揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)

<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_12282424.jpg
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_12294873.jpg
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_12295920.jpg
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_12373650.png
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_10494026.jpg
年の市
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_10410754.jpg
(浅草寺の年の市=歳末大売出し、月岡芳年(滑稽画:一寸八分と伝えられる本尊聖観音に付き従い買い出しの仁王尊のさまを古臭いと嘲笑う人々)、三世豊国&二世広重、初代広重(観音堂裏から)、小林清親(雷門跡から))

<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_10502545.jpg
        (初代広重 江戸名所 洲崎はつ日の出)
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_13040726.jpg
        (国芳 東都名所 洲崎初日出の図)
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_10503666.jpg

「現代小品文」小林鶯里 著 盛陽堂 大正2 1913
~初日と初詣

△神田明神 
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_22052123.jpg
午前四時太鼓が入る、神殿で柏手が鳴ると間も無く表門男坂、紀念坂の三門開かれ、同時に新年劈頭の福運にあづからうと待ち構へた参詣者三百人許り流れ入り、手に手に福袋を受けて参拝す、当社には摂社六、末社二十一あり、人々社廻りを為す、五時頃より漸く薄明くなり、六時半過る頃遠く東海の天に薄墨色の雲棚引き、やがて藍色となり、銀色となり、金色となり、初日のつと出でたり、其の雄麗比ひなく近年稀に見る初日の出なり、境内には繭玉売夥しく二十一ヶ所の休憩所あり、
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_21074819.jpg
将門神社の東面の休憩所には神田市場、魚河岸連中陣取る、御防講の連中も惜寄す、朝食後の参拝者数千、お守りを受けしもの八百人、非常の混雑なりし。

△靖国神社 
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_21214366.jpg
午前五時半開門参詣者続々あり、七時より加茂宮司四方拝を為す、遊就館は八時半開館、午前の入場二千人にて、図書館は遊就館入場者に限り入場料を要せず、軍人、地方人の参拝者殊に多し。

△上野公園
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_21234487.jpg
 五時半頃から山王台、西郷銅像前に押寄せたるもの二百人許り、六時四十分頃一道に紅色東方に射り輝くや、見る見る彩雲四方に映じ初日は団々として地平線を離る、人々拍手して参拝す、時稍や遅れて二人連の数寄屋町芸者駆け付け「遅かったわねえ」と残念さうなり。

△西新井大師
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_22365697.jpeg
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_14112432.jpg
 午前一時開門二三十の参拝者我先にと御守りを戴く、それより参拝者引続き、午前十時迄に護摩の修行を受けしもの二百余人、中には美形を携へたるあり、繭玉達磨を担いでほろ酔なるあり、境内両側の茶屋へは立寄るもの少なし。

△川崎大師
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_14114811.jpg
 附近の者は薄暗い中から守護符、開運札を受けんとひしめき、日の出迄に四五千枚も売れたり、六時頃から東京方面の参拝者多く川崎駅から大師まで約半里程の道路は人波を打ちゐたり

△待乳山聖天
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_13444422.jpg
 除夜の鐘と共に住職の読経始まり、午前二時より宝袋七千と開運守一万を分ちたり。午前四時より初日の出を拝まんと百余人押しかけゐる中、向島の土堤の方より墨田川に映ずる日影美はしかりし。

△穴守神社 
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_11454081.jpg
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_21253242.jpg
大晦日の夜より参詣するもの多く、一日午前三時頃には品川八ツ山京浜電車会社に集まりしもの三四百人、四時頃には五六百人となり、改札口雑踏甚だしく、先づ川崎大師に参詣するもの七分通り穴守まで行くものは割合に少なく、五時頃より各飲食店は客を呼びゐたれど大師の方に取られて淋しかりし。
<季節>初日初詣ふぜい百年前〜東京(浮世絵追加)_b0116271_14121780.jpg
(鳥居の長参道で有名だった。戦後移転を余儀なくされ鳥居・参道は一基を残して羽田飛行場に吸収。それも近年移築された)

by r_o_k | 2018-12-26 17:20 | ご紹介 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30