揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

【岩倉具視襲撃】岩田さんと先祖の災難と赤坂喰違の変(まとめ)

【岩倉具視襲撃】岩田さんと先祖の災難と赤坂喰違の変(まとめ)_b0116271_14180939.jpg
【岩倉具視襲撃】岩田さんと先祖の災難と赤坂喰違の変(まとめ)_b0116271_23182909.jpg

赤坂喰違の変

紀尾井坂の大久保利通暗殺の前哨ともいえる事件。明治七年一月十四日岩倉具視を狙った旧土佐藩士による暗殺未遂事件。武市熊吉をはじめ9人が検挙され、江戸以来の武士の方法で伝馬町において処刑されている。九烈士の墓は後になって高知の名士により建てられたもので現在は中野上高田にある。前年の征韓論争で西郷隆盛、板垣退助らが退陣したことが、征韓論にとどまらず常日頃より不満を持つ旧士族の不満を昂ぶらせた。若い下級士族である。特に西郷板垣らと共に軍官職を降りた一部土佐藩士より岩倉、大久保は恨みを買い、うち岩倉が赤坂離宮帰りの喰違坂で襲われることになった。諸説あるが夜間のことで狙いが定まらず、軽傷を負わせるにとどまり、崖下に見失った結果命拾いさせた。「明治百話」に岩倉を背負って運んだ話がある。
【岩倉具視襲撃】岩田さんと先祖の災難と赤坂喰違の変(まとめ)_b0116271_00473819.jpg
岩倉は精神的にダメージを負ったといわれるが、大久保は不平分子の排除を重視しすぐに事態を収拾すべきと3日で九人を検挙させた。九士石碑銘文によれば西郷隆盛方は死は免れえないまでも、寛大な処置を望んだという。だが刑死者の墓標を建てることすらはばかられ、遺体は戻されなかったと聞く。
歳時記:2017年春〜夏 深川、駒込、赤羽、日本橋、茅場町、調布、目黒、谷中、維新の動乱追記_b0116271_16470276.jpg
歳時記:2017年春〜夏 深川、駒込、赤羽、日本橋、茅場町、調布、目黒、谷中、維新の動乱追記_b0116271_16475652.jpg

正式にはこの九士之墓が同事件に連座した者の供養塔となっているが、しばらく時をおいてそれぞれの遺族がそれぞれの田舎に墓標を建てている(調べてらっしゃるホームページがあった)。しかし、九人全員に身寄りがあったわけでもない。当時は身寄りのないものが率先して死ににいくような時代の気風が残っていた。最初の写真はうちの墓にある「岩田さんの墓」。ここに連座している「岩田正彦」の墓として、先祖が建てたと聞いている。「彦」を「寅」とし少し削っているのは、この墓標を建てる時点でまだ供養が許されていなかったのか、烈士の最年少であることから正しい名前が伝わっていなかったのか、理由ははっきりしない。単純な彫り間違いかもしれない。

この頃官軍方として上京していた先祖が、理由なく高知に帰って貧乏な生活をしたといい、長男が一時的に勉強に上京することはあっても、日露戦争で軍医として出るまでよくわからない肩身の狭い状態にあったのは、赤坂喰違事件に関わった家すなわち岩田の人の嫁ぎ先だったせいという。戻ったところで山奥の庄屋だったので維新で禄を失い、米を取り立てた幕府方と見られ嫌われて(師事していたシーボルトに会う岩崎に路金を融通するくらいの立ち位置だったと聞いたけれど)、最終的に道楽者が陽暉楼から毎晩芸者を呼んで家屋敷とも全財産を失い借金を祖父の代まで残した(先祖の日記では好人物となってる)、ということなので地元で好かれるわけもますますなく、私が行くまで屋敷のあったところと代々の墓は顧みられなかった。このことを知っている人もほとんどいなかった。

うらみの向けるべきは東京を落ちなければならなかった原因の岩田さんという気もするが、生まれた時からここにある「なぞの人」として親しみがあり、嫌がる身内もいたが今は花も手向ける。もともと身寄りなく天涯孤独とのことだったが最近親戚筋であることがわかったので、改めてここに記録しておく。長々と私的なことご容赦。

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16264466.jpg
下駄じゃない!

以下、日記より(重複する記述や写真はご容赦・・・)~

2010
今日は明治大正の古写真沢山見て強烈だったなー。今のプリントと違い凹版みたいな立体感のある描写、繊細な線、まさにセピアだが克明で、綺麗なこと!補正なんかしてない。小さい頃よく見てた古いアルバム、確かにこんなだった!黒い台紙、大小様々なサイズ。人も皆かっこいい。芸術だ。

軍人と役人ばっかなので事情により引っぺがされてるのもリアル。建物も会合の様子もいい。ま、文士の会合のがすきだけど。それにしても伝承はいーかげんだ、じつに。いつかまた城下の県立図書館にいくべし。幕末明治初の血生臭さから地続きなアルバムだった。頭痛くなった。

赤坂喰違の件も明らかにしておかねばなるまい。絶えた家とはいえここまでかかわっているなら仕方ない。系図まであずかっているとはなー(頭痛い)。しかし系図に日記を書き込むなよな。て、事後、何とかよしなに持ってくため幕末戦功一々書き込んだのが真相のよう。牛込にあった寺に色々あるらしい。

posted at 23:12:45

2018
明治七年赤坂喰違の変。岩倉具視襲撃の現地に未だ行ったことがない。グーグルと宮内庁明治六年…こりゃ闇夜じゃ転ぶわ下駄なくすわ堀に転げ落ちるわ。急進的征韓論は全く嫌いだが。九士之墓の西郷隆盛の文字。許された後 https://pic.twitter.com/7A7O4rmINk
2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16184576.jpg

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16184698.jpg

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16184689.jpg

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16184609.jpg
概略はこれ→
2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_17053132.jpg
【岩倉具視襲撃】岩田さんと先祖の災難と赤坂喰違の変(まとめ)_b0116271_17054856.jpg
赤坂喰違の変、いまさら現場に行ってみた。ホテルニューオータニのとなり。戦災瓦礫で真田堀は埋められた。しかしかなりの深さ。岩倉具視が転げ落ちるには結構リスキー。赤坂御門の至近のあけすけな土橋、しっかり残る喰違のクランクに隠れてたんだろうなあ。 https://pic.twitter.com/zfderCPn4W

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16292259.jpg

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16292384.jpg

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16292392.jpg

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16292366.jpg


posted at 16:19:19

さきほどは岩倉具視関連で真田堀と対照しましたが、おそらく写っているのは紀伊国坂と思われるのでこちらの逆側のが堀の形状からも正しい角度と思ったりもします。赤坂喰違坂のどちらか。 https://pic.twitter.com/MwfUES3iU4

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16294289.jpg

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_16294384.jpg


posted at 16:25:28

根拠を補足するなら逆側となると防塁が高く積み上げられております。今は上智の学生も憩う非常によい散歩道が上を通っている松並木。外側に道の通る余地は無いのです。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1000639108035756033…

※後註、泥絵に「赤坂喰違」という題のものがある。「泥絵で見る大名屋敷」平井聖、浅野伸子(もと渡辺紳一郎コレクション)学研、本文には正面は紀伊国坂とあるが土橋の番所および掘割の描き方を見るに題どおり喰違坂を坂上に向かってのぞむ(喰違すなわち枡形構造を向こう側に見る)絵で、泥絵特有の歪みないし誤りが混乱させているが、時期は幕末維新とみられるためほぼ写真や事件と同時期に、より現場に即した角度で(岩倉具視が午後八時に向こうへ向かって登っていく角度で)面白く見える。泥絵はスケールが大きく描かれるが、喰違橋は起点が判別しづらいが番所からするとこのくらいで、堀は小さいのに対し、大名屋敷の壁がやけにながく、喰違左右の土手も低く横長になっているので(右土手などわかりづらく先の道とくに左土手手前をいく道の存在は変なので紀伊国坂と混交しているようにも思う、ここは調べれば番所、火の見の位置から検証可能だろう)そこは違う印象。
2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_11211110.jpg
泥絵の色彩感がスキャナの補正を強くしてしまっています。もっと薄いです。

(後補)直接見えませんが。
2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_15283695.jpg
ザ・ファー・イースト掲載の明治初期の写真。日枝神社(山王神社)前からの風景。左手堀向こうにまだ仮御所として天皇の入っていない(従って明治6年より前)荒廃した紀伊松平家屋敷跡のばらけた森がある。右手大きく張り出すはは井伊家屋敷か。この向こうに赤坂喰違坂があるはず。蓮に覆われた、思ったより緩い勾配の堀畔が伺える。

2018/5/23-28赤坂喰違の変現場検証・妖怪画追加(メイン記事リンク、古写真追加)、高輪大木戸古今、新橋古今、北斎追求、神戸古写真判明、ああ何もなき日を望むのに動き回る。。_b0116271_15264782.jpg
名所絵・役者絵・物語を組み合わせ各名人に描かせた(河鍋暁斎も描いているがホント一枚一枚一部一部ばらばらの絵師が受け持ち一部敢えて役名を違えたりなど無許可での販売だった可能性もある)張交絵(はりまぜえ)「江戸の花名勝会」より五番組ま「喰違」には二代広重の土橋が右下に見えるが、真ん中に流れる火の玉のようなものは「縊鬼」といい、この辺りに現れた水死人?のお化けだという。
「反古のうらがき」最後の話が喰違御門内の縊鬼となっている。他にも書かれたものを記憶している。土橋は御門内にはあたらないが恐らくこのあたりに噂があったのだろう。

ファーイースト写真は原版に近い精度の高い写真も残っているがこのくらいの画質だと、薄気味悪さ、陰気がよく伝わる。今はあけっぴろげに見えるが、明かりが少なく、なお夜となると物騒で格好の襲撃場所になったのだろう。
いつかまとめる赤坂喰違の変(の都合のいいとこ)「泥絵で見る大名屋敷」に紀伊徳川家中屋敷として「赤坂喰違」でてきた。しかしおかしい。正面紀伊国坂で曲がりながら遠く海鼠塀へ。右折が喰違坂の土橋で門、枡形とあるが土手は?真田堀は?これ番所先は喰違坂そのものじゃないの?泥絵特有の矛盾も? https://pic.twitter.com/ycLCTEJKCp
2018/6/6-11(外国の写真集、懸樋(亜欧堂田善)と森山うなぎ店関連追記)泥絵にまみれてとくに何もなき日々の記録に水道橋写真(地図追加、広景の戯画と元ネタ北斎漫画)、御嶽社_b0116271_14451420.jpg

赤坂喰違の変の岩田さん。名前は彫り間違い。カラカラに乾いてるけどまだ少し待ってくれ。 https://pic.twitter.com/mqMXr2c2fo

2018/8/13-8/16墓参り、日本三大磨崖仏、終戦記念日、黄檗宗寺院建築、古写真対照つづき:ふつう日記_b0116271_11505859.jpg

西郷どん赤坂喰違の変やったのか。大した話ではないけど血の気の多い土佐らしいつんのめった襲撃事件で、夜8時にこの薄暗く淵深い気味悪い土橋では急坂転げ落ちて朝まで浸かってるのもやむない。ここは縊鬼が出、紀伊国坂は重箱お化け、煽りを受けた先祖は長年冷飯喰らい。明治は厳しい。 https://pic.twitter.com/EoaTUuBcH2

江戸名所・明治で遊んでみる:道灌山の雲雀、鎌倉大仏を売る、天王寺下衣川はどこ?、パクリ江戸名所絵6枚、紙玉西郷、急転不調;2018/11/20-28;twitterまとめ_b0116271_13333121.jpg

江戸名所・明治で遊んでみる:道灌山の雲雀、鎌倉大仏を売る、天王寺下衣川はどこ?、パクリ江戸名所絵6枚、紙玉西郷、急転不調;2018/11/20-28;twitterまとめ_b0116271_13333132.jpg

しがんでも何も味しないので調べません。紀尾井坂でも調べたほうがよか。 https://pic.twitter.com/IgTWkUeoRb


明治百話読んでたら赤坂喰違の変でてきたな。というかこれが一次資料に近い証言として伝わってるんでしょうが、現地行くとけっこう実感できるよ。岩倉具視けっこう落ちてる。戦後瓦礫で埋め立てられたから翁を助けた岩は跡形もない。そして明治百話に岩田さんの名前は省略されてた!若いからな。。


<参考文献「赤坂喰違の事変:征韓論余聞」(昭和2年)引用による総括めいたもの>
※国会図書館デジタルに入っている
いいかげんまとめればいいんだけどさ。赤坂喰違の変の首謀者の一人が岩田さんで、書生日記の親戚(この写真中にいる)の奥さんの家だそうで、明治22年大赦時西郷隆盛らと共に復権。建碑出費しているが最初刑場から牛込の同寺へ運び合葬した木柱にはもう一人の兄が出資。よくわからん。目が鋭いイケメン https://pic.twitter.com/IGpvHYxMXg
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14284190.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14284293.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14284200.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14284206.jpg

あきらかに板垣守正氏がいる。
posted at 14:02:57
泉寺は東中野(野方村)に移転した。それにしても人相が人斬りそうでこわいな、、、とくに鎧の人の目
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14291833.jpg
現場に下駄をのこしたため御用となった首謀者の武市熊吉さん
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14291821.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14291845.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14291976.jpg



赤坂喰違の変も成功してたらかっこうがつくが。裁判もせず拷問で吐かせ首切って遺族含めすべての権利を剥奪した。岩田さんは岩倉具視の駕籠の背後から刺し軽傷を負わせはしたらしい。 https://pic.twitter.com/oJJNIfIDVP
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14303095.jpg
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_09275489.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14303025.jpg

図(写真(御所入口が見える)と方角的には逆)がわかりにくいが生なましい。赤坂喰違現場。 https://pic.twitter.com/71K9nLes8l
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14310697.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14310627.jpg

拷問九度(段違いに多い)岩田さんの供述 https://pic.twitter.com/TOsBGSLZm4
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14312924.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14313094.jpg

【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14313031.jpg

参考に、明治百話から岩倉大臣の視点。 https://pic.twitter.com/NlbdwwHxH2


テロはいかん。
岩田家は断絶してこの人の墓石だけ祖父が引き取ったときいてる。でもおそらく遺体は合葬墓に土葬されてあり(郷士とはいえ武士ということになってるので首は縫い継いだそう)、寺が牛込から中野に移転したとき下物は置いてくのが通常だから、骸魄はどこかの商業ビルの下に眠っているかもね。。
posted at 16:16:32
<書生日記より(岩田家から嫁いだ先)>
酒宴に現れた老婆が赤坂喰違の変に関わっていたと。岩倉具視刺客(のちの日記筆者の奥さん親族を含む)の下宿はこの老婆の家だったと。始まる感じ。 https://pic.twitter.com/2EayqyHjJ0
【赤坂喰違の変情報】【絵金白描】竜泉大音寺・吉原弁天【明治日記つづき】20190517-20twitterまとめ_b0116271_14390425.jpg

長崎原爆史跡被害拾遺・冷水茶パック評・下町ってどこを言うの・江戸の看板・昭和初期マンガ・戦争を記憶に;20190813twitterまとめ_b0116271_11122035.jpg
赤坂喰違坂の変,九士の墓

谷干城が直接撰を書いてない可能性がでてきた(そもそもこれは彫り直しなのは間違いない(木柱だった))


<漫画(昭和初期)>

お盆らしくないけどお盆墓参り、昭和初期漫画、ビゴーの差別、戦争の重い話題、タピオカ:20190820twitterまとめ_b0116271_17123725.jpg

by r_o_k | 2021-03-30 00:48 | 旅行 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30