怪物図録(2)「山囃子」〜「突き」

(怪物図録はみ出し編-1)
つづきです。2004〜

b0116271_09584313.jpg


山囃子(やまばやし)

マモン

木心坊(きしんぼう)

平山婆

チリ ラ・ノリアのエナーノ

チリ コンセプションの小人ミイラ

ブラジルのETガイコツ

善国寺僧

幽霊千人

田村家の石

朱盤

千年もぐら

赤石川サルコ淵の怪獣

斉藤朴園がのちぞひの妻

ラブーン

猫猿カンガルー

七足の蛸

狐の玉

天より降る官人

釜鳴

十騎町山崎門扉の大眼

犬の思

やろか水

山本勝之助の傘に入った者

笑地蔵・泣地蔵

突き


江戸後期のいっとき頻発した怪事件で、夜道突然背中を槍で衝かれる。辻斬りや通り魔と同じ犯罪の一種とは思われるが、槍などという大きなもので突くのは不思議でもある。

by r_o_k | 2017-08-22 09:59 | 怪物図録classic | Comments(0)

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi