純粋日記、この世界の片隅にグアム玉砕戦の絵本で悲しくなる、寛永寺墓地長田幹彦さんや重文三点、浄名寺膨大な地蔵群と江戸六地蔵のかわり、流転した吉原の化地蔵、西表島の思い出、役に立たない古絵葉書ほか 2018/7/31-8/3


b0116271_10462589.jpg


死んでいい命なんてないわ。何言ってようと死んでいいことにはならんし、日本人かどうかは問題じゃない。ひどいことを言われた過去を持つ当事者は何か言う権利はある(言うだけなら)。何だあの命を何とも思わないコメント一覧は。彼らが日本人。はあ。

posted at 00:03:18


Twitterの著名人のコメント欄は全SNS中ダントツで最低レベル。著名人はよほどメンタル強いかリアルでの権力強くないと読めないだろうし、じっさいそういう人以外読んでる人少ないだろう。あるいは情報源や娯楽として割り切れてる。それでいいと思う。

posted at 00:06:04

浦内周辺での放獣ヤマネコ>

b0116271_18010407.jpg

ピンとこなかったが上原小の上か。数十年前はこのへん結構お化けエリアでたのしんだ(中野浜から星砂までは大好きなエリアで)。虫だらけ。昔、山肌にジャングル果樹園あって、台風の後ジャングルに戻ってたり懐かしい。Google Mapみて愕然。何このリゾートホテルだらけ。知らない浜の名。山猫大丈夫?

posted at 01:24:03

住吉までの牧場は鍾乳洞があって、当時毎回台風だったんで行かなかったが、ナイナイがQ99で来て、以降岡村が八重山観光大使にまで上り詰めるという。パフィのどっちか来ただけで島中の話題になってたなあ。宇那利崎リゾートホテルはともかく、今や芸能人や声優沢山くるらしく。横断道整備せい!

posted at 01:26:28

だいぶ前から儲かるパイナップルに切り替えてるのでサトウキビ畑の風景は期待薄。

posted at 01:39:28

しかも勝手に山に入らせない。ガイドつけさせる。海はライフをつけさせる。餌付け不可。ラッシュガード必須…昔は捨てる寸前のボロシャツを着て泳いでたよなみんな!夕方。

posted at 01:41:43
b0116271_10483798.jpg
b0116271_10484924.jpg
住吉は宮古島からの移住者が西表島の閉鎖的な住民から拒絶され(結局古見祖納くらいしか残んないんだが)苦労して井戸掘ったのが星砂からドゥドゥマリへの道沿いのパワスポ。横の住吉神社は元御嶽で、酷い写真家がここで髑髏が転がった風葬地で呪われてるとか言ってた。言うたら沖縄全土そんなだって。

posted at 01:29:03

その写真家、もともと習慣になかった火葬で、簡素な設備上裏で野天で冷ましてるお骨を撮影しネットに流しやがった。見たことあるが、撮るか??遺体なんて旅してりゃ国内でも普通に出会う。遺体は変死でなければ普通の人間の営みの一つにすぎないでしょう。尊厳!

posted at 01:32:28

周知の怪談、むかしホームページ載せたが、有名な本に火葬導入当初、窯を開いたら天井に文字が。「アナタニイコトガアル」。彼女は生きていたのか、執念が焼き付いたのか、何言いたかったのか。

posted at 01:37:18

大原に泊まったことがなく、パナリは飽きたからパナリ側バラスとクマノミポイント行きたいが、ことしは本島行きます。伊是名だけのために!

posted at 01:29:55

今年の本島、敢えて数万円払って本部の一部と最北端周遊する。タクさんにお金を落とす。これもマナーだ。こちとらめったに旅出られないから、ケチったら後悔するので、美ら海&最北端なんてバス使わず運天から運んでもらう。運天の戦前絵葉書ほしかった。

posted at 01:35:01

無知な野次馬であることを自覚したほうが良い。理解できないことを真実ではないと考えるのは、まずは自分に起因する恥と自戒するべきである。

posted at 10:43:59

140文字の応酬で言い負かしたと悦に入るのは2ちゃんにも劣る感覚だ。まったく。5は知らん。

posted at 10:45:24

積読の何が悪いかって、読んだ気になることで、積読してる本の多さや題名でマウンティングしようとしてきたらそいつから離れたほうがいい。自分もだいたい必要な部分しか読まないから、積読家とされても仕方ないかもしれない。電書に至っては存在すら忘れてる。

posted at 12:06:44

公園のために社を潰すか。未だにそんなことをしている。 https://twitter.com/i/moments/1024483612891070474…

posted at 12:33:31

暑気戻ったよ! https://pic.twitter.com/S7gGFDlht8
b0116271_18012487.png

またあしたやすみますすいません https://pic.twitter.com/fB1hrHssaO
b0116271_18013979.jpg

丁寧な案内はがきを送っていただきビックリ。誠実だ。。この世界の片隅に完全版、りんさんの造形があきらかな妓姑のそれになっていて2度びっくり。そうだよね、ここリアルにしておくとよりすずさんとの対比がきわだつ。彼女が何者で、影響を及ぼすであろうことがひと目でわかる。 https://pic.twitter.com/YY6UiqXgi5
b0116271_18022738.jpg

昭和は守備範囲じゃないので資料なしおくん。呉は軍港なので情報が統制され絵葉書も決まったものしかないおくん。広島はたくさんあるんだけど。こんなに近いのに、陸上交通が大変なのだ。

posted at 19:03:30

昭和5年の本です。呉は海軍のはいる前は鄙びた漁港だったともありました。

posted at 19:04:59

この世界の片隅に葉書でふと思い出し、気になっていた金水旅館の消息を調べた。絵葉書には商品陳列所など一通りのほか頼山陽記念館が含まれ近いとすれば市の罹災者収容施設に鉄砲屋町金水館という名が見える。これは原爆前と思えここにいたと思しき方の死亡記事…現袋町、山陽館は残れど小旅館は。。 https://pic.twitter.com/ZyAqJwIOfT
b0116271_18024419.jpg

b0116271_18024432.jpg

ドキ!HGの嫁だらけのネット広告

posted at 21:22:32

画集が来たら謹んで読ませていただきます。
あの戦争が何だったのか心底では掴めていない。

posted at 21:47:53

戦争という一つの核に対峙する人はさまざまで、その人の個性が印象に反映される。能天気なら死にかけても能天気。平時ですら鬱の激しい人は悲惨さをこの上もなく語り、だが、それがあるから今の楽さを少し感じてもいる。兵隊でもどこのどの部隊、前線か後方か、等々まったく違う状況で更に違う個性が。

posted at 22:14:00

農業者の、米屋の横暴は聞いた。これが実際はどの時点の話かわからないが、たぶん戦後すぐだとおもうんだけど。

posted at 22:16:34

デカイだけで不味いさつまいもが突如美味くなったとはよく聞いたなあ。

posted at 22:18:40

そうそう。猫が食べ物と認識された話は最近も読んだ。

posted at 22:23:06

猫は疫病ももたらす鼠をとるので信仰的にも手放すことは少なかったのではないかなあ。このへん地域によりグラデーションがある。いやけっこう、戦争はグラデーションがあるから細かく見ないとならない。全容はなかなか掴めないのだ。

posted at 22:25:15

空襲の話はもうね、数限りないから。グラデーションという点で沖縄なんてもう他の土地とは格段だし、東京は激しくやられたが広いから、計算して燃やされたぶん割と平気な地域もあって。うちは東京の田舎だったから屋根より火事花火見物気分で、と言ったら窘められてたw同じだ。戦争体験者同士の諍いw

posted at 22:28:55

関東大震災でも同じ話の記録があるが、「全て焼けてしまった東京は広かった、山々が綺麗だった」なる話もあったなあ。いっぽう隅田川は炭の川、脂の川だったとかね。。

posted at 22:31:16

片淵監督だけがファクトを掴んだ上で話してるので、他の人の素朴な印象話とは少し違う。

posted at 22:32:22

「映画じゃない、あんな音じゃない。奴らは殺しにきてるんだ。穴を潰してみんな木っ端微塵にしようとしてるんだ」ってのは空襲の話でも出たが、日曜日の秘密基地で硫黄島からの元帰還兵のかたが言ってたのは強烈に残ってるなあ。まあ、泣く赤ん坊は捨てるとか、元気な子なら壕から出して自力とかね…

posted at 22:36:11

記憶力の減退がひどいのでこれでおわり。タイミング良すぎるな。クロ現久しぶりに見たよ。
b0116271_10533626.jpg
posted at 22:36:43

なぜスキャンしたのかシリーズ
三徳山三佛寺投入堂
大正修復後なので今と全く変わらない
まだ本殿に狛犬とか色々納めており幕が掛かってる、がそれ以外まったく今と同じ

カラーにしたら区別がつかない
、、、なぜスキャンしたのか https://pic.twitter.com/lkeCYe2WN2
b0116271_18031212.jpg


なんのためにスキャンしたのかわからない絵葉書シリーズ 殆ど焼けてない京都のものはあんま手が伸びない中で戦後焼失した金閣寺は一応雰囲気随分変わったし細かく変化してるので良いと思いきや、昭和始めはもう戦後とおんなじ、触れるが中にも入れん状態。

足利公はこの形の炭になった(記録は多い) https://pic.twitter.com/GxOnZhZxOz
b0116271_18032425.jpg

b0116271_18032469.jpg


諏訪神社。長崎。
鳥居が微妙に変わってる程度で配置はほとんどこのまま。
くんち。
なぜスキャンしたのかわからない絵葉書 https://pic.twitter.com/adMLTeEHPl
b0116271_18033516.jpg


なんでスキャンしたんだシリーズ
蹴上インクライン…右は蹴上浄水場…現存…
まあ今は使用されてませんが、レール上を歩く遊歩道として楽しまれておりますし、一部設備は残されてますし、、、京都はみんな現存するから価値が… https://pic.twitter.com/accB0m6DLm
b0116271_18034984.jpg


残念なえはがき
大正2年版 木造の南座
一見貴重そうだが、これ、トリミングしない四角い絵葉書が出てるので
丸く切り取られてるのがざんねん
大原女のスタンプでお茶濁す(大原女は戦後までいたと聞いたが) https://pic.twitter.com/KLEnwZTsWB
b0116271_18040068.jpg


ざんねん葉書さいご。洛北の風葬地だった補陀落寺(小町寺)。何が残念って二度三度行ったのに全く覚えてない。堂宇は再建もあるが配置や形は全く同じ。小野小町終焉の地としてならしたが今は推定地。遺体から生えたススキ、老婆像(他所にもある)、供養塔、灯籠はよくわからない。全部残ってる。。 https://pic.twitter.com/KjCksmtVrz
b0116271_18041699.jpg

b0116271_18041653.jpg

b0116271_18041627.jpg

b0116271_18041666.jpg


Twitterに流れる「例のアレ」系の言説
何だかさっぱりわからないことが多すぎ
「例のアレ」が一般に通用するとおもうなよ何事も。。

波打ち際に埋められ潮が満ちたら溺れる運命にある弾圧切支丹たち https://pic.twitter.com/BqlK2Zp2pD
b0116271_18042928.jpg


はいこれを探してましたー!
高麗国 王若光の供養塔
この時代は剥き出しだったの少し後の鳥居龍蔵博士の本で確認済

高麗郷の絵はがきに含まれてた
ブログにひまなとき追加しとく

…尋常小学校のスタンプ何… https://pic.twitter.com/WGFcdwNpry
b0116271_18044176.jpg

b0116271_18044141.jpg


夜泣きしないよう寝る。クレイジージャーニーと水ダウは明日見る。

おやすみ。 https://pic.twitter.com/9Z4JasPMN4
b0116271_18045461.jpg


つかあきらかに女子だらけだったな学校。昔だけどさ

posted at 10:03:09

だからといって変にただの個例を掘り出してきて男ダメ女優秀説も差別だから。特定の意思を持って集めた話は統計的意味を持たない。自戒。

posted at 10:05:22

#新しいプロフィール画像 https://pic.twitter.com/WXkUvCgqxO
b0116271_18050512.jpg


頭痛くなるので戦前戦中資料は必要以上に読み込まないが、頭痛くなった経験もなさげな人間が勇ましく、そのころの暗黒面を受け継いでるのほんと、政治家もネット弁慶も客観的な学術的勉強を一年間させてから社会復帰させたらいいよ。

posted at 11:49:19

残念ながら小林よしのりという人は稀に見る才能の持ち主。種を撒き、繁茂した茂みを今度は抜く。この隔世的な2つの大きなムーヴメント(転向や心変わりは天才の常で、凡人に理解出来ない非人間性を持つからこそ波を起こせるのだ)を漫画で巻き起こした。影響力を失っていたロートル思想家再生や後発で転用拡大する新生は数しれず。rt

posted at 12:01:12

・・・みうらじゅんさんと後発便乗のようなもんかなあ。本人飽きたり芽が出ないと思ってやめてるのに、横から手を伸ばしてえんえんと継続して本を出すライター。

カメラやっぱり壊れてることが早めにわかってよかった。防水カメラ購入へむけて動き出す。あと、お酒飲みません。あと、2001年の地図で「古民家が多いです」と書いてあるとこ新築小民家だらけがち。あと小学校なくなりがち。嘉永年間創立の学校がまさか無くなってると思わないから迷う迷う。 https://pic.twitter.com/Bjt80vj6tZ
b0116271_18053884.jpg


この体調で縄文展なんか行けるかー!(カレー屋にて) https://pic.twitter.com/4AAIOLXBv1
b0116271_18054511.jpg


晴れ着に日本髪で初仕事に就く電話交換手の女性たち>

何がおかしいのか分からない。明治時代からこうだったでしょう。正月だよね。交換手はかつてエリートだったし、この頃の方とも話したことあるけど時代から振り落とされる前は技術職として(少し前なら交換手の声が良いといって歌手になった例もある)プライドもって仕事してた。正月強制された和装というなら金融関係止めさせな。ついでに企業の寺社との癒着もrt

posted at 14:00:07

スマニュー等をやめてたのは変なかんじがしたから。でもTwitterのトレンドが極めて変なのでスマニュー見るようになった。子供はTwitterトレンドにしとき。漫画とアニメとゲームの話題でいっぱいだ。

posted at 14:02:15

東京医大受けようか。みんな。裏口減点なんでもありなら何か手を回せば年齢制限なんて取っ払えるでしょ。すぐ辞めれば医学部中退の称号が貰えるよ。

posted at 14:08:28

いつのまにか撮禁解かれたのね。外国の方の憩いの場にもなってた。案外来ないエリアだ。 浄名寺https://pic.twitter.com/JUcAgNkRrO
b0116271_18060076.jpg

b0116271_18060084.jpg

b0116271_18060032.jpg

b0116271_18060021.jpg


寛永寺第二第三墓地(重文の門は裏からだと接近して見られる、同重文の綱吉門は開帳時以外は手前からのみ、水盤は綱吉門のすぐ裏なので斜め遠くから垣間見えるのみ。赤く塗り直されているが華奢なふつうの木造水屋。)
b0116271_11005378.jpg
b0116271_10592702.jpg

b0116271_10565108.jpg

b0116271_10575932.jpg

三浦環ほか https://pic.twitter.com/nDMwKyiZCP
蝶々夫人の碑は後から設置された模様。
たしか本体は箱根
b0116271_18061384.jpg


長田幹彦さん。春日トヨさんと一門がとなりに。

初めて来れた。よき。 https://pic.twitter.com/v15yoIbsT4
b0116271_18062420.jpg


どなたかよくわかってないが今東光和尚さんが近くに。柴田錬三郎銘。 https://pic.twitter.com/EsBGZfDU9F
b0116271_18063453.jpg


割り込んできてノロノロ歩くおばはんは煽っていいの?煽り歩行は逮捕?

posted at 17:03:12

<絵本到着>
b0116271_14304791.jpg

裸の飛行場で整備というのも厳しい。。テントしかなくなり夜、時限爆弾の破裂する音を聞きながらランプのもと割箸3本括って「コックリサン」が大流行、決まって増援が来るという「お告げ」となる…が、それは演者が自分で動かしているのだ、ということがわかっている。

よく記憶、記録された。。

posted at 17:53:57

なんてこと打ってたら棚から瓶が落ちてきた。まあ、今日も墓地にいたし、何か共振を起こしたのだろう。読んでいるとわかるが、戦闘機の整備兵なので航空機の描写は突出して上手い。当たり前だが浮遊するような人物描写と比べ立体的で動きもわかる。一部船もだが車は何故か簡単に書いている。

posted at 17:59:09

自然描写に異様な迫力がある。椰子の木の靡き、闇、霧、光、風、戦闘の背後に枯れ木の平原ができてゆく。突撃前夜、暁に祈るの歌詞が書いてある(西條八十の愛馬花嫁の表面)。傷病兵の丸腰行軍。死にに行くために長距離を移動し、力尽き死ぬ者もいる。何という不条理。島民は知らぬ顔で牛車を駆る。

posted at 18:19:37

記憶は陰影を濃くするものなので注意深く接するべきだが、「俺達が死ぬための戦車攻撃に出発するのに自分は笑いながら手を振っていた」などこの戦争を象徴するものだ。もっと上の士官は戦犯にも大して問われず、しかし戦後日本を率いて立て直した。この矛盾はしかしもう、かれら殆どいないのでね。。

posted at 18:26:01

同県民の自決の話が出てくる。斥候に行った後方で本隊がやられ、生き残った同県民に後を託され場所につれていきピンを抜いた手榴弾を渡した話。軍隊は県民単位で供養されることがあるが、摩文仁の丘も県民単位の石碑があるが、同県民という意識も今とは違う。同じ斥候の人も亡くなり十字架を背負ったと

posted at 18:32:34

玉砕といっても上官以外誰も死ぬ気は無いような描写がある。生きて帰るぞ、という意志に満ちている。「皆死ぬのはいやなんだ」これはほんと、個別に違うのだろうが、結果論として玉砕ということもある…この場合も。

posted at 18:35:50

狙われると味方がまずい両刃の武器だが絶大な効果のある火炎放射器相手の苦戦。見えない相手に使う武器で。これほど残酷なものもないと思う。

posted at 18:37:38

最後の戦友が竹林に入っていってニッコリ笑う絵は、きついな。水墨のような白黒の風景の中で、緑の戦闘服に子供のような顔。それを木陰で見守る氏。すぐさま死んだ兵士のヘルメットと帯剣を拾って銃弾の中を往く。なぜ白黒。

posted at 18:42:42

水木先生ほどには状況が厳しくないにしても、やはり怒られる。生還したのに。なぜ同輩を自決させず連れてこなかったかと。「「ごくろうさん」と一言くらい言っていいのに!!」上官を信用しなくなる、とある。何やらこの感じ、現代でも。。40程の老兵ばかり、若者はこき使われる。今度は斥候だと。

posted at 19:56:09

それにしても背景に目を奪われる。椰子。引きの絵が多い。兵は皆極度に単純化されているから悲惨さは文で読み取るしかない。「生き残った兵達が東海岸に追いつめられた。ひとときのやすらぎの場 一日後には米軍の攻撃でほとんど死体になった (美くしい砂浜であった)」夕陽だろうか、何故か影が桃色

posted at 20:01:37

陸軍兵と合流し食品倉庫の焼跡…広場の絵。中に乾燥味噌など見つけて夢中で拾っているところ椰子林から一斉掃射、11人がバタバタと。その後同地に行くと完全に焼き死体だけあった、罠だったのだろう。突然真っ白な絵、「パンの実をとりにいって二人殺された」。これは再び色鉛筆で細かく描いている。

posted at 20:10:41

どういうわけか玉砕後の絵はどんどん弱々しくなっていく。線も凡庸な感。牛を打ち海に漬けておいたら蟹に全部食われた、ココナツで命をつなぐいたるところに白骨があったトカゲ旨かった大カボチャ不味かったパパイヤはもう黄色くなったかな島民から盗む、服装はボロボロになってるがかなり充実している

posted at 20:16:05

…しかし食に惠まれているとはいえ単なるサバイバルではない。ここは敵の手に落ち、殺される危険に日々苛まれている。毎日米兵が掃討にまわってくる、戦友が殺されるたびに自分に迫り来る「死」に毎日おびやかされる…水彩からクレヨンないし色鉛筆が入るようになる。色彩が強い。逃げ、食い悲しい団欒

posted at 20:26:00

大きな豚に出くわすも人懐こく逃げない。眉間を撃ち腹一杯食う。時折白い絵が入る。ココナツを取りに行った二人の後をついてきた米兵に襲撃され一人が射ち殺された。畑の端にタピオカが植えてあった。サツマイモを食うようでおいしかったがあてられてえらい目にあってから苦手になった。潜伏生活。

posted at 20:31:53

敗残兵の掃討は六千名以上にのぼる。戦闘能力もほぼ失われこれはゲリラ戦などではない。ジャングルを探すよりジャングル前で待ち構え兵糧を求めて出てくる日本兵を撃ち殺す作戦。同郷の小林さんが椰子林の出口で死んでいた。白骨になるのを待って一つポケットに入れた。打って変わって文字が増える。

posted at 20:38:02

島民から盗む話が多い。パインは甘いが舌が痛い。米軍の監視哨すぐ下に芋畑。イモの根は掘らないで一本のイモの株から一本だけ掘って土をかぶせておく。農家出身のオレは、いただくのに、島民が苦労して植えて育てたイモだ。全部掘り盗むなんてできない、と思うのだ、とある。

posted at 20:44:37

米軍が日本兵狩りにジャングルへ向かった隙にテントへ行ってタバコの吸がらやパンの喰べ残し、ベットまで盗んだとある。だが同郷の兵と出会い仲間になった絵の次、その死体を蘇鉄の葉で埋葬する。「どん気持だろうか!アメリカの兵士は個人では良い人達だろうに自分が殺した日本兵のことを…」怒りの絵

posted at 20:52:15

絵柄と中身は一致しないが文字と描方は意味がある。2図描き込む時。糧達時陸軍兵二人の白骨に出会う。綺麗な靴を拾い上げる。音がして払うと足骨が落ちた。履いて帰るが急に屍臭に気づく。見廻したが屍もない。フト足から臭っていることに気付いた。耐えられず捨てたがいつまでも臭がついていた。白黒

posted at 20:59:35

故郷の夢。思い出の故郷で米軍と戦っている夢ばかり。綺麗な緑の野原の絵…白骨が散乱。食糧のため音をたてたら米兵の掃討で何人か殺される。食うことと殺されることしか出てこない。「日本兵を一種のスポーツのように射ち殺してゆく…鳥はいいなあ、追われる心配もなく、殺される心配もない」黒い絵。

posted at 21:07:03

「漁師をしていたという彼は白骨になっても海岸で海を見ていた」珍しく立体的な絵。米兵に真っ直ぐ撃ち抜かれる小沢上等兵。一人ひとり名前がある。一人ひとり描くことで、生きていた証になる。記憶の多少の揺れはあっても、その人がそこにいなかったということはない。兵隊は皆名前を覚えてるものだ。

posted at 21:10:44

この絵は続いて遠く海辺の松の枝に髑髏が刺さっていて、下で水を汲むという色鉛筆画に続く。どういうわけか叙情的だが、書いてある言葉は「ゾーとした 夕陽がきれいであった。何をオレに話かけているだろうか。小沢、又は尾沢、名前美貞又は貞美」連続画だが恐らくこの2枚伝聞からの想像かもしれない

posted at 21:16:58

安藤さんが死んだ。蘇鉄の葉をかけて埋葬した。夕陽で赤く染まり涙も赤く染まった。四人でずっと暮らしていたが一日おいて山下さんが殺され二人になってしまった。安藤さん画集では出身地名が消されている。そういう必要もあるのだろう。「安藤さんやすらかに」朱の水彩2種に赤色鉛筆で塗り尽くした絵

posted at 21:22:25

水木先生の描くとぼけた南洋風景のようで、食と死の極端に交錯する絵にくらくらする。米軍に忍び込んだら寝てしまい目覚めたら兵隊だらけで隠れるの辛かった。ニコニコ顔で崖上の緑の中に二人寝転んだ絵には「オレと片山さんでどっちが早々く殺されるだろうか」米兵動かない夜間動いたら待ち伏せされた

posted at 21:29:31

米軍のゴミ捨て場は宝の山で、服も靴も米軍のものでまるで米兵になってしまったが「国際法上では違反であるためジャングルではボロ服をまとっていた」この期に及んで!本が貴重で本土空襲を知る。ビールなど持ち帰り酒宴をする日々だったが気づかれて以後、焼却されるようになった。現グアム大の敷地。

posted at 21:34:15

闇の中出会った相手が「山」と言っても「山」と答えないので切りつけたがのち捕虜収容所で会った、パンの木から落ちて両親の顔が浮かんだが射殺された山下さんを埋めた土饅頭の上だったので命は助かったが腰が痛くて動けない…この次からやにわに描きこまれた細かい絵になる。思いと比例してるのか。

posted at 21:38:23

思ったとおりこのあと核心というか生還譚のクライマックス(このあたりナンバーが前後し編集されておりもとは錯綜していたようだ)なのでもう書くのをやめますね。小林喜一「南の島に眠る戦友へ」グアム帰還兵が描いた玉砕戦

横井庄一さんは凄い。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1024997840920014848…

posted at 22:36:06

ちょっとところどころわからない一節もあったりするが、ひとまず目を通せたので、今後は何かにつなげられればいいなあ。ほんとはNHKあたりがしっかり取り組んで、本も一般流通させるほどの価値があると思うのです。

posted at 22:46:40

すげーてきとう(まにあえ!) #パンツの日 https://pic.twitter.com/rEjD5bpemi
b0116271_18064907.jpg


人生が360度変わって明日も会社へ行く。

posted at 00:21:55

テレ東のドラマに三十路(ミソジニーって意味何?)ヨロメキ的なのやってて、見ながら最後のツイートしようとしたらこんなんなってた(服装まで見えなかった)絵面が古いと絵柄も旧くなるという哀しみ哀しみ。おしまい。御行の松の写真こんだけ集めりゃブログ記事になるだろ。おやすみ。 https://pic.twitter.com/J7wkSQbplb
b0116271_18070731.jpg


若い男利用して勝手に気持ちを逃してる。ひでえな。若いと何も考えずこういうことやるものだけど坂越えたらダメだ。遠い記憶に何人も思い浮かぶけど、ダメだ。一歩踏み越えたらもうおしまいだよ。倦怠期は人のせいじゃないんだよ。ドラマだった。

posted at 01:24:31

地上波なら濡れ場が嘘っぽくてもいいか。ただ、こういうとき被害者面したり保身しか考えなかったりするのがヨロメキなのだ。ヨロメキにやられた15歳は人生狂うよ。じわじわと。男女は時間の速度が違う。男は遅い。その差が耐えられない、それは言い訳と言う。あ、ドラマだった。

posted at 01:28:01

連続ドラマか、詰まらん。鶯谷行った。ホテル街通るとお仕事に勤しむ女史が結構。平日昼、足早まるでビジネスウーマン(見た目ではわからない)。雑居ビルと往復する姿を元三島神社から。経済回るならそれでよし。男の姿は見ない。三島神社このへん3つあって複雑。大三島大山祗で三嶋大社系ではない。
b0116271_11031692.jpg
posted at 01:42:00

イフトから警告。フェイスブックのアプリ解除とのこと。プラットフォーム変わるから、これって他のブログサービスなんかも受けてる影響だよね。澄んだ川には魚は住まないよ。

posted at 01:33:17

テクノロジー進歩の現代、上手いのはもうどうでもいい。センスだ。下手くそでもセンスが違えば自分にとって上。これは20年以上前に画家先生と議論した。結局、ソフトは常に向上し、技術は子供でも学べば身につく今、人類に求められるのはセンスだけ。あと金。機材は金。さもなくばスマホで無料アプリ!

posted at 01:48:11

改めて締め。こういう絵はダメなんだよ。 https://pic.twitter.com/Ht12tYvE6p
b0116271_18072100.jpg


医者学校が女子減点してた件、もう食傷。もはや芯を食わない「うまいこと言う選手権」になってる。これTwitterで一番無意味なリツイートの山を築く。この話題で上手くdisるツイート選手権もうオワコン。

posted at 02:04:53

不眠症に暑気はきつい。寝てる間にメガネを曲げてしまった。完全ワイヤレスヘッドホン2号を買う予定だった(1号はヤクタタズゴミ)。水中カメラ、富士フイルム最新の昔慣れて長年使ったものを考えていたが、すぐ壊れたオリンパスの昨年高額製品の写りに地上でも使うことを考え靡くかもしれない。

posted at 08:38:03

メガネ3本同時に折れてもう1本しかない(セルフレームは二度と買いたくない)

posted at 08:38:46

ボクシングの会長、あの案件も忖度案件ぽいなあ。忖度が蔓延してる。

posted at 08:50:37

白人、黒人(地域はそれぞれ)はまだ使われている。でも黄人って使わない。なぜ。

posted at 09:40:09

時代劇や戦時中ドラマなどで違和感感じるのは音だ。なぜロック?なぜビッグバンド?なぜ演歌?ぜんぶその時代には無かった音。西洋音楽の少しは入っていたとしても、遠くから響いてくる琴の音に、フルオケのBGM被るのすげー変。戦時歌謡でなく長渕の歌?

posted at 14:56:39

(ドンキのプライベートブランド青歯ヘッドフォン)低反発イヤーピースMが付くのでかい。音は高音がだめだが完全分離型はこんなもん、通信切れも同じ。切れにくいのを謳ってるものはどうなのか。BT5対応しても発信側次第だし。柄無しは良い。オンオフのみのシンプルデザイン。完全分離はオートペアリングは不可欠だから良い。欠点は2.5h再生、標準は3h。

慣らしを終えても、やはり完全分離型だと、無線部分が本体と右ピース、右ピースと左ピースの2箇所あるため、おそらく外部環境に影響されやすい後者が切れることがあり、そうなると最悪本体ペアリングからやり直すことになる。そういうややこしさは多分ほかの安い機種でもあるとは思う。やや大きめだが、音質を考えると小さければ良いわけではない(遮音性もある)。ホールドは本体そのままで十分。低反発ピースでかいなあ。
https://twitter.com/ryookabayashi/status/1025146194979250177…

posted at 15:52:01

カメラ納期2ヶ月に度肝を抜かれる。
店頭もほとんどない。
赤は無い。

posted at 16:31:26

吉原帰りの男衆が力任せに向きを変えていくため、見るたびに向く方向が違う化け地蔵と呼ばれた。時代が下ると各地を転々とし今は入谷のそばに立派な堂でおさまっている。けっこう大きい。顔が欠け黒くなっているのは震災か戦災か。。
b0116271_18082668.jpg

by r_o_k | 2018-08-03 17:56 | 純粋日記 | Comments(0)

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi