夏休み終わりシルバーウィークも自粛要請のコロナ秋二回目、戦後高知の話、道外戯画2021/9/12-14

夏休み終わりシルバーウィークも自粛要請のコロナ秋二回目、戦後高知の話、道外戯画2021/9/12-14_b0116271_10091612.jpg
9/12

邪なるものが穴に閉じ込められる話は数多いが、福なるものが穴に閉じ込められる話はないなあ。封印を解いたら向こう三軒宝くじ当たったとかないなあ。福は来訪するものなのか。邪なるものも風にのってくるなどあるが。 pic.twitter.com/plJ6oCntfp

posted at 00:11:54

早朝西宮神社の周辺をジョギングしていると白装束のランナーに追いかけられることがある。抱きつかれると何かしらの福をさずかるという。開門神事が行われなかった年に現れるもので、授け先を失ったえべっさんの化身という。

とかいう

posted at 00:31:56

江戸時代の前に先江戸時代、後に後江戸時代という区分がなされることがある。江戸土器の編年により徳川式という土器によって江戸時代は規定されるが、伊万里式土器の前に京焼式土器を江戸土器に含める向きがあり、慶長年間初頭からということになる。終りは西南戦争で本薩摩が衰えた時期までとする嘘付

posted at 01:02:43

奥田瑛二初監督小沢まゆ主演「少女」がアマプラおすすめに出てて困った人の一人なわけだが21世紀初頭としてはちょっと遅い少女援交(原作はもっと前か)に地方土俗とエロ描写アウトロー趣味(ダウン系の音楽は往年の武映画もちょっと)、筋書きしっかりしてるので案外観られた。当時結構宣伝してたな。

retweeted at 01:19:04

臓器移植で魂の一部も移すことができるなら、超科学で臓器ごとに魂の部分を割り振って、なくなったときに複数の人に移植してそのしるしを体のどこかにつけておけば、すべての臓器が適合する肉体が見つかったときに招集されて南総里見八犬伝とみせかけて全部臓器回収されて戻される。魂こそ生物だろう。

retweeted at 01:19:17

理路整然と長く書き過ぎて筆者が冷血に読める。当事者として想像すれば心情的には矛盾しないかと思うが。創作意図と解釈の自由論に興味あったがこれは違うのか>「少女を埋める」論争が文学史上「奇妙」と言える“3つのワケ” 私小説をめぐるトラブル最新事例 gendai.ismedia.jp/articles/-/87173 #スマートニュース

posted at 11:07:56

金木犀の香りが窓からはいってきた

posted at 11:17:42

鬼メメの刃 pic.twitter.com/qWZAAVdd0C

posted at 23:05:39

現代、本気でネットで調べ物しようとして思い知らされるのはネットには「誰かが吹き込もうとしている情報しかない」。すなわちちょっと突っ込んだ調べ物にまるで役に立たない。ネット情報は運が良ければ当たるだけのもの。再びリアルで調べる時代が来ている。老人こそ手を抜くな。rt

retweeted at 23:32:34

(線路で車輪の挟まれ立往生する車いすをサラリーマンが助けた件がバズ)

こう言っちゃなんだが当然のことで、なぜサラリーマン以外も動かないのかと。今日踏切が上がったところに横からバイクの若者が割り込み、やむを得ず譲って渡っていたらすぐまた踏切が鳴り出して、棒を肩で上げ何とか車椅子を渡らせた。あとから来た女も無視してた。何だよおまえら。思い出した、先月くらいも出先で踏切でころんだ杖持ちの人が立ち上がれず、おっさん二人で引きずり戻したんだが、学生全員ガン無視。経験不足の連中に命の重さなんてわかりゃしないのかもしれないが、お前らの親連れてこい説教してやると。ちな助けられた人は礼も言わずだが、そんなんよくあることだ。

報われない奉仕を嘆くことはないが、その行動をなぜか逆に批判するやつが少なからずいる。この世は善意をばかにしている。rt

retweeted at 23:42:20

焼き討ちでひどい目にあったイメージのある比叡山で織田家と明智家が会うみたいなニュース、比叡山がまずすごいなと思ったが、今回出てきた織田家も明智家も伝説的な部分からの血筋なので結構ネットでは言われてるし、比叡山は別として交流はもともとあったのかな。安土城摠見寺・信長廟の関係か。

posted at 23:54:44

9/13

介護は心理戦

posted at 01:00:59

(江ノ島積み残し)

優しさの9割は疲れからできている pic.twitter.com/AeDtXxfeD3

posted at 01:30:22

アカタテハが二羽とんでいた秋なのね。

posted at 22:08:58

さっきから聴いたことない虫の声ばかり聞こえる。。

retweeted at 22:47:34

自動マンガメーカー(集英社)、似たものはすでにだいぶ前からあるけどスマホ完結型はいまどきだな。Twitterにあふれるエッセイ漫画家を絶滅させられるいきおい。これAI自動翻訳をかませて世界配信できるようにするとか。4ページ一時間は早いと思うが普通は結構かかる感覚だよね。

posted at 22:51:20

「経営に問題がない」前提で労働問題を語ろうとする欺瞞について。

retweeted at 22:52:50

広重2代ってけっこう表記が変わるのね…道外たとえ尽くし(2枚目はこの画像しか知らない)

pic.twitter.com/hpudVpXKXA

posted at 23:33:42

9/14


生馬の目をぬく人

「どうどう
がまんして
ぢっとしていろ」

馬「この人は
ひどい人さ」 pic.twitter.com/gfS1ZkJdvy

posted at 00:08:43

戯画はネタの流用がある

男は敷居をまたぐと七人の仇がいる
口ぐるまにのせられる人
ぼたもちで尻をたたかれる(今はあんころ餅)
百日のせっぽう屁一つ
目からはなにぬける人
人をのんでいる人

など(たとえ(ことわざ)を面白おかしく読ませるもの) pic.twitter.com/9BeBoVAF8I

posted at 00:40:55

しくじり先生、週イチ版ラスト(今回は前編)の野口健講演は見ごたえあるなあ。極限の登山で起こることは日常にも小規模に起こると思った。出演者も引き込まれているみたい。これ、abema完全版はもっとすごい。出演者のサポートトーク含めカットした意味がわからない。

retweeted at 00:46:23

登山やってるとそこらの磐座なんて岩に見えないよね。岩峰に貼り付くんだから。

retweeted at 00:17:10

伝説的なのを除けば日本の本格登山は江戸時代からだから、チベットネパールとは違うよな。

retweeted at 00:18:45

登山者の死体は生きている普通の人より生命力がある、引き込まれるというの凄い。われわれが感じる死体の強烈な生命力「のなさ」、異質なものへの劇的変化ということとは違うらしい。

retweeted at 00:46:30

われわれは我々個々の頭蓋骨の中でのみすべてを認識するということからして、感じる生命力は自分の生命力の反射で、だから自分との戦いになるのだろう。

retweeted at 00:48:04

極限状態で神秘的な超常の存在を感じたとしたらそれは自分が神秘的で超常の存在であることに気づいたということである。己の中に広大な宇宙がひろがり、中心に神の御座を見る。主観においては全てが可能で、主観において永遠の命を得る。人智学めいたしくじりは客観的には命にかかわる。。

retweeted at 01:09:34

小原猛さんの竹書房新刊、まだ読み始め。夏は突如去ったから置き忘れの動画やテレビが溢れているので時期ズレ感はない。黒い話が続く。呪いや理由の分からないもの。牛が喋る話、私も子供の頃山羊が喋った記憶がある。西洋なら魔女か。この世は僅かにずれた常世と重なり、死者はそこで生者を見ている… pic.twitter.com/ksvQvfpuAU

posted at 11:21:54

年取ったら記憶力なくなるというのは記憶の蓄積が膨大で取り出せなくなってきたこともある

retweeted at 14:16:00

この怪談師よどみなく躊躇しない語りで達者なのに何で視界から消したんだろう、と思っていて、話の飛び方に「ハッ!これは病気の飛び方では…」ということだった。

retweeted at 14:18:10

おんぶ pic.twitter.com/7cydgj2oji

posted at 20:37:50

一部共感もある…00年代半ばは個人がネットで収益をあげ始めインフルエンサーという言葉が一般化した頃。ネットの最爛熟期は、電車男からSNSへ一般化を促進。これはその頃の話で今はそうはいかないだろう>グラビアアイドルをネットで誹謗中傷して訴えられたオタク男性の告白 www.news-postseven.com/archives/20210

retweeted at 23:16:53

勝てば官軍というようなバイアスはかかるもんだ、と思っておかないと知らずのうちに官軍の気になってしまうな。なんの義理も道理もなくても。

retweeted at 23:17:05

勝てば官軍負ければX-GUN

retweeted at 23:23:54

体育座りばかりが取り沙汰されるが、かつては算数座り、理科座り、図画工作座りなど教科によって座り方が決められていた。中には骨の成長に悪影響を及ぼすと思われる座り方もあり、日本人の体格がなかなか好転しなかったのは近世早期に教育が普及したためという皮肉は一切無い。無理があった。

retweeted at 23:17:11


唐突に戦後の話をきいた。高知の平山のおばさんとこが疎開先で、山に鶏をたくさん放し飼いしていた。方方で卵を産むのを子供を集めて持ってこさせ、四角い器に並べ売る。米兵に取られるといい刀等を埋めたところ(農家も持ってたこともあるらしい)、近所の元士族なども埋めに来た。全部土に還ったと。埋めたところがわかんなくなったという

posted at 01:28:10

整合性とか詳細不明、メモだけしておくが東京は食料がない。サラメシで焼津の塩鰹が出てたがああいうものを予め封筒で送っておいたパンチ穴入り切符で恐らくキセルで送る。切符は使いまわしでどこのパンチ穴かもわからず、誰かの切符が高知駅のパンチ穴ではないとして捕まり、以後はやらなくなったと。

posted at 23:13:17

焼津も枕崎も高知も一緒だろうが戦前戦後くらいには鰹節は小さな加工場がたくさんあって作ってたそうで、小さいのは今も同じ可能性はあるが需要は変わったろうなあ。やはり保存技術の一つだったから冷蔵庫が普及したらほんだしになってしまう。

posted at 23:33:10

自然体主義者なので無理な聞き込みや好奇心を超えた調査はやらん

retweeted at 23:23:45


by r_o_k | 2021-09-15 10:09 | 純粋日記 | Comments(0)