揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

江戸怪談 生きている髪のはなし

江戸怪談 生きている髪のはなし_b0116271_17185490.jpg

江戸某の婦人、髪の長さ9尺余りもあり、引くと更に3尺過ぎる。月に3、4尺切るが、すぐさま3、4尺伸びる。ついには剃って尼になった。 

昔一人の婦人、髪を結って寝ると一夜にして解けてしまう。果たして夜見ると髪の毛が自ずと散って揺れ動いている。ある医者、深夜に動揺する髪を取り短刀で根本から切り、直に熱湯に投げ入れた。髪はたちまち血と化して、以後この病は収まったという。 

これらは血のなすところとされる。医書に髪を血余と書くとおり、そのような髪を器に納めて焼くと皆血と化す。薩摩の農民に頭頂部に瘤のある者がいて、医師の土橋氏が削り取って見ると細い毛の塊が入っていた。解いて見ると牛の毛のような長さ一寸ほどの髪の結えたものだったという。 

(佐藤中陵「中陵漫録」) 

2013年01月21日14:03 mixiサルベージ


(怪物図録「血余」の項の原本)
by r_o_k | 2017-07-20 17:14 | 不思議 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31