日本刺青の歴史、天狗の羽は爬虫類?、侠太平記向鉢巻の謀術、参幅対紫曽我の大頭、莫切自根金生木の金霊、真崎稲荷の筆塚202110/28-31

日本刺青の歴史、天狗の羽は爬虫類?、侠太平記向鉢巻の謀術、参幅対紫曽我の大頭、莫切自根金生木の金霊、真崎稲荷の筆塚202110/28-31_b0116271_13532266.jpg
10/28

まあ今日は内憂外患というかもう四面楚歌で全部自分のせいではないのですよ。ツイートやブログ更新が多いのはそういうことです。

posted at 00:18:59

(銭湯に逃げてたのがバレバレ) pic.twitter.com/0E0IcY5lzU

posted at 01:10:05

大変でした(深刻ではない)

posted at 10:39:23

三日晴れも貴重な秋 pic.twitter.com/Fr52eSjyM8

posted at 11:38:24

式亭三馬のヒット作、軍記物といえば太平記だった江戸中期のパロディ本「侠太平記向鉢巻」。謀術としてふざけたものが載ってる。大道具大仕掛の謀、城まるごと舞台装置。落とし穴の謀、小判で雑兵を釣る。蝿取餅の謀、見た通り。先手鉄砲謀、片端から遊女の陣に引きずりこみ揚代を取る。角大師の鬼札! pic.twitter.com/X0QOetSSKy

当時侠気ある火消しの大喧嘩があり、太平記仕立てで仕上げた話。


多分実在のモデルがいるんだろうけど、背中に大きく顔だけ彫ってるのはなかなか迫力。腕には「☓☓命」という遊女と契るあれ。下は江戸時代の入墨(文身)の彫り方。竹の先に絹糸で針を数本束ねたもの。酒で痛さを堪えている。顔が多い。侠太平記向鉢巻 pic.twitter.com/I4hzUvKjhX

英雄たちの選択「入墨」考古学だがアカデミックな人しかいない場の会話は全て背景に根拠があるためツッコミどころなんてないのがのれない。一人前が山海で身を護る伝統の剥がせない入墨、体格が求められる地域出身の戦士やそれに近い階層を顔で示す入墨、古今も近い気もする。戦士って古代は身分低そう

入墨は顔だけに入れるものではないので、顔の入墨にしかない機能というと威嚇(相手が人か自然かにかかわらず)だろうか。他身分証明(古墳時代の価値観では無いことが最上、南西諸島のはじちも既婚証明以上に家に所属する意味もあるぽい)それに近い犯罪歴(烙印に近いもの、近世でも腕に入れる場合)

洗い髪とかどうせ滝夜叉姫(将門の娘)

posted at 23:57:17

10/29

船越という地名は沖縄にも。舟越(フナクヤー)は石垣島北部のくびれでたぶん今でも船を背負って東から西に越えられる。ウィキにのってなかった。船越だからか。富名越だったっけ(高輪が高名輪になるような変化とは違うんだろうか)

retweeted at 00:37:07

考えすぎちゃん、っていつも「考えスギちゃん」って聞こえるんだゼェ pic.twitter.com/XkMFf9jWWG

posted at 01:33:54



今度こそ寝る(風呂シリーズおわり) pic.twitter.com/gAmII52lBC

posted at 02:42:16

写真カラー化は当初は大学機関の公開のものを使っていましたが、印刷物程度のものであれば変わらないのとクレジットを書くのが大変なので、フォトマインの機能を使っておる。 pic.twitter.com/4AwrT23Dwh

posted at 11:40:44

悪いとこによく気がつく人は良いとこは全然分からねえのよ

posted at 13:44:59

大変疲れた。

posted at 22:27:18

涙腺が物理崩壊するさまを書こうとして失敗(バイエバは録画) pic.twitter.com/qgJYRdMVv3

posted at 23:38:02

10/30

明治十年、褪せていたとも書かれた色彩は恐らくくっきりして、龍柱もしっかり屹立している。去年発見か。>琉球王国末期に撮影、首里城「最古の写真」…平成復元の正殿とは異なる姿 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン www.yomiuri.co.jp/culture/202110



posted at 01:41:27

BS特攻再放送、録画してあるので離脱。ズルズル見てしまった。時間が流れ去ってしまうのは仕方ない。直接証言がないなら検証と発掘しかない。その営みと、積み上がった史実に近いものを共有していかないと、だいたい今も滅私奉公の空気が漂う世の中でもあり、自分は死ぬが相手はもっと死ぬとかだめだ。

posted at 01:50:30

クリスマス型UFOが再来月やって来る

retweeted at 01:57:37

さっきから突然何度も気を失いそうになる。今日はしんどかったのでストレスだろう。グラっとくるのはめまいとも違う。ただずっとめまいも出ているので体が船に乗ってるように右後ろに傾いている。運動したい。

retweeted at 02:04:40

家から逃げる。本当に大変。 pic.twitter.com/nbmOHff6lb

posted at 15:12:31

posted at 17:06:59

確かに忘れるというのは武器だ。思い出は軛だ。

posted at 17:12:02

車は好きだけど所有欲は無い。今日も駐車場で車を眺めていたら黒いファミリーカーが停まったが、出てくとき後ろを見たらポルシェと書いてあった。アイスコーヒーは寒い。

posted at 21:35:42

めまいおさまる。ハロウィン雑書き。 pic.twitter.com/kUxFRMs8h0

posted at 22:57:38

年号間違えたので改めてハロウィン pic.twitter.com/4WnJfzch79

posted at 23:49:11

10/31

火山島に白砂浜がないのは伊豆七島でわかろうもん(ハワイとか)いままさに沖縄が小笠原の噴出物で被害を受けている。

retweeted at 00:20:58

言葉少な好きにとっては過剰包装の表現は情報過多で、普通は削ぎ落として見るたぐいのものであっても全部見るので過剰すぎる。左手の多くが動かなくなるピアニストの話を見て、何十年も経って今も悔しいようだけれど、発する音の純度は凄かった。少し濁った音を百重ねたら見えなくなる。絵とか、、

何も言わないことで何か言ってるように見せるのは古典的なやり方、それは別の角度で見ると大抵雄弁で、そこで評価されての何も言わないなので、ちゃんと文脈あっての沈黙になる。文字SNSはお手軽に沈黙できるが、現実に何をやってるかが前提になってきてるので、ただの休眠アカウントと見られて終い。

posted at 00:40:48

ネズンとモサレルの語感におもわず壁ユーチューブ聞きながら twitter.com/bottle_youkai/ pic.twitter.com/5rPhz0BsfI

posted at 01:25:20

ふろ!ねる! pic.twitter.com/imAkm9dyB7

posted at 01:51:42

投票所で初めて車椅子に優しい対応を見た。

posted at 10:21:56

文化の盗用みたいなワードがトレンドしてるが、二度寝したときの夢が自分が人種差別発言をしてしまうというもので、しかし起きてみると余りに現実味のない教育番組のようなシチュエーションだった。縁遠いのだ。

posted at 10:32:01

体力も魅力もある若者を体力も魅力もない高齢者が縁もないのになぜ優遇するべきなんだろう。親は資産放棄し子に与えろという思想。姥捨て優生思想じゃないか。

posted at 10:35:13

鳥取といえば古代人の脳ですよ。現地で知ったけどまだ見たことない。>弥生人のリアルな顔 出土の骨を元に再現、DNA分析から髪は太めに:朝日新聞デジタル www.asahi.com/articles/ASPBZ



posted at 11:06:09

これですが、他にも古代人の軟組織が出土した本邦例はあるのだろうな>鳥取の出土人骨をDNA解析 日本人は複雑なハイブリッド? www.sankei.com/article/201904


posted at 11:17:18

参幅対紫曽我に大お面被りの化け物仮装表現がある。江戸玩具の亀山の化け物のやつ。他の黄表紙にもある。 pic.twitter.com/NgCLyLFKC3

posted at 12:11:03

金霊表現。全部の金を海に捨ててサッパリしていると塊になって浮かび上がり世間の金をも集めてフワフワ蔵に戻ってきてしまう。火事の類焼に見立てて払おうとする場面。莫切自根金生木 pic.twitter.com/6NbWfeCeTv

posted at 12:36:42

打って変わって雨 pic.twitter.com/rlNONh9d8R

posted at 13:46:17

小選挙区に3人(党)しか出てないので選ぶ余地がないのね。比例が本当に選べるところなんだが、そうなるともともと支持しようとしていたところがあまりに弱小なのでね、、、選挙ムズカチイネ

posted at 15:18:31

うそついてるんじゃなくてその場を丸く収めたいだけ
というのを多数重ねて大うそつきになる

posted at 18:01:39

天狗(特に小天狗ないし烏天狗)の羽根はトンビや雀の羽根でイメージされるが、芳年みたいに割と時代の下った表現で、天狗の定義が仕上がってあとスダレ状の骨と皮膜の(蝙蝠というより)トビトカゲ的なもののほうが多いように見えるなあ。 pic.twitter.com/EFEdo49hPn

posted at 18:22:36

なりゆきでハロウィン pic.twitter.com/rkwNe5wiLh

posted at 18:38:28

実体のない図像は写し写しなので、原本がこういう表現になってる可能性は高いし、その原本では天狗の名称ではないかもしれない。迦楼羅が天狗のイメージの元のひとつになってる。

posted at 18:45:33

選挙あきた pic.twitter.com/3b7bpl4KWF

posted at 21:11:28

京伝「京伝憂世之酔醒」とっかかりの真崎稲荷(関東大震災後の隅田川治水工事で少し内陸に移転・石浜神社合併)での怪しい異人風の男との出会い。冒頭文が徒然草。「ある日つれづれのあまり〜日暮れかかりけるままに」ヒュウドロドロの厄介仙人。右上の文塚は現存しますが、今のものは改刻かもしれん。 pic.twitter.com/VOW0Bcibia

posted at 23:53:41



by r_o_k | 2021-11-01 14:04 | 純粋日記 | Comments(0)