怪物図録:沖縄写真書込系:ミルク洞窟の赤牛、識名坂の遺念火、焼金、アカカナジャー他

怪物図録(古写真書込)2:沖縄

ミルク洞窟の赤牛

b0116271_09162178.jpg
宮古群島下地島の通り池近くミルク洞窟又はプトゥキ洞窟(仏形石筍が2つある)。ここは竜宮神がおり湧水を飲むなら褒めなければならない。古い木泊村に敵兵が来た時、小さな赤牛が飛び出て顎髭を掴んだ全員を金縛りにし洞窟に吸い込んだ。百年前、洞窟前に座る赤牛を捕まえ食べてしまった者は、皆伝染病で死んだ。 (続・ぴるます話、佐渡山安公、かたりべ出版h3)

調べたが資料が出てこない。通り池は海中洞窟を持つため脇の浅瀬から望める場所にあるだろうか。伊良部島に同名の洞窟(御嶽)が砂浜に面してあり崇敬を集めている。小さなミロク洞窟(御嶽)という所もある。写し方が違うだけで同一かも。前掲写真は近くの鍋底。全国の龍が集まり出ると言う人がいた。

木泊村は今の佐和田にあったという極めて古い最初の村落とされ、近世前まで遡るかもしれない(近世後期には明和の大津波による村落の消滅伝承(これも痕跡がないので疑問符付きだそうだが)が帯岩〜通り池辺に存在)。青の洞窟の断崖の先に船を隠せる大洞窟があり、二手の右側、龍穴は拝所で立入禁止、湧水があり飲める。近くに仏像のような石筍が3本並ぶ洞窟もあり、話には近いが場所が違う(フェイクの可能性を加味しても船でしか行けない場所ではない)。ここは砲弾がいくつか散乱し戦跡の一つと思われる。上にはトーチカ跡の穴もあるという。

赤牛は水神として全国的に聞かれる話で妙にリアルな生き物と描かれることもある。何か暗示しているのか。文字通り赤いわけではないのかもしれない。単なる主、暴れる怪物、いろいろ。ふしぎ。

焼金
b0116271_13312267.jpg

1952年頃宮古群島の或る御嶽の山に深夜三人の男が通り掛かると青白い光が渦を巻き何かが山の様に舞っている。戦中のお札だ!となり我先に拾う。朝方見ると冥銭の燃えかす。一人はムヌスに伺い絶対受け取れないと豚を潰し命乞い願いした。残り二人は迷信とし那覇へ仕入に出たがそのまま遭難したという。

ムヌス=物知り=ユタ、命乞い願い=ンヌツブーニガイ(まだあの世へ連れてかないでくれという豚一頭焼いて供える大掛かりな儀式)、細部省略しています。冥銭はウチカビ(打紙)のことでここでは焼紙と呼んでいる。あの世への献上品として積むこともある。地獄の沙汰も金次第。(ぴるます話、佐渡山安公h5)

   写真は宮古島大和井。

識名坂の遺念火

b0116271_12040987.jpg


写真が皆無だったので新聞使用すいません💧識名坂の遺念火。首里からの金城町の下り坂をおりて向かい側の上りの急坂。ここは古い真珠道という石畳の一部だった(最近発掘されている)。昔仲睦まじい夫婦が商売をして身を立てていた。その幸せな様子を妬んだ者が男に妻の不貞を吹き込む。嘆いた男は坂下の識名川に身を投げた。妻は嘆きあとを追った。程なく識名坂を川に向かう2つの人魂が見えるようになった。これを遺念火と呼んだ。遺念火じたいは火の玉の一般名詞。

シノーリ
b0116271_13435086.jpg

久米三十六姓の血を引く或る家に戦前から憑いている、黒い石炭のような塊。ガジュマルと、離れにいるが人に憑くと祓うとき口から飛び出ることもある。不幸に伴い出るときもあり、何でもないときに頭上に現れ手足が生えて逃げる姿も目撃された。大陸から連れてきたといい、キジムナーではない。謎の多い半動物。呼び名は人により少しブレがあるらしい。強いて言えば大根のような黒いタール状の塊の目撃が他所で報告されている。〜小原猛「沖縄の怖い話弐」

久米村はいまの那覇中心部あたり。継続的に琉球へ移住し商売した中国南部の人々を総称して三十六姓といい、どの姓かは検索してみれば出るが今もその姓であるとは限らんです。旧辻原墓地の中心になっていたとも。三十六歌仙のように語呂の良い数に過ぎず「たくさん」の意味。
写真は久米島

アカカナジャー

b0116271_12094471.jpg


伊平屋島でいうキジムナー。砂州で繋がった野甫島ではフィーフィーといい洞窟に住み夜、海で光りながら魚をとるなどいうが、タコ嫌い屁嫌いなど典型的な特性も備えている。アカカナジャーは赤い髪というような呼び名からしてももっとキジムナー的で対岸の沖縄本島の本部など、キジムナー(方言多数)の源流的な地域に近いことから古い形が残っているかもしれない。伊平屋島は山深くハブもおり、まだどこかのガマにひそんでいるかもしれない(琉球石灰岩の島ではないから呼び方はガマでいいのかわかんない)。

ヒトシレズコンナトコロニ
b0116271_21392476.jpg
夜の公園で飲んでいると転がってくるものがあった。「人知れず、こんなところに」しわがれた声の主は女の生首が2つ。驚き逃げ出すも古墓のある小山に来て酔い潰れてしまう。夜明け前に目を開けると、周囲に生首が犇めいている。正気を失い警察に保護されたが、警察は生首の喋った言葉を聞き取るとそれきり黙った。
小原猛さん「シマクサラシの夜」h30より

辻原墓地の幽霊

b0116271_23152532.jpg

那覇。今は歓楽街となっている辻原にあった有名な辻原墓地。波上宮も近い鍾乳崖べりに、中世より築かれ始めた一大古墓ゾーンで1700基を越える多様な墓が見られることから戦前はペリーを含む外地の人間にも、海から陸から興味深く観察された。王族墓もあったといい人気のないにも関わらず不気味な話はなく、シーミーのときは賑わった。大きな墓が多かったため戦後区画整理の対象となり、石材は埋め立てなどに使われ、墓の機能自体は識名へと移された。その頃より墓地跡に幽霊の噂がたったという。戦後の大変な時期の開発とはいえ今なら文化財としても重要なものであったはずで、歓楽街にしたのも墓地を鎮める意味があったのかもしれない。子孫のいない古墓の骨は密かに焼かれ粉砕され肥料にされたり、結構そういうことは多いようで、いつのまにかなくなっている墓というのはあるが、ここのものも全部が全部きちんと移されたのかどうか、移されなかった者が迷い出たのかもしれない。話によれば石材は石塀に転用した例もあるという(これはよくある話で寺院の塀に角柱墓など一般的)。


シマクサラシの夜

b0116271_20404863.jpg

新しい写真だとスマホアプリで書くのしんどかった。シマクサラシ民話自体とは別の小原猛さん「シマクサラシの夜」より表題作から。何者かの瘴気に寄り集まってきた者たちの行為が、疫病除儀式を契機に寧ろその力を増すという不条理性、実は内側にいた、本人鎮まっても他の寄り来た者たちは…という後味。


仲西ヘーイ

b0116271_12452313.jpg

場所が違う&長さが違う&石橋じゃない&干潟じゃない&要素不足&手抜きとかゆうな!資料がなかったのと仮アップじゃ(潮渡橋の仲西ヘーイ) いくつか話があるようだが単純に言うとかつて那覇の大きな干潟をのぞむところにあった橋(橋の名前と川は現存)で仲西を呼ばわると異界へ連れ去られるという。付帯して民話や妖怪話が絡むことがある。https://pic.twitter.com/hG5YlNHuXe

よしやチルー
b0116271_12453371.jpg

手の届く場所にある資料が貧弱だったので別件で。よしやチルーさん。19にして琉歌の名手で知られた辻の類尾。想い人あるにも関わらず身請けされそうになり自殺してしまう。その骨を故郷へ運ぶ若衆が休憩のため藁の袋を路傍に掛ける度、歌を詠む声が響き人々を驚かした。埋葬後来た楼主へは恨歌を詠んだ https://pic.twitter.com/qLu7Ddu3vS

耳切坊主
b0116271_12454259.jpg

写真に書き込むのおもしろいんだけど、基本的にスマホ(むかしはガラケー)で無理して書くので、今見ると見苦しすぎるのも散見される。編集失敗するものもある。消えてしまったよ。なのでこれでおしまい。場所が違うとかゆうな。耳切坊主。黒金座主という悪僧が耳を切られて殺されたものが、屋敷の角に立つという。 https://pic.twitter.com/vzUI14cfYw

真玉橋の逆立ち幽霊

b0116271_12455790.jpg
遠景が多くて苦労する。。真玉橋の逆立ち幽霊。石橋の人柱伝説はヤマトの伝承にみられるもので、その一つの芝居を異化輸入したとも言われるが、原型の話は当地にあったのでは。神女が自分のお告げで埋められる因果。逆立ちは冥界を向いて立つ幽的の暗示か。戦前の橋は戦争で失われたが一部発掘された。 逆立ち幽霊は他の土地にもいくつも言い伝えがあり、筋書きにも姿にも幅があるのはやはりまた別の芝居が元になっているせいとも思われる。那覇のど真ん中を通っていた真嘉比道(マカンミチ)の逆立ち幽霊は類型的な話を組み合わせた芝居が元と思われるが元々松島中学校から古島の土手途中のデイゴの木の下に出る逆立ち幽霊の噂を採用したとも。一つ墓のいわゆる飴買い幽霊も逆立ちである。鼻を削いだ幽霊は北の岬に伝わるハナモー(鼻もいだ?)と共通する。これはかつて遊女が操を立てる指切りに似た行為でもあるかもしれない。

https://pic.twitter.com/lgydhSCaos




by r_o_k | 2018-08-17 11:01 | 怪物図録 | Comments(0)

揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。