江戸怪談 動物魚介変化のはなし

江戸怪談 動物魚介変化のはなし_b0116271_15405166.jpg
2013年02月01日
江戸怪談 動物魚介変化のはなし_b0116271_23133563.jpg
板屋桂意広長は土佐家の御用絵師だ。その息子の桂舟が未成年のとき、文政七年五月のことだった。何か鉢植えにする物があって鉢を探していると、縁の下に古い鉢があった。取り出して見れば、梅・菖蒲・雪の下などが植えてあるが、みな枯れ果てて土も乾いていたので、すべてぶちまけ空にした。すると土の中から魚の形をした物が飛び出た。よく見れば菖蒲の根が蠢いている。桂舟とても驚いて父を呼んだ。この時、桂意は朝飯を食っていたけれど、急いで行って見るに、あやめの根が魚の形となって動くため、水の中に入れさせて見ると、まず口から出来始めて、そのうちに尾ひれもついて、一時ばかりの間に全く魚となって水中を泳ぐさま、鯉の子そのもので少し金色をも帯びていた。

この事たちまち人口に膾炙して、見に来る人もいた。屋代弘賢翁の考えによれば、龍はよく変化して蟄居しているものである。もしこの魚が龍種であれば、時日を待ち、風雨を起こし昇天するかもしれない。触らぬ神に祟りなしのことわざもあるから、広い水中に放ってやるのがよいだろうと噂がたったので、すぐに弁慶堀へ放ったという。この話はのちのち確かに聞いたうえ、また、この変化するところの有様を、桂意が絵にして言葉をも書き置いたのを、ある書家から借り得るまま書画とも正確に書き写して置いた。世には珍事もあるものだ。


江戸怪談 動物魚介変化のはなし_b0116271_23133103.jpg
友人の佐枝何某は、尾張の国津島で跳ねミミズがムカデとなるところを見てから、跳ねミミズが嫌いになったと話した。又、鳥居吉右衛門も名古屋建中寺前で二回見たと話した。

(鳥居吉右衛門の見たのは青ミミズにムカデの足が生えたところだという。佐枝何某の見たのは頭の方はムカデとなり、尾の方は未だミミズで、足も頭の方はちゃんと生じ、尾の方はだんだんと少し生じていた。)

私は名古屋で成人したが、一度も変化する所を見たことが無いので、このように変容話を聞いても、不審に思うのは私だけに限ったことではないだろう。国により所によってはいくらもあることだろう。聞いてみたい。

またある人が、アサリがカニに変化しかかっているものを所持するとの事を聞いていた。私の下男幸蔵は、我国愛知郡戸田村の者だが、この村ではアサリはたびたびカニとなることがあり、成りかかりも時々見当たるから珍しくもありません、というのでよく聞くと、アサリの殻を被り、肉は細長く出て、その出たところに毛が生えて足となり、やがて殻を脱して紫色を帯びたカニとなるという。

(三好想山「想山著聞奇集」)1850年刊行

文政二三年頃だろう、鰺ヶ沢の漁師たちが一匹の蛸を捕えた。その蛸の脚一本は俗に白ナブサという蛇で、しかもウロコも全く備わり、蛸の頭に付着するところは蛇の頭の方で、眼口は無いけれども他七本の普通の脚と長さも等しく、三時ばかりの間はこの蛇の脚のみ死にもせず蠢いていたという。これは魚の行商をする岡田屋伝五郎という者の話したことだ。


江戸怪談 動物魚介変化のはなし_b0116271_23132524.jpg
官医佐々木某なる人は子供の時湯口村という菅公宮に参詣してその帰る途中に、小さい沢蟹数十を購入し水鉢に入れてもてあそんでいたが、六七日の間に皆逃げ出て行方が分からなくなった。そしてその年の七月頃、台所の床の下から一匹二匹あるいは六匹七匹ばかり日々出てきたものを見ると、皆セミのような薄い羽を生じてどこへともなく飛び去った。ハサミも脚もそのままあったという。これは天保初年のことで佐々木氏自身が語った。住むところによれば、カニもこのように変ずるものなのであろう。



また、天保五六年頃に、どこの海中から揚がったものか、大きな蝦蟇があった。頭の方はソイという魚になって下半身は蝦蟇であったものを、ある太夫の邸宅へ持ち来たのを見たといって藩中七戸某が語った。

(平尾魯遷「谷の響」)

板谷氏の話は変化絵を売るための捏造だったとされています。
中国ではあらゆるものが龍になる思想があり、変化というのはひとつの奇談の典型ですね。ほかにも「トド(出世魚)のつまり」を海獣のトドと勘違いした随筆など、真に受けると変な解釈になってしまいそうな江戸話もあります。
(mixiサルベージ)

by r_o_k | 2017-07-18 23:15 | 不思議 | Comments(0)

揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31