2021/6/12-15:江戸ミイラを見に科学博物館へ行ったら凄く変わってた、広重大日本六十余州名勝図会、ハチ公、突然梅雨入り、遠城謙道の庵、和歌の浦が変

6/12

posted at 00:25:00

国宝鳥獣戯画展は完売。次回はこの仏像さんですか。 pic.twitter.com/NEaOrhJvaW

posted at 00:38:17


甕棺の蓋

posted at 01:48:18

忠犬ハチ公
※実写はWikipediaから pic.twitter.com/qnpEcZgW7c

posted at 11:08:11

東大医学部の祖先 pic.twitter.com/TPWvmcdGwp

posted at 22:24:12


廃屋の夏 pic.twitter.com/eIbWjgiT04

posted at 01:43:25

本気すぎてミックスジュースみがない pic.twitter.com/Na8v688ADf

梅雨前の青 pic.twitter.com/xW9uXRN1Yx

posted at 15:13:06

いつまで機銃掃射の体験談(他人)をツイートし続けるのだろう。戦争の残酷な話でわれもわれもと聞いた話をかぶせてくるノリは好きではないのでそれ自体については看過。 pic.twitter.com/bEXF5unw6a

posted at 21:22:51

この番組、みな見なかったんかね。ズバリの映像は出さないにせよ(そういう映像も記録なので存在する)みんな見てたんかと思った。Twitterで無知を装う奴らは釣りだと思うよ。"ガンカメラの機銃掃射映像・・・「私の街も戦場だった」より" を YouTube で見る youtu.be/nqXmG7vHlJE

posted at 22:33:07

ごめんな賽の河原 pic.twitter.com/Gp8eWewiua

posted at 22:37:03

6/13

「このわかりやすさが危ういんだな、と思います」ヨーロッパのロマかなんかの人々が暗号を落書き等に示す話と混ざってるのかな>市川紗椰が最近知ってびっくりした、「フリーダムキルトの秘密」はウソだった濃厚説 wpb.shueisha.co.jp/news/lifestyle #スマートニュース

posted at 15:17:03

ピカソについてはまったくそのとおりだと思う。否定して封印するかどうかは世の中次第。値段は上がるだろう>ピカソによる女性の扱いに抗議。スペインの美術教授らがピカソ美術館でサイレントデモ bijutsutecho.com/magazine/news/ #スマートニュース

retweeted at 23:12:38

コロナ下でひどい営業してるという店の公式タイムライン見たが、飲食業として徐々に悲痛な声が強まっていき、主張が先鋭化して、今の態度になったのがわかる。だから槍玉にあげず、神保町には近寄らないだけで置こう。

retweeted at 23:12:51

二週にわたってクーベリックのタイタンライブ(マーラー交響曲第一番ライヴ録音)を少しずつ聴いててやっと四楽章にきたらプレイヤー壊れた。買ったばかりなのに。スマホにスワロフスキー先生のフランツ・シュミット四番が入ってて、少し聴いたらあの生体解剖みたいな漂白性指揮じゃなく活き活きしてた

posted at 23:54:56

6/14

井伊直弼の墓守として一生を終えた遠城謙道の草庵がどうなったのかネットを見てもでてこない。豪徳寺は戦災を受けているので焼失かな。この人は特に秀でたもののない足軽身分の彦根藩士だったが藩主が桜田門外に倒れてのち名誉回復に奔走し挫折、妻子を捨て剃髪した。井伊直憲は直弼の茶室を庵に与えた pic.twitter.com/MN6Yfc569f

posted at 01:33:31

遠城家の墓および謙道の本墓(地蔵)は井伊家墓所の前にある。横には井伊直憲が眠る。このへこんみなさん看過してしまう。わたしも看過してました。 pic.twitter.com/CP7f75i3Qd

posted at 12:47:45





前触れもなく唐突な梅雨入りだな

posted at 11:15:44

文政2年のみこしは古い。渡鹿野島もこの意味でも心細くなってきたのか。。>「このご時世では」2年続けて祭り中止の島 7年後も… www.asahi.com/articles/ASP6C

posted at 11:49:22

クジラに飲まれて生還した人、クジラは食べるんじゃなく水面まで助けあげてくれた、という解釈が付加されてるけど他にも誤飲例あるんだから違うだろ。。

posted at 11:56:56

聖林寺
メスリ山古墳
石位寺 pic.twitter.com/KS39RmZrrr

posted at 12:27:35

急に意識朦朧

posted at 21:17:56

調子が悪い。願掛けの鎧の渡しに明治に掛かった鎧橋(兜橋)。一説に平将門の兜を埋めたといわれる兜塚から兜町の名がついたが、塚が神社になったのは明治も中期になってから(さらに失われ現在の建物になった)。これが鉄橋になり戦後まで残った。今は新しいデザインの橋になっている。 pic.twitter.com/jsQAHwB1pd

posted at 23:28:01

女護島の男郎屋(国会図書館に原本ありますがデジタルには文章のみの明治本しかない)


posted at 23:50:43

6/15


pic.twitter.com/erens2wWMl

posted at 00:53:51

幕末の斬り合いまんがを見てイヤな気持ちになった。しかし小堂に及んで大太刀抱えてどう勝つつもりだったんだろう。腰物抜く邪魔になるじゃないか。 pic.twitter.com/TsNkIlxWLs

posted at 01:08:26

広重初代晩年の大作、大日本六十余州名勝図会を見てきた。お定まりの構図や色遣いも少しあるが、ザ・幕末という最早洋画ぽい色使い、描き込み、発想。歌川一派特に三代の多作に影響したことは明らか。浅草寺歳の市、正確で細かい。厳島神社大鳥居は薄朱色!田毎の月の静けさ。伯耆の田植えの楽しさ。 pic.twitter.com/dRZfqEO5IM

広重は不可能な構図含め実見してない風景が多いのと、デザイン上の都合による配色もあるらしい。厳島神社の大鳥居は夜景ゆえのほぼ白に抜いた配色だろうか。維新後みたいな生木状態の描写ではないだろう。隅田川山谷堀から三囲神社方面。お定まりの鳥居の頭が無い。構図を縦に押し込めたせいかもしれないが、当時既に見えなかった説がある。 pic.twitter.com/zQsRGHd6pZ

その他、有名のものや名にし負う名作以外で。出雲大社の「ほとほと」。女子のみの正月の行事らしい。隠岐の焼火神社の祭礼。海の安全を守る神。海上祭礼で背後の鳥居から上るらしい。桜島。さすがに写実ではない。洋画にこんなのあった。枚方男山。石清水八幡宮から比叡山と見通すのは無理がある。 pic.twitter.com/Aftbtcr53A

鳥取で復活したカセトリのような「ほとほと」は地域的にも時代的にも出雲と同源なのだろう。 www.pref.tottori.lg.jp/item/871258.htm

posted at 00:11:50

赤と青が空に鮮やかに同居して錦絵たるゆえんのかんじ。青だけ、赤だけに比べて高価感がある。鹿島神宮の海中鳥居は現在復元されています。江ノ島弁天洞窟は古い写真が多く構成はこの通りですが誇張感。対馬から虹、朝鮮半島。この通りの色だったよう。土佐の一本釣り。鰹のリアルさ。初代らしい細かさ pic.twitter.com/hyi4N2tzA1

名作はやっぱり名作だった。新月を懸造堂の後ろに配した阿伏兎観音、水流の描き方が結構いろいろあって中には独特の個性あるものもあるけれどこれが一番らしい、養老の瀧。緻密な景色の中に忍ばせた猿橋。波の表現も大人し目ではあるものの複雑な鳴門。このくらい。 pic.twitter.com/WyO12ctOBe

普段毛嫌いしている「拾い画像」を。泥絵だが、どこだろう?岩の外側に塔が見えること、陸に神社と鳥居が見切れていることから和歌浦か。だが繋ぐ橋がない。ここには広重絵の通り三断橋が現存する。一方、手前の島を三断に繋ぐ橋に相当するものはない。風景泥絵ということで江戸で想像を描いたのか pic.twitter.com/be1kmHvVPp

posted at 23:06:00

変な遠近法を駆使するのが芝絵なので、三断橋を手前に、島を奥に向かって伸ばしている可能性もわずかにある。ただ三断橋は中国西湖六橋を模した石橋で、繋ぐ島も木も少なくとも江戸後期には無かった。

posted at 23:15:22



三里塚が桜の名所だったこと知ってるが、大関…前頭に仁和寺いるぞ… pic.twitter.com/xmqstcK7U5

posted at 23:30:00



by r_o_k | 2021-06-19 00:09 | 純粋日記 | Comments(0)