2013年8月25日までのつぶやき

b0116271_1238253.jpg


8/19
月曜の辛い感ハンパない
posted at 23:08:05
多摩川花火大会は見事だった。うちからまっつぐ見えた。ツイート忘れてた。
posted at 23:10:41
どうも塩梅が悪い。エアコンを入れてからというもの、室内にえもいわれぬ気味悪さがわだかまっているような感覚に囚われる。四方窓を開け放っていた頃には無かった。怪談とは暗闇の密室で醸造される、そうかわかるな。。
posted at 23:17:43
京都心霊スポットツアー、いつか行きたいと思ってまだ行けてない(録画見)
テレ東の番組
posted at 23:18:33
東京は近年二度も焼けてしまった土地だからどこも新しくて、イギリスみたいなゴーストツアーは白けてしまう 京都はゴーストツアーが成り立つ土壌があるなー BBAてツアー会社
posted at 23:20:27
ビッグフットの番組見ていて、ふとピッグフットで検索したら豚足でてきた
posted at 23:47:44
パシリムばかりが話題だけど堀越二郎のアニメも悪くないぞう。架空の堀越二郎に別人の私小説を合成して監督の趣味の世界を押し通した、ヒコーキ好きでも何でもない自分には何がなんだかわからなかったけどヒロインは美しかったし音と映像は新世紀だった。第一回鳥人間コンテスト優勝まで描けば満点。
posted at 23:57:25
8/20
WWZは原作を読み直せ そしてブラピを追放しろ
posted at 00:02:12
パシリム2作るならチェルノは活きてたことにしてほしいよな あれじゃ浮かばれない ナイフヘッドはギロンだったけど、そもそもイェーガーと怪獣が対峙してるのってメカゴジラの絵に見えてしょーがなかった特撮博物館の記憶
posted at 00:08:47
ジャンボーグAの再放送をさんざんやってたおかげでイェーガーの操縦がジャンボーグAダブルエントリーシステムにしか見えなくて。。あれはエヴァじゃない、ジャンボーグAだ
posted at 00:12:04
パシリムラストでお約束のキスが無かったのは次作への布石なのか?
posted at 00:14:03
いやいや、そもそもスタトレなんか作ってないでクローバーフィールド続編でも作っとれJJって話だったんだ、クローバーフィールドの怪獣は子供って設定だったはず。寄生虫までパクられてどうする。
posted at 00:16:10
堀越二郎のアニメはネタバレしようがない散文詩だけどパシリムはただただ叙事詩だからネタバレしてしまうわ。WWZは群衆ゾンビをあそこまでインフレ化したのは良かったけど、イギリス行ってから単なるバイハザだからなあ。。
posted at 00:19:58
菊地凛子の日本語が下手くそだったな。
posted at 00:35:59
イエーガーのデザインはアメフトっぽい。体育会系だ。和製ロボットは文化系デザイン主流だから肉弾戦には弱いのかもしれない。ロシアンサンボのチェルノには期待したのに。。三本腕にはただただ予算不足を恨めと。
posted at 00:46:30
パシリムの陽の気ですっかり部屋の陰気が消え去った。眠気も去ったのでちょっと困る。まだ月曜日。
posted at 00:49:20
クローバーフィールドにこだわるけど、あれって破壊獣だっけ原題、寄生虫は便所コオロギだったよね。パシリムの怪獣の寄生虫はダイオウグソクムシだった。どっちも肉食だけど、ダイオウグソクムシはあんまり食欲無さそうだよなあ。
posted at 00:51:37
加賀の大聖寺の妖怪伝承を巡りたいなあ。地方妖怪全集とかいつか作られるんだろうなあ。散漫には作られてきているけど。
posted at 01:01:50
8/21
こいつがバナナムーンで言ってたグロブスターか。 オレ的ゲーム速報@刃 : 【パシフィック・リム?】ペルシャ湾で謎の巨大生物の死骸が発見される…うわでけぇ!!! http://jin115.com/notify-Keikoku-Notify?aHR0cDovL2ppbjExNS5jb20vYXJjaGl2ZXMvNTE5NjQ0MTYuaHRtbA==
posted at 08:55:11
CHIEの対抗馬としてのしてきた芸人さんだなあ。でも読んでみたい題名ではある>RT はやぶさゆか初の単行本「パワースポットには行くな!〜本当はやってはいけないスピリチュアル〜」 http://goo.gl/9CAQQA
posted at 16:40:51
リンカーンの後番組が100秒アカデミー??DTが昼間にやってたので珍しくて録画しといたけど、あれパイロットだったのか。
posted at 18:01:37
オカルト番組の好みがさいきん枯れてきて、子供がワーキャー言うようなものより、歴史や芸術の香りをただよわせたオカルト要素を少し混ぜたくらいの番組が落ち着く。
posted at 20:15:08
谷根千もすっかり観光地だなあ。
posted at 20:17:11
本気で若年性更年期だと思う。
posted at 20:18:31
谷根千もゆえあって行かなくなった土地ではある。夏の夕暮れに坂下の甘い稲荷を買って全生庵の墓地で円朝さんの墓の前で喰らう風流も十数年前。
posted at 20:20:48
むかしは円朝コレクションは盆の一週間しか展示しなかったような気がする。今は8月いっぱい。
posted at 20:23:22
異界と他界、なるほど。妖怪は異界、幽霊は他界。
posted at 20:33:03
ガキ使の田中直樹野生の王国をいったん消したが何となく戻した。こういう企画が面白いと感じること自体枯れてる。
posted at 22:21:48
雷は鳴るが降らない。寸止め。
posted at 22:23:33
ガキ使ヘイポー赤ちゃん2連発を見たあと秒速5センチメートルを飛ばし見る。秒速って1999年に高校生だった主人公がまだ二十代のうちに会社を辞めた、そんな十数年程度の間のすれ違う切なさを描いている。ヘイポーさんはガキ使肝試しで25年の長きに渡りおんなじヘタレキャラを描かれている。
posted at 23:57:18
秒速の主人公が後のヘイポーさんだった、とか切なすぎる脳内補完が行われそうになった。そんなの庵野版ナウシカ2より厭だ。
posted at 23:59:31
8/22
人生の機微の数々をたまたま一つの軸で抽出してみたのが秒速の世界とみるなら、たとえようもなくリアルだけれど、でもやっぱりあんな青春がこの世に存在することはない。だからこそ作品たりうる。風立ちぬもありえない描き方だ。だがヘイポー肝試しはまさかありえない現実を描いている。
posted at 00:06:29
先週おかしな夢を見た。中東で少年兵士となって、銃器を手に埃の中を走っていた。仲間や大人と命をやりとりしながらも笑いも絶えない不思議な感覚だった。最初は現実の自分の感覚が残り銃器に恐怖を抱いた。しかし世界に呑み込まれると銃器は日常になった。玩具のように拳銃を奪った。安全装置壊れてた
posted at 00:10:12
夢の中で私はイスラームだった。なぜだかわからないが色々と知っていた。思い出せない決まり事が沢山あって、僅かに残った現実の自分の意識が奇異に捉えていたのも時間の問題だった。起きた後何か変わった。凝り固まった価値観は想像力で如何様にも変わるのだ。
posted at 00:16:34
長い眠りは脳細胞を壊すかもしれない。けれども想像力に大きな翼を生やすきっかけにはなる。昨晩も10時間くらい寝たが、今日は起きて、長い眠りの成果を記録しておく日にする。
posted at 00:18:54
脳は深い海溝にとことん沈むタイプと広い大洋を止まらずに泳ぎ続けるタイプがあって、前者には後者が物足りないし、後者には前者がきもい。橋渡しをするのは科学的視点を持ったヒョーロンカとかそういうんだろう。
posted at 00:36:32
facebookの埋め込みスクリプトをやはり理解できないgooブログ
posted at 10:03:42
78rpm聴いてて音質も何もありません 聴けるだけ幸せです あと、クラシックは同曲異演を楽しむ分野なので、解釈の違いが聴き取れればいいのです 音響にこだわる演者はむろんsacdとかそっちを聴くべきでしょうが、私は耳が少し悪いこともあり、気になりません。
posted at 17:13:42
8/23
浅草には普通に門付いたなあ
posted at 00:08:30
8/24
4時にガマガエルとカンガルーとマンタの合成生物の夢を見てびっくりしておきたがフマキラーが見つからずうるさくて眠れない
posted at 05:46:09
8/25
はだゲンをまるのまんま信用するのもどうかと思う。けっこう過激に演出してるところもあって、そういうとこが大人の首を傾げさせてた記憶もある。一般人が日本刀抜いて追っかけるとか、あったとしても地域性だろうと。
posted at 20:54:12
Twitterしばらく放置してると面白いツイートが溜まってて却ってめんどくさくなるな
posted at 20:56:12
小学館ビルの水木先生のラクガキはどう見ても水木先生の最近の画風じゃないんです
posted at 20:57:09
小学館ビルは関連会社が入ってたので懐かしいけど、ビル自体は小汚かった
posted at 20:58:12
9時過ぎてもまだ24時間テレビやってる。なんだこりゃ
posted at 21:16:14
by r_o_k | 2013-08-26 12:36 | 純粋日記 | Comments(0)

岡林リョウの日記☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi