2021東京文化財ウィーク「芝増上寺かいわい」、川瀬巴水の増上寺、河鍋暁斎絵本展覧で暁斎草紙に興味、オオカミは絶滅寸前の幻獣、横浜スパ2021/11/1-4(一部5)

2021東京文化財ウィーク「芝増上寺かいわい」、川瀬巴水の増上寺、河鍋暁斎絵本展覧で暁斎草紙に興味、オオカミは絶滅寸前の幻獣、横浜スパ2021/11/1-4(一部5)_b0116271_11164660.jpg
11/1

凄く小さい。丸木舟?沈んだのか、儀式的なもので沈ませたのか(中に何にも残ってなくて千年前となると霧の向こう)>マヤ文明時代のカヌーか メキシコ・ユカタン半島の水中洞窟で発見 www.fnn.jp/articles/CX/26 #スマートニュース

posted at 01:01:38

少し前の記事。こんな大きな食い方ができるのはホオジロザメぽいけど。立川談志と石原慎太郎思い出す>世界最古のサメ被害者、100年間謎だった「縄文人の死因」3Dモデリングで究明。|BUSINESS INSIDER www.businessinsider.jp/post-237860

posted at 09:31:10

竪川一の橋(隅田川) pic.twitter.com/uAEoDhILGp

2021東京文化財ウィーク「芝増上寺かいわい」、川瀬巴水の増上寺、河鍋暁斎絵本展覧で暁斎草紙に興味、オオカミは絶滅寸前の幻獣、横浜スパ2021/11/1-4(一部5)_b0116271_10345373.jpg

posted at 10:11:05

雨じゃなかったのかよ晴れたから洗濯すればよかった

posted at 12:43:39

電源コード断で移動データ飛ぶ。具体的には消滅。

posted at 15:43:22

ソースが心もとない…(平賀源内!)>志度で節分に行われているハロウィンのような行事「鬼の豆もらい」についてかかれた資料はあるか? | レファレンス協同データベース crd.ndl.go.jp/reference/modu

posted at 18:28:27

人が人を罵倒する目的で第三者なのにその人と仮定して罵倒された。一時間。だんだん能力低下した。いま野外。 pic.twitter.com/MEUrTGaeoS

posted at 18:38:29

CDがビショビショで届きました。 pic.twitter.com/kBDYy8nepv

posted at 22:19:38

ジャケはだめだが本体には影響なさそうです。

posted at 22:21:16

11/2

特撮は詳しくない…

ズッ友クレイジー2800あばよ仮面
顔面サケルダー
ウルトラマタンゴトリガーNEW GENERATION NAMEKO
七十戦隊ダンカイジャー
ブレードランナーグレイトYARUZE4649

retweeted at 00:03:44


posted at 00:23:21

太田記念美術館河鍋暁斎全絵本展。期待が大き過ぎたか。暁斎の小さい絵は間近で見ないと線と線の絡み方が識別できない。さらに版本では薄くて間近でも見えないだろう。パネルにするなど工夫があればまだしも版本全ページを並べるというのは…知識を得るには良かった。 pic.twitter.com/7Bm8OD40Vb

WEB展覧会があるなら、そちらのほうがわかりやすいかもしれない。

posted at 18:26:49

posted at 14:40:28

例えば暁斎漫画のこのページ。残酷絵の系譜、幕末明治当時は虎に鶏を食わす見世物が流行ったくらいで、その中に人も入るギリギリの趣向が暁斎らしいが、これをガラス越しの額入りで見ると暁斎特有の複雑な構造や版本の色彩の乏しさにより、食う狼との識別が難しい。文字説明通りに見えない。単眼鏡て。 pic.twitter.com/QJwv9WnHpd

posted at 15:09:00

暁斎の狼が他にもあった気がしたが見つかんなかった。明治初期に狼が人を食う血みどろ残酷絵は他にも見られる。絵入り新聞だ。暁斎のこれは既に死骸であるものの、当時の狼がそんなに多数いて、人を襲ったのかどうか。明治中期には絶滅したとされ、残存標本からイヌ大の固有種で大陸狼とは違うとされる

posted at 22:52:17

暁斎の別の狼図があった。月を見上げる狼自体は北斎晩年の肉筆の虎とか、構図としてはあるのだろうが、生首を咥えている。生なましいのは生首写生の暁斎らしい。ただこれも暁斎自身の肉筆幽霊画で幽霊が生首を咥えているのがあるし、原型はあるのかも。狼のリアリティはわからない。空想の気がする。 pic.twitter.com/p7pxw0B3Im

posted at 23:44:44

posted at 16:49:31

震災前から行ってなかった横浜駅近辺繁華街。CDと映画が目当てだったが実店舗もうないだろう…と思ったらタワレコがまだあった。歓喜。横浜の風土かけっこう流行っている。クラシック売り場は隔離室のようだったものの、タワレコ企画を見てたらAltusのコンドラシンN響が出てて買う。なんか久しぶり。 pic.twitter.com/fvOSB25kBT

posted at 17:53:39

初出マニアにはややこしいところもあるのでデータをよくお読みのこと>スペクトラム・サウンドからフランソワの初出音源集2タイトル登場 www.hmv.co.jp/fl/12/3167/1/

posted at 18:15:01

レーガーのクインテットとか。マニアック過ぎて禿げるがこういうものは二度と出なかったりする>デトモルトのアーカイヴの宝物〜デトモルト音楽大学の創立75周年記念アルバム ティボール・ヴァルガ、ハンス・リヒター=ハーザー、アンドレ・ナヴァラ、他(4CD) www.hmv.co.jp/product/detail

posted at 18:17:21

11/3

東京猿記念(寒気がしてやる気ない) pic.twitter.com/RAMdfkFV4W

posted at 01:22:00

東京文化財ウィーク、昨年はコロナで縮小、今年も縮小でもう行くとこなくなったが、年中公開でも近年公開ゆえ未見の増上寺徳川家廟所、展示室と大門側に唯一築地塀の残る廣度院薬医門と境内解説公開、それに改築後行ってなかった弁天池の宝珠院の閻魔堂と子の権現。HPの絵は風俗画報の絵です。 pic.twitter.com/lsPm5Vfi5b

宝珠院(増上寺弁天池脇)の寺宝も載せておかねば。コロナのため本堂閉鎖で御簾の間から拝観するのはきびしかったが一応すべてみられた。 pic.twitter.com/nVPohHvyk1

あなたによりそう子の権現 pic.twitter.com/WlWCvnEdCL

posted at 20:57:55

江戸期のものですがセパレート式の古様(?)の人頭杖でした。 pic.twitter.com/60x9MMhfmp

増上寺の四体菩薩石像についてはこの地の拓け方と像様からいって近世作ではないかと思ってましたが、今見ると規模が大きく、造形も丁寧で個性的であり、中世のものである伝説も信憑性高め。かつて小山の東向きに置かれ、触れられると祟ったという。 pic.twitter.com/u4583iZpb3

増上寺西向観音。今は水子地蔵の奔流の中にあるが、向かってまっすぐ寺の裏山を越えて道路の向かいの小山に西向きに見下ろす形で立っていて、その対面に前記の四菩薩が立っていた(現位置より徳川廟所を越えたところに逆向き)。戦災の跡が厳しい。 pic.twitter.com/h72VTNRshm

posted at 22:15:37

皇女和宮墓塔の菊紋


徳川家廟所をのせるのわすれてた。
昭和初期にも恐らく一回なされているが戦後縮小整理され地下石棺を解体し火葬し直され、墓塔を密集させたが、もともとホテルの敷地などにもっとあった墓は各菩提寺に散った?遺言で京に戻されなかった皇女和宮、秀忠お江再建墓(屋内木造だった)、鋳抜門
増上寺 pic.twitter.com/QO4qZ7EMy7

posted at 09:22:32

11/4

増上寺三解脱門と築地塀。巴水。正面大門までは諸大名建立由来の寺が並び全部築地塀で、松並木から塀際は水路が流れ塀沿いに大門方向へ行っており、築地塀下の基礎となる大石は正面四角の楔形。戦後暗渠化して埋まった。一枚目は廣度院の築地塀の角。二枚目門両脇は老朽化現存だが絵により長さが異なる pic.twitter.com/qcGb4Trn6E

posted at 00:04:56

巴水。増上寺より大門(構造は今と同じ)、昭和初期ここまで周囲すべて築地塀だったことがわかる。二枚目では築地塀の下に廣度院同様大石が積まれているが、これは工事で一部が脇のビル玄関に保存されている。 pic.twitter.com/Nto5swnyud

posted at 00:11:27

廣度院の遺物(東京文化財ウィーク)楔形の築地塀礎石、江戸中期石仏群、築地塀内や周囲発掘の様々な時期の瓦。右のものは赤く焼けている。築地塀自体は火に強いが内部は丸焼け(特に空襲)とは戦争体験としても聞いた。 pic.twitter.com/8WbGWwO1hF

posted at 00:22:47

芝大神宮
増上寺門脇の古い神社だが一階に駐車場、二階に嵩上げした本殿と近代的になっている。 pic.twitter.com/pw5nBPcXjc

神奈川県でも鎌倉とか例年文化の日前後はお屋敷公開とかしてるんだが、コロナのせいでほぼやっておらず。寺宝虫干しは円覚寺は例年通りのようだけれど建長寺は大幅縮小とのこと。日本橋で出開帳みてるからいいや。

増上寺かいわいで猫狩りしたらこれだけ捕れました。 pic.twitter.com/lRSvZVFHDw

posted at 18:33:36


東海寺

何年か前、久しぶりに行ったらえらく荒廃していました。大山墓地は飛び地なので問題ないのですが。今はどうだろう。 twitter.com/enkaizankumazo pic.twitter.com/oda7Edaa3X

posted at 18:13:50


今日もよく晴れている。

posted at 13:17:04

入賞者のDNAを採取し、一致する「弥生の末裔」をひそかに探す裏テーマがあったりして。一族殺戮された可能性高いから難しい>「弥生人そっくりさん」鳥取県が募集する理由とは? 入賞者にはジビエ料理をプレゼント www.huffingtonpost.jp/entry/yayoijin

posted at 22:24:12

戦後くらいまで猫は圧倒的ネズミ退治だったので愛玩猫となると一次産業から離れた比較的特殊な仕事だったのだろう。が、暁斎って愛玩猫描いたことあるのかな。。ほぼ化け猫。。カマキリと🦋、って、大きさ感おかしい。何かの暗喩?江戸玩具の下に飛んだりはねたり(亀山のおばけ)のネズミが。 pic.twitter.com/5bsS3qWy7O

posted at 23:40:37

あった。暁斎のかく愛玩猫。でも戯画タッチではある…幼い一時期ではあるが国芳に弟子入りしたとき、アトリエが猫だらけ。国芳はワルだが狩野派のような模写のほか写生の重要性をといて、暁斎画談の写生&模写ゾーンに繋がってくる。2枚目の左は写生猫、右は模写猫。厳密には暁斎タッチではないよな。

万華鏡のようにタッチを使い分けるけど、優しい絵柄はほんと優しい。国芳優しい。

pic.twitter.com/7sv4M7bY6J

posted at 00:52:11

ややこしいが「よし玉女」は暁斎図で国芳の脇にいるのは門人の歌川芳玉、同じ門人格として二人の娘がおり、「とり女」芳鳥女、「よし女」芳女姉妹で、姉は若くしてなくなっているが(よし玉も筆を折り比較的夭折した)妹は三囲神社に残る国芳顕彰碑建立でも知られる。 pic.twitter.com/s6IrDU8j8U

posted at 01:09:32

世に言われるほど暁斎に怪異の割合は高くないように見える。新時代にも生きた人だから、北斎の弟子で知られる小布施の高井鴻山同様妖怪に実存感があり夢の気配が薄い。これは旧正月の厳島神社周辺海域に出る龍燈(怪火)弥山頂上の龍燈の杉(現存せず、残骸はあるとの説も)から見た景色。 pic.twitter.com/vwQLABEgJC

posted at 23:56:47

(11/5)

かっぱ釣り。尻子玉がエサ。
北斎、水道橋の堰、水戸屋敷近辺だろか
暁斎、閻魔が獄卒を囮に

0時超えてしまった p
ic.twitter.com/B2BvPC6XiL

posted at 00:06:53

暁斎の自伝に近い暁斎画談外篇に雑司ヶ谷法妙寺仁王門がでてくる(賊に襲われるエピソード)。鬼子母神堂で知られる法明寺のことだろう。全焼したため仁王も現存しない。広い寺だが、池袋近くで往古の雰囲気は偲べない。 pic.twitter.com/yiem7SYRaX

posted at 00:31:12

同、暁斎が三番叟を踊った駿河台狩野(狩野洞白関連含む)の墓域は既に無く、護国院より多磨霊園に移設されている。 pic.twitter.com/NaGFA2u6lY

posted at 00:43:48



by r_o_k | 2021-11-17 08:02 | 純粋日記 | Comments(0)