【江戸伝説】巨大船安宅丸の魂と御船蔵、新大橋探訪と広重の想像力【まとめ】

江戸初期の伝説的な巨大船安宅丸は解体後、江戸時代のうちに既に諸説入り乱れる状態となっていた。おばけ話の尾ひれまでついた~
【江戸伝説】巨大船安宅丸の魂と御船蔵、新大橋探訪と広重の想像力【まとめ】_b0116271_00320181.jpg


秀吉の命で建造された無茶な巨大戦艦安宅丸は各地の名木神木を無理やり斬らせて作らせたが、実用に余り向かず勾留されるまま水漏れなど整備不良が目立ったきたため結局解体され下々にさげられた。しかし魂のひときわ入ったこの船には、たとえば拘留中勝手に流れ出し故郷に戻ろうとしたりなど奇妙な噂があり、神木関係でよくある話だが、この板を払い下げられた酒屋、穴蔵の蓋にしたが、同時に召使に何者かがとりついて言った。「我は安宅丸の魂なり、はばかりもなく穴倉の蓋にするとは汚らわしい庶民に踏まれたくないわ。一人ひとり取り殺していこう」あわてて女の頭をこづき、侘びて作り変えたら収まった。安宅丸は神格を持っていて今でも祀りをする神社がある。(新著聞集)

怪物図録・安宅丸の呪い_b0116271_31126100.jpg
36.あたけ丸の船
元親記下巻高麗陣の条に毛利殿の日本丸九鬼大隅守の大アタケ元親の大黒丸此三艘は山の如しと云々 あたけ丸の事江戸砂子江戸志などにいひたるを考合すべし 武家盛衰記二十九安宅丸アタケとは大船の名也 甲陽軍鑑八巻十七品四丁甲州海賊衆の事をいへる条に小浜はあたけ一艘小舟十五艘と有(松屋筆記五十八巻)
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_11582102.jpg
佐藤隆三氏によれば家康が三浦按針に命じて造らせた巨大洋船は見事で安宅丸と命名。按針再三英国帰国を願い出るも有能故叶わなかったが没後安宅丸、夜な夜な帰りたいと泣き始め秀忠が解体。板金を酒屋が穴蓋としたところ用人に物憑き我安宅なり下民に踏みつけられること耐え難く一々取り殺さんと言うので慌てて除き詫びると抜けた。今は祠に祀られている。また豊臣秀吉が作らせ云々の説については新著聞集によるもので似ている(以前書いた)。藤岡屋日記には後北条が造船した軍船を豊臣が奪い、徳川に渡って寛永十二年下田から江戸へ曳航され改めて装備を整えられたが、天和二年解体され安宅という地名(岡場所)になった、としているようだ。実際は真田三代記などにある、家光が向井将監に命じて作らせた「和船」であり100メートルに及ばんとする巨体、かつ華美でかつ重装備過ぎ実用に供さなかったことから維持費の問題もあり50年で処分の憂き目にあったようである。伝承のみならずさまざまな形態・大きさの絵等が古書にみられるが、安宅御船仕様帳の記述などが忠実とされている模様。wikipedia参照。

2つの安宅稲荷〜
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_14421995.jpg
妙泉寺、安宅丸御玉稲荷堂(江戸川区)安宅丸解体の際、守護神(船玉)を抜いておさめた(ろくに出航しなかったので一度も沈まなかったことから、お札も発行されている)。稲荷を頂き商売の神様となっている。
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_14425359.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_22535521.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_14434009.jpg
屋根に波の意匠がある(寺社彫刻の波は火除けの意もある)。参考:川崎・苅宿八幡宮
2020/6/8conc.-11pm12:39梅雨来た;奈良界隈・二上山堂宇スキャン写真、十輪院宝蔵(東京)、苅宿八幡宮の力石、ネット事件簿_b0116271_15132653.jpg

解体されたのは深川沖で、その岸に大規模な幕府の船蔵群がありつながれていた(俗に唸り声をあげ解体後呪った)ことからそちらにも残骸の安宅塚と共に安宅丸稲荷が作られ地名にも江戸話にも出てくる。今は元位置は不明だが移転し小さくて個人所有の模様(江東区新大橋2-5-9)。
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15335214.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_21075501.jpg
表現の不自由展騒動に反アートの気持ち強くなる、伊藤晴雨さいご、御船蔵跡・安宅丸稲荷訪問:20190805twitterまとめ_b0116271_12181280.jpg
:安宅丸稲荷(左緑青屋根)現在は高い塀により全く中が伺えない。

怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15343194.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15364551.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15382592.jpg
:安宅丸繋留地跡(安宅町一丁目あたり、新大橋橋詰近辺)から御船蔵跡
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15422103.jpg
:御船蔵跡(新大橋橋詰)
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15432532.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15435741.jpg
:御船蔵跡(竪川側北辺)
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_20584998.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_20590348.jpg
〜御船蔵と繋がれた軍船(安宅丸の写真とされていたもの、単に大きな軍船を安宅丸と通称していたとする古文書もある。安宅船の呼称などややこしい。)
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_17065345.jpg
〜大正10-11年「珍奇集」2集収録の御船蔵配置図と同写真。この資料によると「天地丸」だそう。
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_17084696.jpg

怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_10000352.jpg
尾張版江戸切絵図より(幕末)御船蔵の対岸(一番上)に御舟蔵前町の字が見える。船蔵の間に安宅丸御船塚があったという。
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_10014344.jpg
明治16-17陸軍省地図より(船蔵が埋め立てられ安宅町となった。御舟蔵前町はそのまま。)
〜安宅丸稲荷(安宅町2番地、のち現在地へ移転)や塚は地図上は確認できない。小さかったのだろう。「安宅丸繋留地跡」碑は現地にある。(前掲)
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_10193894.jpg
goo地図より引用。新大橋の稲荷の現在はここ。
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15460661.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_16034635.jpg
(船蔵の屋根がはっきり出ているもの。橋の位置がずれたことがわかる。)
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_15483118.jpg
:広重「名所江戸百景大はしあたけの夕立」
当時の大橋は現在の新大橋と200mずれている。当時の御船蔵のすぐ横(安宅町)に架かる。
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_16044260.jpg
:清親(明治九年)
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_16050923.jpg
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_16051768.jpg
:「明治の東京写真」より明治初期、上が最古の写真か 橋向こうに櫓がある
ちなみに清親が明治14年に描いた新大橋のポンチ絵。初期作品とも言える前作のセルフパロディ説があります。
怪物図録<安宅丸の霊(御船蔵現地情報写真追加)、高岩寺小僧、與兵衛狸、加藤狐、もと猫、恐山死霊の湯>_b0116271_00052531.jpg
江戸散歩もうそろそろ終わり<亀戸逍遥、御竹蔵安宅丸残り>アートも終わり、護良親王の首TV(キャプ写真追加)、風俗画報沖縄編、広島・長崎慰霊の日:20190809twitterまとめ_b0116271_12223423.png


by r_o_k | 2021-03-08 23:52 | 不思議 | Comments(0)