揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記

室町時代に七福神信仰が定着して最初に組まれたのがこの都七福神、即ち日本最古の七福神ということになる。コースは北山から宇治まで至るもので歩いて廻るのはとうてい無理。余り便利のよくない場所にある社寺を含むことを考えると車で廻るのが一番で、1月中であれば観光バスで行くのが最も効率がよい。というわけで当初は自力で廻ることを考えていた私も観光バスを急遽頼むことにした。ちなみにかなり混んでいた。七福神の縁日は7日なので、それに近い日付の週末ということもあったと思う。

七福神には三つの国の神が入り交ざっているといわれる。インド、中国、そして恵比寿のみ日本というわけだ。国が多いだけにご利益盛りだくさん、もっとも日本において七福神めぐりというのは最初から観光を兼ねた「宗教スタンプラリー」だったそうだ。都七福神は江戸で娯楽化された多くの七福神よりも古いから、必ずしもスタンプラリー的な位置づけではないだろう(から歩いて廻るのも難しいほど分散している)けれども、今見るに、六波羅蜜寺あたりが中心となって観光的盛り上がりを作っているふうなところは否定できない。もちろんネガティブな意味だけで言っているのではない、スタンプラリーであっても楽しくご利益を得られればいいのだ。

1.松ヶ崎大黒天
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11373755.jpg


北山の「法」の字の裾野にある大黒さん。小さく田舎ふうで、本堂内の黒い小さな大黒さんを直接拝むこともできる。

2.赤山禅院
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11373952.jpg

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11373994.jpg

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_1139849.jpg

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_12102485.jpg
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_12105154.jpg

修学院近くにある山中のここは京洛の不思議スポットとして挙げられることも多い。言うまでもない京都の表鬼門封じの寺。寺といってもちょっと変わったいきさつがあって、比叡山延暦寺の塔頭でありながら(閻魔大王である)泰山府君(赤山大明神)をまつる、神仏習合の社となっている。御所の東北の角に猿ケ辻という猿像が置かれた場所があることは有名だが、東北方向にあるこの寺、拝殿の屋根上に呼応するように南を向いた猿像がおかれている。猿は「災いが去る」の掛詞。サンスクリット文字だけで構成される特異な絵馬や、手作りの福禄寿おみくじなど土産物にも事欠かない。福禄寿をまつるが見ることは出来ない。
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11373415.jpg


3.革堂(こうどう)
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_12112487.jpg


下御霊神社の南すぐにある。けっこう大きな寺院。巨大な寿老神像は必見。
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_22304523.jpg
普段は本尊千手観音菩薩像の脇に供えられている通称「幽霊絵馬」。盆の3日だけ供養のため公開されますが、今は撮影できないそうなので「京の怪談と七不思議」表紙から(書籍等にはカラー画像もあるようですが像容がいよいよボンヤリしていて色彩があってもさほど変わらないです)。文政年間、近所の質屋に子守奉公に来た娘がこのお堂で赤子に御詠歌を聴かせ覚えさせたことに法華宗の主が激怒し折檻のすえ納屋に放置して凍死させてしまった。出奔したと嘘をつかれた娘の両親は怪しみ京へ上るも手がかりはない。いつも子守をしていたという革堂で御詠歌を詠み娘にあわせてくれるよう祈った。すると夜中に子が忽然と現れる。顛末を語り、母親に貰った手鏡を置いた、果たして夢であったが、起きてみるとたしかに手鏡が置いてある。奉行所に訴え出ると納屋の土中から遺体が発見され、主は刑場の露と消えた。娘の菩提を弔うため作られたのがこの絵馬で、娘の絵と詳細の事情が書き込まれ、手鏡の実物を埋め込んである。何やら宗教紛争のような話でもあるが、絵馬は素朴な作りにも見え、作為的なかんじはそれほどしない。今はかなり褪せてしまったというが残念。

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11373970.jpg

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11373090.jpg

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11372921.jpg


こちらは下御霊神社。御霊信仰のうちにあるものだが、直接誰かの祟りを鎮める目的で作られたのではないらしい。

4.東寺
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11372661.jpg


毘沙門天をまつる堂が無料で拝める。見ることは出来ない。大黒天などもあるので間違えないように注意。
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11372970.jpg

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11372748.jpg

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11372630.jpg


ここでは桃山時代に作られた夜叉神堂を見ておきたい。雄雌二体の夜叉神像はもともと南大門左右に安置されていたが、通る人が拝まないと祟りをなしたという。教訓的な意味合いもあったのかもしれないが、その後中門の左右に移され、中門がなくなったあとに現在の小堂にひっそりおさめられるようになった。弘法大師の作とされるが、じっさいとても古く、瘴気が感じられる。七福神中で見られる最も不思議なスポットだと思う。
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11372736.jpg


5.六波羅蜜寺
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11424195.jpg
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11432275.jpg
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11435487.jpg
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11442895.jpg

弁財天をまつる。金ぴかの像をすぐ拝める。来るごとに寺勢が上がっているように思う。都七福神の中核でもある。平清盛・あこや塔でも有名。観光バスだとここで特別にお祓いを受けることができる。銭洗い弁天もありなかなか楽しめた。商売気が嫌いな人には向かないが。ここからゑびす神社へは歩いていける。

6.ゑびす神社
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_1145190.jpg
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11453465.jpg

京都ゑびす神社、この日はよいよいえびすの縁日でにぎわっていた。像は拝めない。
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_1146887.jpg

本殿の向かって左脇の戸を叩く風習がある。恵比寿神は耳が遠く、拝むだけでは願いを聞き届けてもらえないから、本殿を叩いて起こして改めて聞いてもらうのだ。格子ではなく戸を叩くのはマナー。
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11464252.jpg

7.万福寺
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11471724.jpg
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11475158.jpg
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11482197.jpg

黄檗宗の総本山、重要文化財指定だらけの大寺院。布袋尊をまつる。堂々と写真にもとれる。この寺、好きで何度も訪れているが、この日は縁日で無料開放されていた。この寺だけ宇治にあることからちょっと足を伸ばす必要がある。黄檗宗ならではのものがいろいろとある。なんだろう天井にぶらさがってるもの。
京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_1148506.jpg



以上、七福神めぐりは午後5時にオワリ。そして、今回の落穂拾い旅も終了とあいなりました。おつきあいありがとう。

京都奈良怪異落穂拾い(5)都七福神にて ※幽霊絵馬追記_b0116271_11492237.jpg


写真はこちら>flickr

by r_o_k | 2011-01-14 11:49 | 旅行 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31