島津家墓所(福昌寺跡)犬の墓〜メモ(墓石様式について追記)

島津家墓所の犬の墓
※長谷場と呼ばれる旧福昌寺墓地に改葬された「恵灯院」墓地の25代島津重豪の子を中心とする墓石群に含まれている。

慶応元年
珍豆俊狗霊位
b0116271_21043595.jpg

b0116271_20063234.jpg

元治二年
妙性善狗霊位
b0116271_20063368.jpg


妙雪善狗霊
b0116271_20063397.jpg

b0116271_20063334.jpg

明治二十六年
洋犬スケ
b0116271_20182831.jpg



b0116271_20112973.jpg

安政四年
巻髪善狗霊
b0116271_20112940.jpg

明治二十年
洋犬子ロ
b0116271_20112922.jpg

b0116271_20113025.jpg

嘉永四年
梅雪王狗霊
b0116271_20202908.jpg

嘉永三年
白雪俊狗霊
b0116271_20203015.jpg

b0116271_20203098.jpg

b0116271_20203016.jpg

慶応元年
松艶面狗霊位
b0116271_20203061.jpg

安政二年
往生菩提 徳性善狗? 位
※左脇に刻銘、右脇に十字のような白い跡がある
b0116271_20304817.jpg

b0116271_20304930.jpg

b0116271_20304942.jpg

明治元年?
芳○妙光尼霊位
※この墓塔だけ犬では無い。これら犬(明治の洋犬を除く)と何らかの関係があると思われる。
b0116271_20304963.jpg

ちなみにこの「位牌様式」とでも言えそうなお墓の形、浄土宗寺院にはあるようで、東京某寺の住職墓に以下単独でありました(名前が削られており隣に合同墓がある)。とにかく宗教から距離をとりたいあまり常識に欠けてすいません。欠けてたとしたら。
b0116271_16533949.jpg
〜記録まで。
b0116271_20304977.jpg


by r_o_k | 2018-05-07 20:03 | 写真 | Comments(0)

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi