江戸怪談 おきて

b0116271_13395435.jpg
石川某なる人が大御番をつとめ、上方を行き来したときの話。

どこの宿場かは聞き忘れたが、宿に着いた頃には風雨が激しくなり、まさに大嵐といった空模様。早々に宿屋の主人が出てきて言う。

「当宿場には、このような荒天時は決して人を外へ出さないという掟があります。このような日は、人足や馬の賃金さえ受け取りに来ることはありません。」
「御家来衆にもなにとぞ、決して外出はなさらないようにお伝えください」

「なるほど」石川氏と同僚三名はそれぞれの用人を呼ぶと、その旨を中間たちに周知するよう申し付けた。すると同僚の抱える中間の一人が用人に懇願した。

「先ほど休憩をとったところで草履の代金を貸しましたので、ぜひ取りに行きたいのです」
「ご主人の命であるから、それは叶わぬ」

用人が固く禁じると、一旦は引っ込んだものの、しばらくしてまた同じように、

「明日には発ってしまいます。今取りに行かないといけないのです」
「土地には土地の掟というものがある。諦めなさい」
「どうしてもあの金が必要なのです。すぐそこなのです。これくらいの雨なら蓑もいらないくらいだ。是非に」
「黙れ!ならぬものはならぬ。」

きつく叱ると、その中間、しぶしぶ葛などが積んである従者部屋(次の間)に引っ込んでふて寝を始めた。

しばらくして用人は中間の様子が気にかかり、従者部屋に行ってみると、果たして姿が見えない。あわてて宿じゅうを探すがどこにも見つからなかった。これは宿の外に出て行ったに違いないということになり、宿屋の主に伝えると、

「このような大荒れの日には、この宿では必ず怪しいことが起こります。ご覧ください、あらゆる戸口には錠を下ろして固く閉ざしてありますので、決して表へ出ることはできません」

と答えた。

「さても不思議なことである」石川氏と同僚たちは灯りを点し、宿の者や用人らと更に隅々を調べた。

「うわっ」
用人の声があがったのは玄関であった。一同集まってみると、

錠で閉ざした大戸に一寸ほどの節穴があった。

その節穴と周囲に、おびただしい血が流れていた。用人がおそるおそる節穴に手をやると、一房の髪の毛が垂れ下がっており、摘んで引き抜くと、皮肉のかけらがへばりついていた。

「外へ出たいという中間の執念に、何者かが魅入ったのだ」
「髷を引き掴み、この節穴より一気に引きずり出したのだ」
「恐ろしい妖怪がいるものだ」

一同舌を震わせて恐れた。
果たして嵐の夜が過ぎ去っても、中間は戻らなかった。

~東隋舎「古今雑談思出草子」
参考、花房孝典編著「大江戸奇怪草子」三五館1997

(mixiサルベージ)

by r_o_k | 2017-07-19 13:44 | 不思議

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31