江戸時代つぶやき(十年越しはりまや橋現場検証、五百羅漢寺、タコ薬師、弥助、黒人墓、三浦按針、新撰組BLへの疑問);2018/7/10-16


江戸時代つぶやき(五百羅漢寺、タコ薬師、弥助、三浦按針、はりまや橋、新撰組BLへの疑問);2018/7/10-16

b0116271_19595379.jpg
b0116271_20000560.jpg
松雲元慶禅師墓まいりの話、目黒に立派な塔があって、あそこだけなのかなあ。別のところにあると聞いたんだけど。。あと、耶馬渓羅漢寺で発願したのね。
b0116271_20065883.jpg
b0116271_20071295.jpg
b0116271_20072536.jpg
posted at 15:03:42

深川深川と書いてきたけど本所ですね。五百羅漢寺、明治初期 安政大地震で被災し、正面の三匝堂が百観音さざえ堂(舞台付)ですが屋根などボロボロ、左は山門すかすか、右奥本堂は左右羅漢堂倒壊で羅漢さん鮨詰め。横浜開港資料館蔵アルバム、ファーイースト、東京名所図会(江戸名所図会含)より https://pic.twitter.com/987NvHMbNn

b0116271_11410900.jpg

b0116271_11411057.jpg

b0116271_11411026.jpg

b0116271_11411099.jpg


本所五ツ目(亀戸(大島))から荒廃をへて同緑町に移転したとき「羅漢寺」と称している(写真)。三匝堂は本堂右続きで羅漢像びっしり安置。但仮建築のまま目黒移転したらしい。堂内護法神宮として祀られた左の白澤像が獏と俗称され最近まで別の建物に別けて安置されていた(今は出口の脇)。最後現在 https://pic.twitter.com/RrwpYsaDd2
b0116271_11414534.jpg

b0116271_11414591.jpg
b0116271_11421764.jpg


本堂、黄檗宗様式ですね。墨東の毘沙門堂や目黒で戦火を掻い潜った同様式の堂を見ることができます(後者国重文)今は黄檗宗ではないと思いますが、三代でこの広大なお寺が確立され江戸の名所となりました。隅田川景色をさざえ堂2階舞台(ベランダ)から眺める北斎画が有名(当時3階建は許されなかったか、三層構造だからサンソウ堂とはいわれる)。


江戸とは関係がないが紆余曲折あって徳川夢声の小説で有名な新橋のお鯉さんという方が大変な才覚を持ち、出家して目黒のお堂を再興し、その妹さんからの古い堂は現在の本堂の位置にあった。古式の寺院ではあるが中の諸像配置は今に似ていたと遠く記憶している。それはそれでとても仏式で興をそそられるものだったが、76年頃に現在の新建築となり驚いた(幼少のみぎりよく覚えていると我ながら)。中に入ってお参りしたのはそれから10年以上たってのことだった。じつはこの回廊式が本来の姿と知った。現在はすっかり勢いを盛り返し整備もされ、展示も充実している。本堂右手にある原爆碑は元お鯉さんと徳川夢声によるものだ。


https://twitter.com/ryookabayashi/status/1017281869979611136…

b0116271_11465635.jpg


posted at 15:54:33

メモ。この写真、東京景色写真版(M26)にあるものだが、公式サイトのトップ画を見る限り蛸薬師こと成就院(目黒)。現在本堂向かって左にある入り口は正面にあった。本堂の型式的には同じような形をしている(広さは違う模様)。境内に今も秋葉大権現社を併置しており、小社であるものの徳川家光による勧請で江戸南部の秋葉講の元であるらしい。神仏分離で一斉に秋葉神社と改名、時勢がら寺の名より上に置いたと思われる。 https://pic.twitter.com/4chK0j1dDX
b0116271_11482319.jpg
b0116271_11553985.jpg

b0116271_11553963.jpg

posted at 18:23:05

3年以上前のTwitterネタだが続報は?子供っぽく煽りが現代的で不審に思っていた。新選組をリアタイで男と認識できる世代は曾祖母じゃ済まないのでは。嘉永生まれ?ただの伝聞?>新選組屯所の隣の家から土方歳三と沖田総司の官能小説が発見され話題に #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/9894334/…

posted at 15:19:49

伝聞とすると明治に入る(まずそうだろう)。明治でもこのてのものを書くことは凄いかもしれないが、一般的な層とすればしっかり創作して文字で書けることが大前提だから明治でも少し下るのでは。すると読める字体で書かれている可能性高く何故専門家にあたったのか。 https://twitter.com/ryookabayashi/status/1016930040150257664…

posted at 15:25:04

マジレスしてしもた https://pic.twitter.com/nhYBodGxJM
(これは海援隊士、麻布に眠ってます)
b0116271_11555966.jpg

posted at 15:27:37

HGの嫁広告まちがって踏ませるふざけんなよ。昨日から大量の自動ツイートしたせいで焼け野原のようなアナリティクス結果となっていることに気づいたが、ついでにブログも荒野のようなアクセス数になっていて連動感。篠崎はでかい松のある善養寺がオススメ。十年前にブログ書いたな、リンクツイートしよ https://pic.twitter.com/CbMliSOqxO
b0116271_11561745.jpg


世界ふしぎ発見の弥助回を思い出しワクワクしてきたところでファーイーストの三浦按針遺跡探しの回を思い出した。「按針町に住む庶民はそこが誰かの名前であったか一切知らない」と蔑む様に嘆く文章、Wikipediaだと見つかった墓に埋葬はなく、平戸の供養墓に分骨された三浦家の骨と、、何故左が無縁仏 https://pic.twitter.com/p9fo6qAoET
b0116271_11564321.jpg

b0116271_11564310.jpg

b0116271_11564392.jpg

b0116271_11564305.jpg
b0116271_16212482.jpg
b0116271_16213605.jpg

〜ファーイースト(明治初期)より、按針町風景(もっと画質の良いものが復刻されている)、三浦按針夫妻墓、位牌の写真


弥助の映画はぜひ、敗走・釈放後に帰国して、異国人に狩られるのではなく、異国人とわかりあい、時に闘う戦国の心を伝える侍としてほしいもんだ(モザンビーク島でなければならなくなるけど)


中国は言わずもがな日本も近世鎖国前は比較的異人種が入ってきておりアフリカ系も少なからずいたと言われている。鎖国後も出島経由で例えば駱駝を連れてくる動物使いもおり、異人種自体が見世物的に庶民の目を集めたが、もっと前では弥助以外にも砲兵として武将に仕えた者もいたという記述があり、弥助が生き残って仕官したという想像もあるが別人で、弥助よりは下の兵として扱われた可能性が高いようだ。向島の白髭神社に黒人塚という石碑が残っている。塚は墓の意味で使われることもある言葉で銘文が薄く判別しづらいことからかつてアフリカ系人種の墓ではないかと憶測されたが全く異なり、黒人と号された日本人のものであった。浜辺黒人は本芝の書籍問屋の商人で本名を斯波孟雅、シバの姓。芝浜の頭目であり、当時流行っていた万句合同様、狂歌募集して選を出版する興行を始めたという。応募者は入花料を収める。この塚は歌碑とのこと。享保から寛政までを生きた。辞世がこれゆえ誤解を招くこともあるかもしれない:黒人が黄色の人にならんとて浜辺をすてて川岸へゆく

b0116271_16114079.jpg
posted at 22:55:23

弥助の映画、ぜひ短編アニメーション「アーム・ジョー」も製作して同時上映してほしいな。アーム・ジョー。

posted at 23:08:54

近代日本は対外比較してはゆるやかな階級社会だった、運と時代次第だけど下剋上的な身分の飛び越えもあった(逆に侍でも人にあらずの身分に落とされた)とはいえ心の中身は非常に差別的で「ハシタメ」の漢字は田中貢太郎も使うがギョッとする。下男下女奉公人は奴隷扱いな書き方を、昨日弥助の件でも見

posted at 22:07:06

どうもみなさんの反応が薄い「はりまや橋」についてだが、お馬さんの墓でも行ってこようかと考えたり寝ようと思ったり。お馬さんの墓っていっても回向院じゃねーよ、西福寺。過去帖で発覚したらしい。かなりのスキャンダルの上、何せ20も年下だったから別れさせられたのち結局遠く嫁入りし生涯を全うしたらしい。その家のお墓から近年しっかり個別に分けた。ぼんさん、純信のほうは瀬戸内のどっかの堂守になったんだったか、定かではない。五台山中腹の実家(井戸のあるところ。鍛治屋町の鋳掛屋の娘説が強いらしいけど)から遠く東京で余生(17歳以降)と聞いていたが。ちょっと下世話なイメージもある生々しい話なので、口を濁す人が多いのは元が俗謡だからみたいです(作者不明で歌詞も節もいくつかあるそう)。コソコソ遭ってたコソコソ岩。
b0116271_12015416.jpg

b0116271_12015553.jpg

b0116271_12015580.jpg

b0116271_12015529.jpg
こそこそ岩はまったくのデタラメ、ホラ吹きの吹聴した話と書く人もいる。

posted at 23:00:16
(後補)西福寺へ行ってきた。東京都北区豊島二丁目(豊島区ではない)、王子駅から徒歩圏内の隅田川も近いあたりで酷い戦災を受けてますが豪華に復活し、いっぽう古塔も残しています。昭和までの石橋供養塔はどこのものだろう。入口左すぐ塀裏沿いに塚があります。近年過去帖から発覚したお馬さんの塔です。嫁入りしたところは寺近くの家で、まったく語らず、そのままおばあちゃんになって寺崎家の祖先(碑文には合祀とある)になったようです。明治36年ですから(スキャンダル時まだ16歳)20世紀になってますよ奥さん。高知を出たのは明治十八年とありますから事件よりかなり経っています。色々あったのでしょうか。このあたりは高知で研究本を読み歩きましたがいくつか異説があると思われます。けれど、東京へ出たのは事実で、嫁入りしたのか居候したのかわかりませんがとにかく番地までわかっていたように碑文に書いてあります。ちなみにこの家のお墓は新しく普通の角柱墓となっていますが墓銘碑の初めの方にお馬さんと言われている戒名があり、幼女名と男名が並んで、最初、となってますので、この墓銘碑の元がいつなのかにもよりますが、普通は明治になって嫁入りし当時としては珍しく遅い子をもうけたとみるでしょうね。明治以降のみ刻んでいるのはそれ以前は墓を個別に作らなかったか別の場所ないし理由があって無かったという、無くはないことです。

b0116271_18152809.jpg
b0116271_18175542.jpg
b0116271_18190023.jpg
b0116271_18201810.jpg

供養墓の方に骨壷を移したかどうかはっきりしませんが移したのではないかなと思います。紅いはりまや橋の模型が置いてあるようなことがネットに書いてましたけれどいくらなんでもそれは寺崎側にも失礼ですし、取り除かれたのでしょう。※


※できたばかりの頃の写真がありました。位置が違うようです。直したとき取り除いたのでしょう。

b0116271_10450016.jpg


現場からは以上です。


by r_o_k | 2018-07-18 11:39 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi