摺りもなんか甘い気がするし)。泥絵富士山はしまった。巴水の空のカラーって清親の蛍光色の空に似てるよね。新版画への流れ。よくしらない。写真じゃ色が変わるのでこういうの難しい(資料用撮影でも)。 https://pic.twitter.com/j31o9Djmzw
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_15055806.jpg
北斎は別格として、巴水みたいに熱狂的ファンの多い近年の作家について言及するのは難しい(こないだ「基礎知識の欠如」を叱られたし)私は泉岳寺(s7)見て仰天した夜景とか、現代的な観点からカッコいい構図とかイラスト的な色彩とか。シーレの水面みると巴水の水面を想起する。影響とかあったのかな
清親は狙いすぎてダサいのあるよね。月光をバックに横に疾走する人力車の絵は実物見て「わ…」とおもった。清親、細かいのと凝ってるのと大雑把のがあって、わりと大雑把なのがよく出てくるね。凝ってるのは何に凝ってるのかわかりづらかったりする。
近くで見ると大雑把、遠くから見ると物凄い実存感、はモネのような印象派の描き方に似てる。マグリットも実物は近くで見るとかなり大雑把な筆使いだった。岩が浮いてるやつ(いくつかあるでかいやつ)
東京市「東京案内」みてたら墨堤の春という一枚が。復刻されてる本だけど印刷精度の面で未だ原典主義、ただ状態に拘らない矛盾からシミだらけではあるが、ここはどこか。白鬚橋、東都名所で知られた橋場の渡しでしょうね。船着場はもう無くなってたようだが。川端玉章。たまたまあったんで橋場の一枚も https://pic.twitter.com/nPo8xaFkwT
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_15062622.jpg
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_15063722.jpg
石版画は発色が綺麗で、この東京名所も東京名所図会よろしく、絵によって紙を変える凝りよう。芝浦の汐干、寺崎広業。大まかに言って芝浜の延長ですよ。ここに財布が浮かんでたって話です。 https://pic.twitter.com/t6sPsUJvfb
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_15065669.jpg
※このような本の挿絵を切り抜いて、石版画として売買する市場があるようです。個人的には悪質だと思うなあ。


by r_o_k | 2021-11-19 22:56 | ご紹介 | Comments(0)