【芸術の冬】北斎の絵手本とか下絵をたのしむ【ランダム】附、飛び剣術

北斎の細かいものについて、別記事から多分漏れているものをまとめました。
【芸術の冬】北斎の絵手本とか下絵をたのしむ【ランダム】附、飛び剣術_b0116271_21462439.jpg


◆北斎描く頼豪鼠(鉄鼠)
源平名頭武者部類(天保12年新刻、旧刻不明)前北斎為一、絵手本 鼠男
頼豪阿闍梨恠鼠伝(文化5年)曲亭馬琴、葛飾北斎、頼豪の幻より鼠の妖術を伝授された美妙水義高、牛程の鼠や鼠男などを出現させる
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14370798.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14370783.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14370827.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14370817.jpg
ネコ対ネズミ
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14382639.jpg
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14382737.jpg

安くて状態はどうでもいいと思ってたけど、かんじんの絵がつぶれたり刷りが悪くて掠れ汚れたり、こういうのはもう現代の本で見ればいいし、愛玩用だ!
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14394973.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14395040.jpg
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14575261.jpg
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14395046.jpg
北斎漫画の一巻になるのか、富士山がどう見ても変なとこに聳えてるの気づいた。山の見本をまとめて描くところに北斎がでてるんだなあ。
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14420461.jpg
虫類の細密画は海外の影響を受けた江戸時代の絵師の得意とするところだったけど、広重とかもすごかったけど、北斎は戯画の範疇の見本ということはともかく、どうしても作家性が出てしまうような。墨絵のように一筆であったり、芋虫は漫画的だし、イモリ、蝦蟇は完全に北斎流のカクカクした描線。
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14402697.jpg
鬼だぞーこわいぞー
きゃー (この構図は他の絵師にもわりとよくあります)
土蜘蛛かなあ。碁盤あるし。
坂田金時は何を泰然自若と
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14412911.jpg
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14412961.jpg
木場、首尾の松と釣りの絵は少なからず、蔵前というと浅草御蔵かと思うが川の大きさがちがう。日本橋の蔵群だと川の大きさも近いけど、蔵のある堀割はどこも釣りの名所になりうるところだし、北斎漫画なので特定のモデルはないんだろう。
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14420344.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14420390.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14420392.jpg
羅城門に証拠の札を立てる渡辺綱。「肝試し」の元祖かもしれない。このあと兜を奪われ鬼と闘う。どちらが正しいか別なのかわからないが一条戻橋の茨木童子が同じ鬼として、腕を落とされる。茨木童子は酒呑童子の家来とされる。取り戻しに来る話ものち類型が民話化していく。しかしこの本摩耗が酷いw北斎
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14441041.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14441001.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14441118.jpg
羅城門跡
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14441100.jpg
近辺生地伝承のある綱坂
韓志和、木鶴大明神。杜陽雑編に見える渡唐の木工が飛騨の匠であるとの説が江戸時代に有力になり、大明神として国分寺に祀られるまでになった。日本へ戻ったという匠の木彫なるものも存在する。鶴に乗った人のイメージは当時仙人の典型的な姿で、江戸では空飛ぶ小仙人の都市伝説にもなった。
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14480294.jpg
うぶめ
頼光四天王のひとり、平季武がうぶめの渡した赤子をそのまま持ち去ってこらしめたという今昔物語集に基づく話
姑獲鳥伝承が既に平安末期から中世に存在したことがわかる
和漢絵本魁、絵手本 より
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14504368.jpg

秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14504418.jpg
これは何だろう?と思った。足元をよく見ると摩耗しているがこれは、馬?…宿許筒?ムラは真田幸村。真田幸村の馬上宿許筒は最近日本に戻り展示もされていると聞く。銃芯が太く短い連射銃で形は違う。北方の洋装に見えるので歴史ではなく馬上射撃を単に村宿許と呼んだのか。北斎っぽいけど何故、、、
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14492542.jpg
摩耗ひどすぎ
龍に餌付け?
秋らしく芸術に安っぽく浸る≫藁蛇祭礼、北斎描く頼豪鼠、土蜘蛛、木鶴大明神、姑獲鳥、北斎漫画、浮世絵の「パクリ」、城ベスト、村宿許2019/9/14-17twitter_b0116271_14315410.jpg
1997/12【足利アルプス】奇妙な名草巨石群~北斎ワールド行道山ハイキングコース・足利学校鑁阿寺水使神社【石仏さんぽ】_b0116271_14573291.jpg
諸国名橋奇覧 足利行道山くものかけはし
1997/12【足利アルプス】奇妙な名草巨石群~北斎ワールド行道山ハイキングコース・足利学校鑁阿寺水使神社【石仏さんぽ】_b0116271_16210098.jpg
清心亭の風情よ(実際の天高橋の感じは前掲写真くらいなのかな)。
1997/12【足利アルプス】奇妙な名草巨石群~北斎ワールド行道山ハイキングコース・足利学校鑁阿寺水使神社【石仏さんぽ】_b0116271_14573348.jpg
1997/12【足利アルプス】奇妙な名草巨石群~北斎ワールド行道山ハイキングコース・足利学校鑁阿寺水使神社【石仏さんぽ】_b0116271_16351361.jpeg
北斎漫画7篇

北斎漫画7篇 どこだろ

2020/8/29【沖縄断念】今年は横須賀走水神社・御所が崎の弟橘姫伝承と2つのビーチ、浜辺のスーパー銭湯【学生時代のかんじ】_b0116271_16422237.jpeg

コロナを恐れて室内作業ばかり:謎の古写真について・疫神の詫び証文など・昔撮った写真・資料2020/3/1-7_b0116271_14264243.jpg
牛島神社の焼失絵馬と同様の図

1829年北斎で非公開だった北斎版本下絵がずらっとでてくる。迫力ある。 

Collection search | British Museum

www.britishmuseum.org/collection/sea


万物絵本大全図版下集(文政12)、北斎漫画などと共通のものも含む和洋唐ごった煮だしあくまで下絵だが、版本と比べ物にならず線の迫力凄い。為一老人という名前で富士山の印影がある。これはぜひ大英博物館デジタル(日本語検索可能)で。蓮の上の亀!眉間尺!鵬の卵で雨宿り!軒瓦上で鼬、鼠取る

【今昔東西迷信紀行】江戸三大流行神を収集しよう【安井金比羅宮、茗荷稲荷、将門塚、首塚、日本橋翁稲荷、お竹墓、赤紙仁王】_b0116271_23402711.jpg
(春秋戦国時代、眉間尺という丈夫が、楚王に騙された刀工の父の仇を取ろうとして逆に追い詰められる。父の友人と会い、名刀をもって自ら首をはね、刀を与えるから仇に持参するよう頼む。しかし首を失った体は怒りで立ったまま。友人が安心しろというと崩れた。楚王へ首を届けた友人は丈夫であるからと釜茹でにすることを進言する。しかし三日三晩煮たところで崩れることなく楚王の方を睨み続ける。友人が直接目を見れば溶け落ちるでしょうと言うと楚王は釜を覗き込む。背を押すと落ち、復讐は果たされたのである。)

北斎の画稿(大英博物館が購入)山海経ネタないし故事奇談と中国や琉球台湾朝鮮などのものが目立つ。博物学的版本だったのか、絵物語だったのかわからない。木乃伊又は蜜人、とあるのは当時ミイラの没薬を漢方に使った。顔の沢山咲く木は笑い過ぎると全部落ちると。胸穴国と轆轤首の火をわたすのが良い

北斎は良い。このへんは余白のとり方に余裕がある(台紙どうこうでもなく)。騎龍観音は挿絵的なこじんまりとしたところがある。猫はユーモアがなく写実の芙蓉を絡め一枚絵的なまとまりがあり、似たものには裁断されたようになってるものもある。比べ山嵐は標準的な図鑑風。月を取る絵は芳年的な画題。

問題の龍宮城で、琉球か、とある。北斎が琉球八景を描いた天保3年は本画稿(1829)の3年後になり、石橋部分が長虹秋霽に似るとはいえ構造や宮殿は原本とされる琉球国志略にもなく、何が原本かは私めのような者にはワカリマセン。長虹こと海中道路の跡は戦前までは辿れたが今は陸上の裏道になっている。

むろん位置関係から建物は首里城の意味かもしれない。

興味は尽きないのだが何かを読んで書いていて、しばしば意味がわかってないかもしれない。北斎漫画でも行ってない場所や文物は固い描線で写し感が強い。集中線の謎として猪の膝?落雷は迫力。博物学書物によるだろう妖怪、犬人。巨人の描写も珍しく感じた。

普通に考えれば猪は銃撃された表現だろう。落雷同様、雷そのものを描かない、もしくは手前に垂直に設定し省略する。ついでに北斎が製図用具を使った跡があるもの(他の画稿にもある)。直尺?幻獣は2枚目は故事、他は山海経関連だろう。

中国の厄除け。元旦に爆竹を鳴らし山わろや悪鬼を避ける。元旦桃符のお守りを門戸に貼り悪鬼を退ける。

なんだか図鑑というより画面からはみ出すのでウィリアムモリス的デザインに見えるスパイス図。サフランはサフランなんだなあ。当時国内生産はなし。

インドの砂嵐。「流砂川」という。

北斎すげ

他にも同様の図像があるが、鮫人はなんかの漢籍にあったような。機を織り涙が真珠になるとかなんとか。北斎の描く超自然物は手足の指が象のように厳つくなるが、ネズミの如しというものも爪がひどい。大魚の体内に入って食い荒らすという。元ネタ知らん。


飛加藤(鳶加藤)の洒落だったのね。何でも飛び越える幻術の使い手、加藤段蔵。

20190901-13その他twitterまとめ日記;池上本門寺首吊り坂、13日の金曜日ジェイソン大喜利、台風_b0116271_15375325.jpg
20190901-13その他twitterまとめ日記;池上本門寺首吊り坂、13日の金曜日ジェイソン大喜利、台風_b0116271_15375358.jpg

飛加藤ってマイナーなのか、誰も見ない。歴史なのか文学なのかジャンルわかんない人だもんな。貧乏神(明治初期の大阪本)の元ネタが知れてよかった。北斎。

参考

松林蝙也斎、飛んで刀を踏み落とす
その師匠の一人とされる鍋蓋(武蔵との一場面)
2019年末:12/24-31twitterまとめ:大型娯楽時代劇YASUKE、飛び剣術、温泉富士塚テレビの年末_b0116271_17530206.jpg

2019年末:12/24-31twitterまとめ:大型娯楽時代劇YASUKE、飛び剣術、温泉富士塚テレビの年末_b0116271_17530286.jpg
怪談とウォーキングと深夜ラジオと病気と:2019/10/2-4twitterまとめ_b0116271_15182361.jpg
立膝座りを石仏から見る、澤蔵司稲荷、道切りやりたい、過去写真を見て自由を思う2020/3/17-18_b0116271_15371282.jpg2018/5/29-6/5川村北斎は実在したのか?招き猫の墓?大泉学園お松さまの墓?大田区史に鈴石は載っていたか(九段坂写真追記)?_b0116271_20351969.jpg
累が渕、表紙には鎌のデザイン。
日記>新北斎展、北辰三星、二子、アトム風魔笛、なろうにアカウント作ってみる;2019/2/19-22twitterまとめ_b0116271_18492943.jpg

<内外古今逸話文庫(博文館)所収の葛飾北斎話のソース>

気分転換に昔よんだ本めくったら北斎先生の話がかいてあった。葛飾為一(北斎自身為一を名乗ったこともあるが売ったか譲った)なる人物の書いたコラム。画帳にサインを求めてきた二人組に渋々応じた北斎、去る後から「他人がもし北斎の家について聞いてきたら清潔華美と答えろ」と言ったとか
京浜伏見稲荷のふしぎな狐たち、江戸城馬場先門古写真、葛飾為一氏による葛飾北斎の話:2019/1/16-22ツイッターまとめ_b0116271_16412461.jpg
京浜伏見稲荷のふしぎな狐たち、江戸城馬場先門古写真、葛飾為一氏による葛飾北斎の話:2019/1/16-22ツイッターまとめ_b0116271_16412476.jpg

最後の文は著作権の始原的な考え方ぽく、明治臭くて眉唾かなー。北斎が画工の軽んじられる風潮を嘆いたもの。道具屋は古物商のことだろう。

春の木馬場は榛馬場でしょう。
京浜伏見稲荷のふしぎな狐たち、江戸城馬場先門古写真、葛飾為一氏による葛飾北斎の話:2019/1/16-22ツイッターまとめ_b0116271_16414091.jpg

露木為一(この絵の筆者)の文章としたらえらく出来た話だけど、明治26年に没してるので偽造でなければ遺稿かな。

明治26年9月編纂とある。微妙。
葛飾北斎伝(飯島虚心)も明治26年9月。この符合は何だ。
飯島虚心の話を記名で引用しているものがある(「葛飾北斎国威を失せんを恐る」)ので前後関係は葛飾北斎伝→この本ということになるか。談話かもしれないが
編纂が明治27/11までかかっているので少し後、ひょっとすると新刊目ざとく拾っただけなのかもしれない。

最後までいくつかの話をチェックしたが恐らくほとんど葛飾北斎伝かそのネタ元由来と思われる話のつぎはぎ(文章まで一致する)。大達磨絵の話が2つあり江戸護国寺と名古屋の2箇所、また巡業のようにあちこちで描いていたとある。これも虚心かいてたよね

虚心が露木氏談として記した葛飾北斎伝の部分をざっとみた。蝨の前後は露木氏の絵でも触れられ文章に見覚えがあるので写しか再話だろう。馬琴との諍いは虚心が長く書いている中でもオーソドックスな民話で露木氏は本当にこの説をとったのか疑問。末尾の画工説だけは不明。句は有名。

編纂者自身の取材以外は出典か出典の筆者名を明記すと胸張って書いてあるのでこの文章は引用だとおもう。

サインの話あった。岩波文庫版葛飾北斎伝では92ページ。しかしこれも引用。元ネタは絵画叢誌20巻6ウ。虚心の誤記のある文章ではなく原文から引用している。このコラムもつぎはぎで、最後の画工説だけ露木為一氏の何かからの引用なのだろう。

by r_o_k | 2021-03-12 11:55 | ご紹介 | Comments(0)