揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7

江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23171817.jpg
<関東>
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_22574524.jpg
歳時記:藤沢宿 遊行寺の小栗判官遺跡(明治初期写真、同一アングル追加)と江ノ島展、義経の首洗井戸など-2017/10/8 リンク
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_22574591.jpg
ファーイーストを読破しようとして疲れる、遊行寺で旧盆らしい寺宝(記憶で書いた)、戦争文集、絵金、金閣寺…2018/6/26-7/2~札の辻(元和キリシタン処刑場)、絵金の春画、金閣寺拱北楼付き写真、日本初のフリーメイソンロッジ、遊行寺宝物の不思議、五百羅漢寺古写真、おじぎ古写真、伊勢神宮古写真、目黒不動・権八小紫比翼塚(現在)、東北古写真、ザ・ファー・イースト写真・物乞いの比丘尼、生麦事件現場古写真、中学生強盗(昭和三年新聞記事)、与那国島、遊行寺小栗判官遺跡・寺宝など現在資料https://okab.exblog.jp/28421547/
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23060670.jpg

江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23060607.jpg
見て歩く者[ 2009-01 -17 22:46 ]鎌倉 建長寺半僧坊
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23171778.jpg
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23171707.jpg
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23171859.jpg
「2013/8/4鹿島心霊ツアーの形をした何か!(古写真追加) 」鹿島神宮水上鳥居(一之鳥居)、鹿島神宮・要石、御手洗池、高千穂神社「鎮石」、犬吠埼、西宮神社・金刀比羅神社および稲荷神社の合祀社、屏風ヶ浦「鹿島神宮のナゾの石(小ネタ)」いまだにこのての民間信仰(性神)が残っていることにびっくり。
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23171851.jpg

/////
<関東東京オムニバス>
江戸東京怪異めぐり(関東)2005-2019/7_b0116271_23171791.jpg
葛飾北斎ミステリー:墓が二つあった北斎、兄妹、最後の転居、供養と信仰の寺は別、房総の初代波の伊八と間接的交流・彫刻から得た描画手法?
高尾太夫二代目、万治高尾の陰惨な死の伝説から、遥かな実像を足で追います。
関東周辺の「人工洞窟」について
「十三塚考(長命寺十三仏、石神井池姫塚)」正福寺十三仏石仏、多摩川台古墳群、常盤塚、駒留八幡神社女塚社、平尾十三塚、藤ヶ谷十三塚、長尾の五所塚

/////
<東京>
お狸さんにごあいさつ[ 2008-01 -17 15:35 ] 浅草 妖怪鬼婆の池[ 2008-01 -18 02:11 ] 浅草

<江戸怪異散歩>



「歳時記:7月~11月 北斎さんの足跡、本所・両国・浅草・押上:小塚原の塚はどこ?:大江戸幕末反魂丹 2016年(写真追加)」twitterまとめ回向院(鼠小僧供養墓)、北斎旧居跡、北斎生誕地(本所南割下水)、北斎没所(遍照院)、北斎墓(誓教寺)、キリシタン灯篭、野見宿禰神社、吉良邸跡、勝海舟生誕地、芥川龍之介生育地、旧国技館跡、山東京伝墓、猫塚、大妖怪展、考古発掘遺物、浅草寺、招き猫、今戸神社、円通寺、浄閑寺、本庄兄弟首洗い井戸、小夜衣地蔵、新吉原供養塔、目黄不動、木村屋、江戸六地蔵、源義家の駿馬塚、山谷堀、三ノ宮卯之助の足持石、高橋お伝、腕の喜三郎、彰義隊士供養、コツ通り、素戔嗚神社(飛鳥明神社)、瑞光石、谷中全生庵、長安寺、仮名垣魯文墓、蘇民将来、永久寺猫塔、不忍池、瑞厳寺展、甲賀仏像展、浄名院八万四千躰地蔵、不忍池聖天島・ヒゲ地蔵、曹源寺のかっぱ堂、柳島妙見堂(北斎信仰)、北斎美術館開館、東京都慰霊堂
長命寺・奥ノ院井戸と東高野と石神井池・三宝寺池・姫塚殿塚;2018/7/10-16 ~東高野山長命寺石仏群・奥ノ院姿見の井と石神井池・三宝寺池・姫塚殿塚探訪記、花嫁市とは、長命寺古写真、宇賀神社洞窟、戦後両国回向院将来大地蔵https://okab.exblog.jp/28477181/

<ちょっと怪>ピンポイントの旅。
「2010-01-21 品川・鈴が森ちいさなtwit旅(涙橋、磐井神社古写真、鈴石写真補完) 」海晏寺の砲弾えんま、願行寺のしばられ地蔵、海蔵寺の頭痛塚(首塚)、天妙国寺切られ与三郎モデル墓、お祭り佐七墓、伝伊藤一刀斎墓(姿浮き出)、磐井神社烏石・鈴石、鈴ケ森刑場跡大経寺、北浜川砲台跡(坂本龍馬勤務)
「20110103新田神社twiっと旅(写真等補完) 」神霊矢口渡関連;とんべい地蔵、灰塚、大塚、新田義興胴塚、荒塚、三体地蔵、十寄神社、女塚、延命寺、兵庫島2011/1/3:新田神社twiっと旅(少し改訂版)[ 2011-09 -08 17:54 ]

東京下谷の根岸御行の松 伝説の「時雨の松」盆栽のような大木・・・今は失われた江戸大木の影
「歳時記:2月 目黒キリシタン探訪ほか 」海福寺文化四年八月十九日永代橋落下溺死者慰霊塔、武田信玄縁石塔、とろけ観音、おしろい地蔵、キリシタン灯篭残欠、元千代ケ崎島津藩邸のキリシタン灯篭(大鳥神社他)
「圓通寺(三ノ輪)と彰義隊士の墓、小塚原の由来」小芝長之助、土方歳三、近藤勇、天野八郎、三河屋幸三郎、旧寛永寺黒門、四十八塚(首塚)、上野彰義隊墓、素盞雄神社富士塚と瑞光石
「歳時記:(ベアト写真、ヒュースケン追加)10月、12月 巨大な芝丸山古墳と池田山公園、福島正則さん、忠臣蔵遺跡、坂本龍馬命日記念お龍姉妹(と龍馬義兄弟の海援隊士)通訳の神ヒュースケン先生と伝吉先生」twitterまとめ福島正則・正利父子供養塔(正覚院)、福島正則墓(小布施岩松院)おたまや、お龍さん没所(横須賀)、霊山神社坂本龍馬墓、光林禅寺菅野覚兵衛夫妻墓、ヒュースケン墓、ボーイ伝吉墓、襲撃地中ノ橋
「歳時記:【追記あり】6月 猫まみれ豪徳寺と志士の社、常盤の十三塚 2016年 」twitterまとめ猫の三重塔、銭守、松陰神社、井伊直弼墓、駒留八幡女塚社大黒天、鎌形手水鉢と道祖神転用
「歳時記:9月 豪雨の雑司ヶ谷彷徨うと狐塚 お彼岸墓そうじ 」twitterまとめ4代目橘家圓喬墓(法明寺墓地)、伝楠木正成息女墓、威光稲荷
「歳時記:7月 幸いと書いて幸神社の謎(銀座、大井幸稲荷追記)、東京タワーと石仏もろもろ妄想 2016年 」twitterまとめ芝公園の幸神社・秋葉原の幸神社祠・文京区幸神社、影向石、蛇塚、江戸縛られ地蔵(茗荷谷の林泉寺、品川の願行寺)、海雲寺の平蔵地蔵、電燈講、仙台坂
「歳時記:2017年春夏 深川、駒込、赤羽、日本橋、茅場町、調布、目黒、谷中、維新の動乱追記」赤坂喰違の変、駒込妙義坂・染井(セーラー服地蔵、大ムカデの絵馬)、赤羽(お竹墓、旧岩淵水門(赤水門))、8/9地獄絵ワンダーランド展・現行日本橋開通時の写真位置は?・翁稲荷(明徳稲荷、日枝神社内)、目黒大円寺五百羅漢 キリシタン羅漢、水木しげる先生お墓参り
王子稲荷と装束稲荷、妖怪は想像力が9割、ヘタウマの技術、恐怖インフルエンサー、寝釈迦、田中貢太郎と内田百閒の検印:2018/7/17-23つぶやき https://okab.exblog.jp/28510924/王子の稲荷、名主の滝
:貸出期限が過ぎた本を返せと枕元に立つ「書籍姫(ほんひめ)」(伝承が混乱している、いつかまた調べます)
駿馬塚、さすらい地蔵と力石、都立大学駅周辺の歴史的遺物
三囲神社の鳥居は隅田川から見えたか
京浜伏見稲荷の狐群や富士山ほか、葛飾為一という名前、馬場先門写真
<江戸の流行神を探して>
「江戸三大流行神を収集しよう (追記)日本橋翁稲荷、お竹如来墓、国芳浮世絵など 」浅草寺の旧仁王(阿形)、浅草田甫の太郎稲荷、正受院奪衣婆
江戸神仏願懸重宝記踏破・本所七不思議探訪:
<三田散歩シリーズ>(1)は前記の古い記事
「港区三田を行くシリーズ(2)「幽霊地蔵」※台場銅版画、八ツ山橋、鉄路敷設写真、幽霊通った飴屋のあった二本榎・地蔵元位置の芝浜と東海道沿いに海に通された鉄路の浮世絵他を追記」+twitterまとめ芝(芝浦、本芝)、高輪、月の岬、二本榎、品川の海、三田、台場、芝浜の最後、高輪大木戸(石積み)、御殿山、旧イギリス公使館東禅寺、陸蒸気、新橋駅、品川駅、光福寺の幽霊地蔵、松光寺のタタリ仏、元和キリシタン遺跡、赤穂浪士自刃地、承教寺狛犬、英一蝶墓、黄梅院銭洗不動、桂坂、洞坂、二本榎消防署
「港区三田を行くシリーズ(3)慶応大学の周辺:渡辺綱生誕伝承地など」twitterまとめ龍生院渡辺綱産湯の井戸、オーストラリア大使館、綱生山當光寺、オランダ公使舘跡、元白河藩主松平基知生母三保の方墓、春日神社、三田子育延命地蔵尊
「港区三田を行くシリーズ(4)桂坂旧道をたどる&二本榎の残骸を探せ!(参考写真追加) 」twitterまとめ薩摩藩邸跡(西郷隆盛・勝海舟会談地)、開運稲荷キツネ面、高輪神社・太子宮・稲荷神社石造物、旧桂坂、東禅寺、洞坂

<鉢状穴>全国に見られる江戸時代の習俗。主として日蓮宗の題目塔、あるいは道標などの台石、および手水鉢のヘリに穴または溝を穿つ。ひどいものは本体を上や角、稀に前から穿つ。明治時代になるとピタリとなくなるので仏教関連の民間信仰と思われるが、花を立てた、植物をすりつぶした、子供の遊び等、その理由として語られることは一定しない。ぼこぼこになり原型をとどめないほど穿たれた塔や石仏もあり、管理する寺院は快く思っていなかったであろうことは想像に難くない。明治以降台石を新しく作り直しているところも多いのである。逆に管理が行き届かないものは穴だらけで、鼠小僧の墓石のような願掛け習俗を想起させる。
:2018/1-2歳時記  鉢状穴、富士塚、狐リンク
奥沢神社、富士嶽神社、白狐石、多摩川園大山下り
鉄飛坂に鉢状穴を探して リンク立源寺 自由ヶ丘鉢状穴探訪 3つの石仏 リンク
:ほか折を見て他の記事内に書いています。
<墓マイラー>



by r_o_k | 2019-07-01 23:19 | 旅行 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30