揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

岡林リョウの日記☆Twitterまとめ日記。過去旅行の整理、歴史・絵画など。

渋谷のエッジより

渋谷のエッジより_b0116271_04531100.jpg

渋谷のエッジより_b0116271_045317.jpg

渋谷のエッジより_b0116271_0453119.jpg

日野娘も捕まったらしい。そんな薬物でさかんになっているという道玄坂上をさ迷ってきた。渋谷なんて銀座同様隔日くらいで行く町なのだがこんなエッジまで足をのばすことはない。新宿のスケールまではいかないが悪い、定位置はあった、しかしいわば地方都市のオッサン向け悪所みたいなレトロなかんじ、若い危険な連中は場所より人や小店とともに移動するかんじだったと思う。渋谷にそんな目を付けられるほどはっきりした老若限らずのエリアが、しかも道玄坂上周辺に設定されている?いやもう随分昔のイメージかもしれないが。

道玄坂の上なんて善きにつけ悪しきにつけ大人の場所のイメージ、学生のころはヤマハによく楽譜を仕入れに行ったものだが、横丁に入らなければきわめて静かで、この写真みたいな古い看板建築のシャッター通りが展開されるかんじだった。だから江戸時代神奈川からの青山街道筋でも夜盗があらわれ人斬りが根城にしていた場所、供養塔なんかもあり怪奇な噂があったというのも想像がついた。何か昼でも夜の雰囲気があるというか。

いやー。

変な店とか、けばけばしい看板とか、店ですらなかったところに。びっくり。

109側から見てもよくわからない危険臭が急に漂い出して。この標柱の脇からマークシティへの抜け道ができているのにもびっくりしたけど。あ、そうか、風の抜ける方向が変わっている。渋谷に昔からあった横丁がことごとく潰され、そこからたちのぼった空気が、今まで無かった大きな道からの風に巻かれ、蟠り、変な形に発散している。そんな中にあってヤマハはすっかり居心地悪そうだ。だいたい変な空き地空き家が多い、道には怪しげな体格のいい男や行く手をふさぐような黒人や入れ墨兄、加え私服らしき目付き鋭い男がたむろしたり物陰にたったりしている。私服なんて殆ど種類の変わらん人間に見えるから、いずれ街の雰囲気をやさぐれさせている。坂下には若い連中が沢山座り込みこれまたセンター街のようだ。この場所で有名人が次々挙げられる理由がわかる、深夜に歩くと職質が厄介そうだ。道玄坂はこうだったろうか?


・・・んー


こうだったかもしらんなあ。


渋谷のエッジをそのまま、坂を横切り尾根を横切り、タワレコのほうまで歩きながら、一年で一番混むうちのひとつ盆という時期の特殊性もあろうしかし、渋谷は昔から悪所、その時代の若者を写す鏡、静かな時が寧ろ特殊だったのだ。

説明板を思い出しながら、なんとなくかんじた。
by r_o_k | 2009-08-16 00:45 | 写真 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31