鉄飛坂に鉢状穴を探して

体調がすぐれないけど近所ならいけるかなと自由が丘から鉄飛坂経由で東工大まで抜けた。結論、鉄飛坂上の庚申堂にボコボコの庚申塔があったと思ってたのは勘違いだった。むしろ立源寺の門前題目塔(いわゆるヒゲ題目ですが左右のうち左は江戸時代の個人供養塔で右は近世の皆で建立したもの)に疑惑を発見いたしました。立源寺は江戸一ニを争う日蓮宗寺院だった近く碑文谷の法華寺が今風に言えば叩かれて解散・宗派替えさせられ円融寺になったとき、身延山配下に入り今に残る日蓮宗寺院。
b0116271_20382298.jpg

高級住宅街や古い住宅街の中に狭いながら大木をはやかしたお寺として知られます。鉄飛坂(テッピョーズというポルトガル人が住んでいた、だから鍛冶技術が云々はたぶん妄想)の庚申堂は立派な庚申塔こそ堂内に収められ覗くことしかできませんが、狭い敷地に新しい小さな庚申塔が2基移設されており、うち一基はこんな道標も兼ねたものになってます。
b0116271_20382427.jpg

左ハ池上
右ハほりの内

池上は池上本門寺、ほりの内は堀之内妙法寺、後者は法華寺の祖師像を頂いた、共に江戸の二大日蓮宗寺院となっており、立源寺と関係があるのではないかとおもっています。天保年間のもの。ちな
b0116271_20382779.jpg

これは鉢状穴ではないですよね。話を戻して、右の題目塔は土台こそ左と同じですが上は大正時代のもの。穴のようなものはありません。左はたぶん材質は同じなのですが、石碑の根本石の四隅に
b0116271_20383094.jpg

こんなすり鉢状の穴がある。こちらにだけあるのが怪しい。江戸時代のものということです。
b0116271_20383363.jpg

四隅のほかにもうっすらですが2つほど認められました。
b0116271_20383887.jpg

うーむ。
b0116271_20383519.jpg

どうなんでしょうね。四隅に何か立てるための穴かなとも思いましたが、石塔に笠をかけるとか聞いたことないし。
b0116271_20384132.jpg
b0116271_20384415.jpg

b0116271_20384795.jpg

2月上旬に水ごりをやってます。

このへんはほんと古いものがないなあ。。
by r_o_k | 2018-02-11 20:05 | 不思議 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30