歴史小ネタまとめ(2018/12/1-12)江戸双六名所&お化け古今(百物語、弥彦山、動物)、四谷怪談の祟り、飛んだり跳ねたり、金閣寺の長虹、浅草古風景、ニス引き、馬琴、女飛脚、飛行機、両国橋

今戸橋を走る郵便配達(明治前期)

歴史小ネタまとめ(2018/12/1-12)江戸双六名所&お化け古今(百物語、弥彦山、動物)、四谷怪談の祟り、飛んだり跳ねたり、金閣寺の長虹、浅草古風景、ニス引き、馬琴、女飛脚、飛行機、両国橋_b0116271_12262739.jpg

◆高輪から牛つながりで明治時代の善光寺調べてて、ここにも深淵を見て疲れてでてきた。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19461788.jpg
装束榎(昭和四年切倒)の写真が見つからない。うーん。(こちらは豪徳寺)
紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19470446.jpg
地球大紀行「ヨークの首なしグラディエーター」イングランド北部にまで剣闘士が興行に担ぎ出され、四世紀にもわたり凄惨な「試合」を課され、奇妙にも(恐らく人気のため)奴隷の扱いにも関わらず、いつかは斬首で命を終えたあと街道沿いの高台、名誉ある墓地に埋葬された。貧しい子供から将来を見込まれて興行主に売られる、興行主は食物を与え育て買値より高く稼ぐよう仕立てる。全く男版の「遊女」みたいというか。イギリスの番組らしさとも思えるがローマ帝国の残忍さを即物的に知らしめる最北のグラディエーターたち(出身は中東にまで及ぶ)、ちょっとしつこい演出だけど気味悪く伝わった。

グラディエーターの骨って一見して野太くて恰幅良いのね。形見なくても男だとわかるし東洋人やアフリカンの細さがないこともわかる。歯のエナメル質の筋から成長期の栄養失調がみられるとのこと。兵士より食わされたかも。しかもみな打撃骨折だらけで生還を繰り返し長くて四十まで生き延びたと。

ミステリアスジャパン「館山の戦争遺跡」本質は米軍上陸からの四日間の直接軍政について。いきなり近代に飛んでびっくりするが、使われることのなかった本土決戦要塞(今後のモデル巨大地下壕として作られた)に敗戦直後米軍が踏み入れ、しかし館山の人々の開放的で敵性の少ない様子から打ち切ることになったのではないかという。米国側資料が一つしかないようなので果たしてそういう情緒的なものだったのか裏付けがもっと欲しい。でもなかなか知られない話で、こういう狭い地域の人々の研究を全国に知らしめる意味でこの番組はいつも凄い。次は何と忍者特集を2回。

◆江戸恋、横浜開国散歩。横浜一時期頻繁に行ってたけど弁天橋や皇大神宮行ったことないな。

「見たことのない若冲」パリでの展覧会を記念した4K特番。宮内庁所蔵の動植綵絵は国内でこの絵師が「奇想の画家」より「天才画家」に評価の変わるきっかけとなった一つ、三の丸尚蔵館展覧会に先立つ修復の指揮をとった方が細心の注意を払って送った様子。従って若冲を色々紹介するものではなく思ったより見どころなかった苦笑

◆待乳山から隅田川方面、新旧

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19480428.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19480469.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19480527.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19480588.jpg

◆浅草寺六地蔵石鐘

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19482638.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19482627.jpg

◆日本堤
理想の光景とおそらく現実の光景

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19485571.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19485559.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19485547.jpg

◆現代の百物語と戦前までの百物語の基本的なやり方で違うのが、話したら遠くの暗い場所へ行き、何かして戻ってくる(この図は基本的な、暗い部屋の灯芯を一つ消してくる形)つまり話者自身が肝試しを「してくる」んであって、部屋に全員こもって話すのは寧ろマイナーだってこと。昔の本で読み違えた点。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19493111.jpg

江戸時代のお化けスポットはたぶん、かなり嘘松。限られた行動範囲にお化けを総出演させるため無理やり名所化するか、一瞬しか流行らなかった噂を膨らませて書く。名所絵と人物画をミックスして描く体裁を妖怪に適用してる。鎌倉朝比奈切通しに三つ目大入道とか読んだことない。薄気味悪いけど。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19500267.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19500206.jpg

豆腐小僧の形をとっているが一つ目とある。このへんどう分化しどう統合されたのかわからないが、茶坊主系の妖怪(室内で一つ目小僧はこれに含まれるか)と大頭系あるいは禿の髪型の丁稚妖怪に、豆腐というアイテムが何故合成されたのかよくわからん。嘘ケ原だしね。口へんに鬼の漢字はない。嘘双六。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19501723.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19501736.jpg

摺鉢山という名前の山はいくつかあるがこれは擂粉木からの連想だろう。滑稽舞踊「鳥羽絵」から升六が手を伸ばすと羽が生えて飛んでってしまう雷木棒。嘘と芝居と妖怪画と実在?のミックスされた双六。坂東太郎=利根川に河童の話はあるが胞衣の付いた赤子は知らん(河童の先祖の暗示かも)。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19505725.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19505773.jpg

◆伊夜彦すなわち弥彦神社のことだろうけど、、こんなに水場近かったのか?

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19511534.jpg

◆双六は目出度いものが多いような(正月に摺るものが多いんだろか)玩具絵ということもあり、ほっこりする内容。高輪か、お屋敷からアナゴの買い付けかな。二本榎の商店街は武家屋敷時代から金持ち時代まで注文でお届けに行く専門の店ばかりだったと聞いた。寺も栄えた昔の話。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19512842.jpg

◆品川の海苔。明治時代には鉄路が通ってしまうので、海苔は大森名産ということになったのか。浮世絵の絵より親しみが持てる。構えたところのない絵。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19514047.jpg

◆「剱岳の謎に挑む」明治四十年初登頂に挑んだ測量部隊により発見された頂上に刺さる錫杖。平安時代、知られざる初登頂者は道なき道を少ない装備でどうやって登っていったのか。クレイジージャーニーにロビンソンクルーソー痕跡発見で出た髙橋大輔さんの伝説旅。宗教は超人的な人物の偉業を超人だから当たり前拝もう的にしてしまうけれど、ここではロッククライミング技術なき時代のリアルルートを川谷に設定し見事登頂する。天気が良くてよかった、という感じ。今のように補給も無いから無理はできない、それでも登れたという証明。壮大ではないが楽しく見た。

◆日曜美術館ムンク。ダリとこの人は数年おきに大々的な展覧会をやり毎回テレビの煽りが酷い。日本で特に人気ということだろうが日本人って表現が突飛なだけで技術的に精緻な絵が好きだよね。解釈を聞かされる45分。ディーリアスと2歳しか違わず後年まで親交あったのがわかる、性格似てそう。

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19532454.jpg
紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19533915.jpg
花柳界おまじないと怪談、朝寝坊m44

(胡散臭い話ばかりで、実話系怪談を江戸話や古典の翻案で薄めてある、関西中心)〜四谷怪談上演のタタリ

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19554061.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19554050.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19554090.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19554139.jpg
◆明治双六の動物
紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19560250.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19560200.jpg

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19560297.jpg
◆ここじゃなかった

高輪ゲートウェイ

紅葉、江戸双六解題あそび、流行り神情報整理、おばけ双六、浅草玩具、四谷怪談、テレビ感想をみっちり;11/29-12/4twitterまとめ_b0116271_19561768.jpg
進駐軍。酷い焼跡が残り急造バラック商店が歩道に並ぶ、但し大きな建物が少ないのと田村町木村屋が見えたので銀座ではない。途中渋谷道玄坂も。40年代末。"Japan 1940's in HD" を YouTube で見る https://youtu.be/EVbDdR9Fi90

◆山一証券の話をなぜいまさら、と思ったら官僚以外「関係者」全員の名前が出てたとか。今までは出てなかったんだそうな。出せるようになったということか。

◆(飛んだり跳ねたり続報)
「亀山のお化」が元の名前とか(大阪ではこの名前が使われることがある)。「川柳江戸名物」T15 西原柳雨より

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17195930.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17195938.jpg


明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17200059.jpg

「おしやぶり : 日本玩具集. 第2輯 古代篇」T15では飛人形とあります。

「玩具の話」T3
飛人形とあります。

傘を被っているのが勧進帳。傘や大きな顔を被っていたのが飛んで中の顔が現れるという飛び跳ね人形ですが、最初は何も被らない兎などだったそうです。糸を巻いた竹に載った人形がランダムに飛ぶさまを楽しみました。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_11515821.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_11521187.jpg

伊藤晴雨の挿絵(昭和初期)

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_19524746.jpg

国芳(道外化もの百物がたり〜一部)飛んだり跳ねたりの坂田金時カシラを被せた箒で暫を形作り、化物どもを脅かす狐。金太郎人形は化物がおそれる。※草双紙にお化け仮装のため大頭をかぶるものがみられ、大頭という小僧妖怪も描かれている。どっちが先なのかはわからん。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_23020067.jpg

国芳(化物忠臣蔵〜十段目)こちらも飛んだり跳ねたりの顔で蹴散らす構図は同じ。天河屋義平に扮した亀山の化物が武器の入った長持の上でがんとして動かない。がまの義平を試す捕り方みな化物にみえますが、仲間。天河屋の段にそってます。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_23502816.jpg

暫の「飛んだり跳ねたり」

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_18282819.jpg
明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_18284339.jpg

浅草寺仁王門前の江戸玩具店助六で購入。無茶苦茶種類があるそうで、季節ごとのものもあり、十二支もある。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_18292816.jpg
明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17203467.jpg

◆1872年からあったと思われる復元「長虹」(焼失していた1860年代の写真には写っていない)。一階、二階への道を兼ねた渡り廊下をこう呼んだ。拱北楼はこの先の義満が執政したという建物であり渡り廊下のことではない。誤解しているページがあった。金閣寺。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17204571.jpg

1887-1907の二十年の写真等を調べたところ長虹は見られない。1894年一般有料開放以降は一時的なものを除き無い模様。うーん。

◆四天王寺の大釣鐘。これを奉じる建物があった。(人の大きさを見よ)
二枚目は鶏卵紙写真にしばしば見られるものですが、京都大仏がまだあったときの景色。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17205707.jpg
明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17205754.jpg

◆これがニス引き。。この台無し感。。画像で見るより遥かに台無し。。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17212814.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17212855.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17212873.jpg

ニス塗りは木版の否定だ。色の交響をモノトーンに沈め、繊細さはこれの太陽のように塗り潰し、セピアの朝日、煙塗れの火事、そういう特殊なものに異化する実験。浮世絵をテラテラの油彩風に仕立て、版木の痕を絵具の塗り跡のように強調。即席洋画。ボロボロにならないための補強手段。ただ、紙は薄い。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17214629.jpg

◆構図も筆致も空や建物の色も素晴らしいと思うんだけど3000円とは、何かの写しなんだろか(カッパ摺りでないものもある)。飾るには十分だ。鳩の飛び方とか。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17215548.jpg

あ。鳩豆屋がいるのね。無理に詰め込んだ構図で西洋画的には破綻してるからちょっとわかりにくかった。手前、絵師名の箱にかかる大丸傘は台が見えてるので名物の鳩豆屋、逆サイドにも台が2つ垣間見える。蛇目傘の時期もあったようだがほぼ白い傘か。

東京印象記はこの絵から二十年以上下った本だけど「夏の浅草」という一節の空気感がこの絵のスカイブルーの空、白い雲(春だけど)そして観音堂屋根から奥山閣の向こうの空へ飛び立つ簡略化された鳩のイメージそのもので。三千円の絵のために他ウン万円だったが、結局三千円が一番好い。破綻してても。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17221123.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17221177.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17221133.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17221249.jpg

つづき双六

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17232088.jpg

◆みなさん大好き牛御前。御前という言葉は敬称的で中世以降女性ぽくなったイメージ(個人的感想)貞観年間牛頭の須佐之男を奉り創建した今の牛嶋神社「牛御前」は、牛女ではない。貞観の仏影を刻した板碑があった(拓本のみ残る)そうだが図像板碑は浅草寺のものも中世。原本では石碑と記述か。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17233998.jpg
◆別項あり

代々木の植え直し(江戸時代にも植え直している模様)、明治神宮御苑東門というのにどこなのかよくわからない。Google Mapでは苑内が表示対象から外されており写真もわからない。うーん。

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17243001.jpg

明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17243109.jpg
たった一枚で較べるもんじゃないし時期にもよるけど、猫と女の浮世絵で哥麿と国芳の描き方の違いうんぬんやってたけど、あれ、哥麿は花魁、国芳は町人じゃなかったっけ。そりゃ哥麿の猫は花魁より下、国芳の猫は町人と対等という描き方するもんじゃなかろうか。
「ザ・プロファイラー」及び九時のニュースより水木しげる回。亡くなられて何度かの年が巡り今になり総括のような話が出る。迫力ある人、迫力のある人生、莫大なイメージの裏面、本当の顔。けしてネガティブではない。凄さしか感じない。飄々となどしていない敏腕。情熱を支える経験と実力。。
◆芝増上寺三解脱門の向かって右脇は築地塀が続いている絵とこう途切れている絵があり、現状はこれに近い。続いている絵は江戸時代だけでなく近代にもある。敷地を切ったのが事実だろうけど、ちょっと不思議。
明治浮世絵と2019年賀状案、飛んだり跳ねたり続報、金閣寺の長虹、四天王寺の巨大釣鐘ほか;2018/12/4~7twitterまとめ_b0116271_17253103.jpg

◆協会に反旗を翻したおすもうさん

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13071470.jpg

◆明治時代 #浅草 #asakusa

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13072362.jpg

浅草駅の「あさくさ」は左からかいてある。モダーンだ。(「うえの」もそうでした)

◆偉人たちの健康診断「滝沢馬琴」改めて現代的な人で、職業作家の先駆けだったんだなと。本格創作長編伝奇作家として日本初と言ってもいいのでは。忙しい筈なのに色々やってた面白い人。番組の主旨は興味深いものの肌に色覚があるなどNHKらしい怪しげな説も混ざる。こちら大正初期本宅井戸に佇む孫女。

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13073732.jpg

「江戸では小説家の地位は低かった。八犬伝はこの井戸の水を汲んでは硯に注ぎ書き上げられた。今、ここに残るは小説家の家と井戸、曾孫も玄孫もいる。地位の高い者はみないなくなった。」という主旨のことも。

浅草の横丁で天狗に肝を売り渡したから、ブルースの女王なんだよっ

"芝口に玉の井(後に寄席玉の井となる)といふ駕籠屋があって、其家の辻駕籠が新橋の角に出てゐたのを識ってゐるンですから、お話がカビ臭くなる譯合ですが、京橋の河合牛肉店の御婆さんがまだ京濱間の女飛脚で、お金を預つて取引の便利御用を勤めてゐた、或日黃昏に、この新橋=銀座のとば口へ差しかかると、追剝が現はれ、危く縞の財布か、萠黃の金入かを、奪はれんとして、辻待の駕籠屋さんに救はれたのを識つてゐます。銀座へ追剝が出沒したといふンですから、凄い時代がありました。"「銀座百話」s12

〜女飛脚は時代小説で有名になりすぎて、ググれば教科書的な回答のYahoo知恵袋しか出てこない(遠距離飛脚は出女不可なので男のみ的な)。飛脚は明治になったら電車郵便自動車に負けた的なイメージも、この話は年齢的に明治に入ってからと思われ、違ってくる。一寸の用では19世紀まだ需要があったのではないかな。興味薄いので真実は別にいいです。2冊本読んで目眩がきつくなった。興奮して読む本は体に悪い。

◆"東京市に何か大きな式典などのある時には、きまって、飛行機は二臺も三臺も揃って、所澤からやって來た。時には、低空飛行をやって、銀座や日本橋の人家の上五六十米の ところをわざと低徊して飛んで行ったりした。"「東京の三十年」T6

まさにこの写真の風景かな
時代の継ぎ目に田山花袋の感傷と期待。。 モーリス・ファルマン式ひこうき

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13082234.jpg

『機の上から見た東京市は決して家屋や烟突ばかりではありませんよ。樹や綠が多う御座んすよ。さびしいもんですよ』

明治の感覚

夢の中へ

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13084654.jpg
渡月橋がこんなんだった時から知ってるんだからな!(嘘)
小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13093505.jpg

◆有楽町のガードの写真がなくてイマイチこの写真をあげづらいが、忘れてしまうので載せておく。

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13101080.jpg

◆田山花袋の回顧録を十年ぶりに読み返してて、親父殿が招魂社にいる話があったが(田原坂で戦死)、まったくアメリカの南北戦争の話を読んでいるような、霞のかかった時代と霞の晴れた時代の境目の奇妙に生々しい感触。熊本城(近)田原坂、山鹿、都城、鹿児島(城山)位は廻った。久光よかったな。

桐野星と西郷星。

来週までですか。大久保もまた坂で死す。

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13102117.jpg

◆日本橋魚市場

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13105207.jpg

魚の臓物を拾う職業の人がいたころだ。(築地のときはいたのかな?)

将門塚復元失敗

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13110938.jpg

◆装束畠の衣裳榎(江戸名所図会)、廣重の装束榎で有名な王子の古い名所ですが、昭和初期に枯れたのを切り倒し稲荷を移転したという(そのものはすぐ伐られたという記録があり恐らく子孫の木のこと)解説板の説明から写真を探したものの、そもそもこの2枚の江戸浮世絵しか無い。戸川残花の本で長屋裏に「榎の若木二株」とある。とっくに失われてたのではないかな。

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13112016.jpg
◆両国橋
小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13114459.jpg

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13114494.jpg

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13114403.jpg

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13114444.jpg

説明つけないとまったくビューがない。ヒッソリだからいいけど。明治時代の両国橋です。

「マエストロ」ガーシュインの回、録画見。昔の深夜番組じゃないよ。三十分で丁寧に追うアメリカ史上最大の作曲家。40前に死んだ。誰にも信じてもらえず脳腫瘍で死んだ。この小切手は古い額に入っている。震災で落下、硝子が浮くと真中が裂けかかっていたのがわかった。その売り元ももう死んだ。

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13115729.jpg
スーパープレミアム「探検!ツタンカーメン王墓」再放送録画見。エジプト物は食傷気味だがエンタメ感付加で面白かった。ツタンカーメンがお祖母さんと遊んでもらった思い出を胸に寝てた、、お祖母さんの髪の毛が一房棺の中に、、そのお祖母さんがこのミイラです!という良い意味での酷さ。

◆#昭和初期 #tokyo

小ネタ(ブルースの女王、女飛脚、田山花袋と飛行機、将門の首塚コラ、装束榎は江戸時代に枯死してたのでは、ガーシュイン):2018/12/7-12twitterまとめ_b0116271_13125235.jpg


by r_o_k | 2021-11-07 13:00 | ご紹介 | Comments(0)