歳時記:写真でたどる日本橋今昔-2017/9(参考銅版画追加、明治写真さらに追加、修正)

b0116271_22003165.jpg
〜日本橋魚市場でタコ大暴れ(芳年)19世紀後半
b0116271_21474919.jpg
日本橋魚廓図(亜欧堂田善)19世紀初頭頃。まだ浮世絵表現が爆発する前。彩色版も現存。松平定信の司馬江漢に増して魅了された、線の精密で圧倒的写実ぶりが一目瞭然な小銅版(江戸名所シリーズ)で、江戸時代の日本橋の「写真」としてどうぞ。庶民(そして恐らく多くの下級武士)相手の泥絵に零落していった司馬流儀は、西欧的遠近法という個性の主張が鏡絵という立体視法を前提として壮大で極端な歪みになり現れるものになるが、亜欧堂は現代的洋画感覚をもって複雑な被写体でもそのまま写す。井上安治より個性を出さない。銅版という技術の難しさが作為が入り込めない様式を呼んだのか、だがこの忠実さが松平に日本初の精密世界地図を委託される理由にもなったのだろう。北斎の実験銅版画は浮世絵で一般化した極端な遠近法を洋風画と緻密に融合させ、銅版画として完成されたものになってはいるが、出来には北斎そのものがあらわれすぎて現実風景とも洋画とも浮世絵とも異なるものになっている。まさしく写真という言葉は亜欧堂に相応しい。銅版画は画材や技術に左右されるので確実な技法と潤沢な画材流通経路が確立するまでは一般化しなかったが、維新後小型のものが主としてガイドや地図の名所説明挿絵で一気に増え、すぐに普及する清新な石版画への橋渡しのようになった。生き残りに必死な絵師は木版から銅版、石版と手がけ、こだわる者は木版で浮世絵師として衰退した。浮世絵版画は分業に付き人手がかかるので誰かが廃業したら終わる。-

というわけで「浮世絵じゃ見えない」日本橋を見ていきます。江戸時代のものは必然的に除外されますので、亜欧堂だけは前に引用しました。
b0116271_22003431.jpg
〜「尾張徳川家の幕末維新」より明治初年の日本橋と推定されているおそらく最古の写真。
b0116271_16305376.jpg
〜(参考)短命だった18代日本橋(明治三年〜五年焼失)、横浜開港資料館蔵→とされたが洋泉社「150年前の幕末・明治初期日本」によれば17代で同じもの。たしかに最初の写真と似ている。
b0116271_09331387.jpg
〜一見同じ写真に見えるが橋上の人影、下中央の亡霊のような三人の魚市場の人から同時に撮られた別の写真と思われる。松戸市戸定歴史館蔵「泥絵で見る大名屋敷」学研より。2018/2刊行「150年前の〜」より何れも横浜発の英字紙「ザ・ファー・イースト」の専属カメラマンで知られるモーザーの手による(尾張徳川家所蔵版による復刻を見る限りファー・イーストには後者が採用された)。同書では高精細撮影によるより明瞭な写真を確かめられるが、見開きに1枚の写真を掲載するなど全体は見にくいところがあるので注意。。

b0116271_03361401.jpg
〜明治四年??「日本橋夜景」井上安治、明治五年架橋直前の貴重な18代日本橋の絵?確かに橋の反りがあり、真っすぐになる次代と違うように見える。してみると師匠の清親より前に描いたことになる…

が、まだ十歳にも満たない頃のはずで、光線画すら確立されておらずその時期の作品なわけはない。これについては明治二十年出版の絵地図にこういうものがある。
b0116271_21334127.jpg
これは明治浮世絵で知られる伊藤静斎の絵による銅版画。安治を写しているか、古い絵を写している可能性もあるが情報量からしてちゃんと描いたものだろう。もう少し後になると同じアングルの写真も出てくる(建物の二階から見える景色なのだろう)。これは19代である。
b0116271_00115520.jpg
開化絵にもあります。

かつ橋の拡幅があった可能性を示唆している(後注:明治後期に鉄道開通のため拡幅したそうです。それまでは鉄道馬車でしたが乗り心地は最悪だったとか)。鉄道が通ることになるわけで、誇張があるにしても↓
b0116271_02564319.jpg
日本橋上(清親)

※時期の問題はあるが木村荘八さんなど秋葉原の例を出し清親は誇張して田舎に描くといい、実際に弟子の井上安治が同じ絵を書き写したり同じ場所で書いたものはドラマがなくより写真的なものもある。安治の銀座などは清親より写実とみられるらしい。いずれこれらの名所絵の時期は明治10年よりさかのぼるものはなく、架替よりしばらくたっている。生活道として観光道としてこの静けさは演出とも思える。
b0116271_17513840.png
東京真画(小型名所絵)シリーズ(6割が清親の模写といわれるがこれは独自)日本橋夜景(安治)橋上に沢山人が見える。

b0116271_12144375.jpg
名所絵一覧の小銅版画だが多分これらの中では一番古い絵か。架橋8年後(明治13年)の19代日本橋。
b0116271_23005845.jpg
明治初年の日本橋、というが人馬を分ける柵や袂の石柱より19代初期か。橋向の白壁は有名な魚河岸の納屋蔵で遠景はよく撮影されている(明治八年竣工)。手前左に高札場が残り、大傘には天ぷらと書いてある露天商。対面の橋の袂の小屋根3つは晒場とも(日本橋資料に基づく「よみがえる明治の東京」記述より)。
b0116271_23054614.jpg
電信局前の橋脚。まさに反りのない真っ直ぐな木橋だったことがわかる。
b0116271_12522528.jpg
電信局を逆から(北岸西側)「よみがえる明治の東京写真」
b0116271_23064687.jpg
日本橋町対岸で健在だった四日市町河岸から遠く日本橋や蔵を眺める。通常、橋の逆方向からの写真が多いので面白いですね。
b0116271_23091379.jpg
鉄道馬車が通る木橋。同じ角度の先の写真より時期が下る(手前右方向に石壁ができ細かい建物がなくなっている、歩道を分ける壁が撤去されていて、あるいは拡幅されたあとかもしれない)。この本では木橋のあと鉄橋、石橋になったと書いてあるが鉄橋は疑わしい。拡幅時の補強だろう。以上「東京そのむかし」宮尾しげを著より

-最後の木造になる。Wikipediaに19代のあとにいったん石橋があったかのような記述がみられるが、あったとすればその頃から二本架けられていたことになる。そういう景色を写したものは知らない。ただ、架替中に仮橋が下流側すぐ脇に架けられて、二本あった時期はある(後記:Wikipediaにも絵葉書が掲載、仮橋には両端に石造りの橋脚がないので別とわかる)。絵葉書となった航空写真で確認できる(市電は通れる幅がない)。地上から袂を撮影した絵葉書では仮橋を通る道は本道から横にそれて混み合っている。

最初は馬車道と歩道は分けられていた。
b0116271_09505412.jpg
〜「明治の東京写真」より
b0116271_21570074.png
この角度の写真は明治中期からいくつも出てくる。また、魚河岸から撮影した写真も多いのは絵になるからだろう。
b0116271_22320656.png
鉄道馬車時代のクリアな写真は結構珍しいと思う。
b0116271_21575682.png
魚河岸から。
b0116271_09520375.jpg
ちなみに魚河岸はこのような感じです。かなり広かった。「明治の東京写真」より
b0116271_16392561.png
江戸城をのぞむ珍しい写真。明治初期という。
b0116271_21005152.jpg
b0116271_10570295.jpg
b0116271_11010145.jpg
b0116271_20594014.png
写真絵葉書(それまで紙貼りの写真葉書はあった)は明治後期以降に登場するもので、手彩色のものは明治40年代より遡らない。市電が見えますが、拡幅後ですから石橋架替前くらいでしょうか。拡幅され真っ平らなさまがよくわかります。
b0116271_23411539.jpg
南詰(明治40年代)東京名所図会
b0116271_22221386.jpg
南詰(明治33年)個人蔵、書籍より参考

b0116271_16511628.jpeg
:架替の仮橋
b0116271_17451807.jpg
b0116271_20591670.jpg
:お役御免の仮橋

19代日本橋にも都電(市電)は走っていましたが、拡幅では耐久性にも問題があったのでしょう、数年で改めて鉄路を含む市指定の道幅を確保するため20代は頑強な石で架けられた。20代日本橋のとき関東大震災があり一帯はこっぴどくやられました。鉄路には市電を走らせることができなくなり、鉄道馬車が走りました。下の写真のような皮肉な光景が見られたのです。のち空襲でも焼き尽くされますが石なので今ものこります。
b0116271_18183443.jpg

b0116271_20533496.jpg
:震災復興後の日本橋(背後の白いビルが三越)昭和七年

日本橋はお江戸から現代まで(今や橋じゃなく地名としてかもしれないけど)東京の中心。運河だらけの江戸の日本橋川という川にかかっており五街道の起点となっていました。明治44年に真白い石橋に架け替えられたのが現在の国重文の眼鏡橋になります。街燈や銅像など和洋折衷の見事なものが装飾的に配置され今も保存よく残っています。国重文というとお雇い外国人ぽいですが日本人が設計しました。徳川慶喜の揮毫による銘板も見えます(漢字もあり)。
b0116271_16122411.jpg
ちなみに橋のたもと(三越の向かい側)に近年記念碑と案内所ができましたが、20代目という説明がされています(くわしくは別の場所にこのあたり区の案内所があるそうです)。日本橋川クルーズの発着点の向かい側(三越側)が昭和初期築地に移る前の魚河岸跡で、記念像が残されてます。そのためこの部分はちょっと景観は変わってます。下記写真にスロープ状の橋の構造が断ち切れて残ってます。ツイートの写真と見比べてくださいな。これらのことを記したと思われる銅板は水に向かっており、橋の上から見ることは難しいです。
b0116271_23425056.jpg
魚河岸(明治40年代)
b0116271_16150610.jpg
というわけでわりと三越にはよく来てたせいか見て回ったりもしてるんですが、改めて絵葉書写真を中心に、それについて。明治5年架橋の木造橋(二枚の写真のとおり架け替え前には都電が走っていますので、都電(市電)を通すため石橋に架け替えたというのは厳密には誤りです。ただ、理由の一つにはなったと思います。また明治初期から石橋だったという説は写真の橋脚構造を見る限りでも明確に誤りです。都電が通った後にもしばらく木造だったわけです)


道路元標碑のこと。元標そのものは地面に埋め込まれている。
b0116271_16163628.jpg
b0116271_16171461.jpg

<開通記念絵葉書の構図>


最初の写真のほうですね

あ、さきほどの日本橋の件は現役書籍にちゃんと書いてあるので、ネットより書籍を信じましょう。

昔の日本橋の話をしていて、どの時代に主眼を置いてるかをハッキリさせてからでないとだめだと。魚河岸が日本橋にあって賑やかだったが末期はあんまりいい雰囲気じゃなく、移転してなんもなくなったてのはまあ聞いた話(関東大震災で壊滅後、大都市計画により昭和初期には築地に移った。江戸名物がまた消えたと言われた)。
b0116271_20363696.jpg
:築地魚河岸(昭和七年)

問題は都電は日本橋を通ってる一本だけって話で、地図や写真の電柱から逆川沿いにも走ってた話が。買い出しは日本橋の魚河岸だったそうだが、写真からするとそんな大きな感じはしないんだよなあ。その対面に川沿いに都電が走り、日本橋手前で交差するようになってるのが手元の大正くらいの地図。地図もいーかげんなこともあるので、写真を見ると今の日本橋開通時の写真に川沿いズラッと電柱が写ってる。ちな、木橋のころの写真(明治初期架橋のもの)だと日本橋が今の感覚から言ってけして大きなものではないように思う。先の石造日本橋開通写真も割と残ってるが、しょうじき今の感覚からするとみすぼらしい電飾を小さい橋にかけてるよな、、、まーそれでも木橋のころから都電は走ってるんだけど。
b0116271_11001423.jpg

by r_o_k | 2017-10-12 10:56 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi