相合傘の研究(というほどではなく今まで散発的にメモしたものをまとめました)北斎漫画追加


東京大学が取り組んでいる幕末高精細写真復元について、ときどきニュースになる。その中で相合傘が撮影されたものがあり、既に書籍でもNHKの特集番組でも取り上げられている。それなのになぜか同じ話が定期的にニュースにあがってきているので、これ、江戸研究者からみてどうなんだろう、とも思って情報をみつけたらネットにあげていたのだが、とりあえずまとめておきます。twitter→エキブロ→gooブログと掲載場所が変遷しておりました。とくに傘の形が気になっています・・・

:参考文献ですが、発売当初から品薄で、手には入りますがすぐには難しいかもしれないので、版元リンクにしておきます。早まってプレミア付きに手を出されぬよう。


(たぶん)山東京伝原作の双六の「競作」のコマに相合傘がでてきます。何と競作してるのかは陽物…幕末のモーザー写真等の高精細版で浮かび上がった相合傘と曲線的で扁平な形がよく似てます 鳥羽絵では落書きを怒る家主 幕末写真は小骨や頭を描いてる(両国回向院本堂、泉岳寺山門※)最後は清水寺の三重塔そばの相合傘。
※オーストリア原版(ネガ)を東大がさらに精細に復元した写真では、この上にも似たような落書きがあり、これら向かって左側の柱部の落書きですが右側にはえげつない「陰・陽(前者はタモリがかつて安産のお守りとして描いていたものを縦長にしただけだが、後者は楕円に棒という現在は見られない形状で面白い)」の落書きも見え、かなり汚れている模様。日本は落書きが酷い、一等国でそのような国は無い嘆かわしいと書いた明治の人(渋沢栄一だったか)の気持ちが偲ばれる。
b0116271_14261784.jpg

b0116271_14261874.jpg

b0116271_14243374.jpg

b0116271_14243369.jpg

b0116271_14243306.jpg

消されかけた相合傘も見える回向院のものは妙にディテールに凝ってる。番傘の骨が洋傘より破格に多いことが表裏でわかる。泉岳寺は番傘の頭のとこをこだわってる。清水寺はわかりにくいがやはり頭がある。よく見ると骨が湾曲しているようにも思う。

この時代の相合傘は洋傘より扁平で丸みを帯びてるが細部に地域性はあるかもしれない。現代の三角形は洋傘というより図形的に簡略化したということだろう。

b0116271_14245730.jpg

太田記念美術館の展覧会で気づいたが、広景の名所戯画に便所の落書きがある。この相合傘は三角形。扁平で湾曲する和傘の相合傘ではない(別に珍しくはないけど)。ヘノヘノモヘジにもならない顔と、金精様。金精様は太山寺鐘楼の落書きにもあった。変わらない日本人。「開け放し、垂れ掛け無用」

(追記)元ネタは北斎漫画十二編。
b0116271_00582748.jpg
広景の戯画はオリジナル部分が少ないが(傘に掛けた雪駄の違いは時代の違いか)、要素をプラスしてデティルはしっかりしている。北斎の相合傘は形がだいぶんに崩れている。

b0116271_01214697.jpg

港区郷土歴史館「日本・オーストリア国交のはじまり」特別展カタログでは日本橋のモーザー写真精細版に蔵の白壁へ顔(かなり巨大に見える)および相合傘が識別できるとされている。カタログは画質が高くないので何とも言えないが(前記書籍の増補改訂版を出してほしいところ)、下にあげる参考資料で相合傘はもともと顔を書くものだった、という珍説があるので念頭には置いておきたい。この資料はあまりあてにならなさそうだが、想像だけでなく記憶と資料をある程度使っている。なお個人的には相合傘が寺に書かれるのは寺を多く撮影しているからであり、一般の白壁などはすぐ修復されるからではないかと思う。厠を含む建物内にはもっとあったかもしれない。

b0116271_14251401.jpg
芝居絵にあらわる心中物定番の構図。

佐藤紅霞「貞操帯秘聞:民俗随筆」S9のp.69から言及があり。明治35-6年ごろはまだ盛んだったが今は田舎でしか見ない、とある(けれど現在まだ生き残っている)。

b0116271_14285719.jpg

嘉永六年の書籍(誹諧通言)にある相合傘についての説明に、遊女と情夫の名を記すもの、とあるが、遊女の心中立の一種で、二の腕に「命だれそれ」と入墨したものの転化とこの本では断言している。文字を知らない幼児は粗略な唐傘の柄の両側へ男女の似顔を意図する団子に目鼻の首を描いたものだとする。女が右、男が左というのは江戸時代から変わらないらしい(鳥羽絵は左が「おくめ」と読めるが)。男尊女卑の伝統とあるが果たして。他の子が見つけてその似顔絵のそばに名前や冷やかしの文句を書き添えた。

これを祖型として、大人が似顔絵を文字にして書くようになったからとありますが、その図像的証拠を知りません。以前載せたのはすべて文字、名前ですね(鳥羽絵は江戸時代でも少し遡る)。

b0116271_14291809.jpg

国芳の有名な「荷宝蔵壁のむだ書」は弘化4年、この素っ頓狂な続き絵の中に「お仲清七」の相合傘があります(扁平にならない三角形の傘)。どちらが先かはともかく、大人の落書きとしては「告げ口」の機能、不貞を働く女房と相手の名前を、相合傘の落書きとして公衆の面前に残す。狂歌を含む落書きはお目こぼしされることが多かったらしく、国芳ももちろんそれを利用しているのですが、自由なメディアとしてのありようはネットに近いかもしれないです。

b0116271_14264060.jpg

(新撰)絵本(画本)柳樽シリーズは北斎も仕事しているくらいやたらたくさん出た本で、ネットでもほんの一部しか見れませんし復刻本も全部ではなく選集だったりしてイマイチ。書名も錯綜していて出版年で確認しようとしてもわからないことがあります。天保14年版二編、直接確認できなかったのでこの本からとりますが、白壁の相合傘を消そうとしているところに「らくがきはあいあいがさの首ばかり」。あわてて名前部分を消されるものが多かったんでしょう。すごく流行っていたことは確かなんですね。


# by r_o_k | 2019-11-13 14:25 | 本・漫画 | Comments(0)

豪傑の逸話か死体愛好か、一休の粗忽か豪傑の逸話か

「林子平死せる兄嫁と同衾す」
林子平歴遊して還り家に在り、たまたま兄嫁氏死す、夜に至り子平眠を催す、則ち室上兄嫁氏死体の臥し床中に入る、家兄見て大に怒り叱す、子平泰然として答へて曰く、「兄嫁氏既に死せり、猶何んぞ嫉妬するをもちいんや」と、子平の磊落奇行、概ね此の類なり
以上「内外古今逸話文庫」M26/9博文館
~ただし寛政の三奇人、の奇人は優れた人という意味です。M44「偉人豪傑言行録 : 修養教訓」には以下のように掲載(抜粋)
林子平の兄嘉膳の妻は疫病に罹り重い病状だった。親戚といえど近づかない状況で子平は一人看護し避けることがなかった。亡くなったとき兄弟で遺体を守って横たわるが、夜中になると子平の姿がない。すると遺体の布団の中から寝息が聞こえる。布団をあげると子平がいたので怒って起こすと、夜深けはとても寒くしばらく布団を借りたのだと。死んでいるのに兄はなぜ妬ましく思うのかと一笑した。~

「髑髏出でて元旦を祝す」
当時相伝ふ、忠敬の家怪あり、元旦人頭神棚に現はると、忠敬の来婿するや、人之を忠敬に告ぐ、忠敬笑て曰く、人頭また元旦を祝するならんと、その説終に止むと云ふ、伊能忠敬、以上「内外古今逸話文庫」M26/9博文館
京都など古い家では独特の元旦儀式が残るけど、これは婿入した伊能忠敬を脅すというより、いわれある髑髏を置く習慣があり、それを前近代的と忠敬が廃したという意味に読んだ。元旦に髑髏といえば一休宗純である。
b0116271_23070574.jpg
憎くげなき此髑髏穴賢しこ
目出度くかしこ是れよりはなし
(元旦に墓地で拾ったしゃれこうべを杖にさして門付けのように回り、うかうかしているとすぐにこうなると警告したという話。町角にてさてもこの目出度き正月にそれはいささか不似合いではと問われて、これほどめでたいものはない、目玉が出てしまっているのだからと詠んで喝采を浴びた、という話。今の耳には頓智というより咄嗟の屁理屈に聞こえる)
・・・明治に「逸話」が流行し、官軍方の思潮にあう偉人、逆に悪役にしやすい人物、もともと有名な人物の裏話についてあることないこと演出したことを集めて新聞に書いたり出版したりなどした。上記のような書物も今は残らない江戸時代の資料や伝聞を含んでいるかもしれない。
b0116271_15144368.jpg

一部再掲

# by r_o_k | 2019-11-12 15:13 | 不思議 | Comments(0)

北英、師匠北斎の化け物を役者に斬らせようとする

春梅斎北英。

b0116271_20465233.jpg

大阪の絵師。文政から天保の九年間だけ活動するが(浮世絵師は明治に至るまでこの短期決戦パターンが多い)、初期から技巧に優れ、役者絵での人物の力の漲る体躯と面相の強さが、とくに後のほうに明らかである、と思う。春江斎、雪花楼など時期を経て名を多く使い、印はまた風雅な言葉で作られいかにも上方風である。

北、春を頂いた絵師による江戸後期の上方絵の流れはここで絶えたということになっている。上方の浮世絵は独特の様式美と激しさを調和させる、ように思うが、この師匠が北英よりかなりメジャーな

春好斎北洲。


さて北英のこのお岩さんはまさに北斎の百物語からの剽窃だ。追加された人物はまるきり違う画風の役者絵なものの、一見、北斎との関係の確からしさを証明しているように見える。

さて飯島虚心「葛飾北斎伝」下巻末尾に北斎の弟子が列挙されている。北英は号を雪花楼、大阪の人として書いてある。まず春梅斎北英と同一人物と考えるのが妥当だろう。

ここでWikipediaでは葛飾北英とされる鍾馗図が一枚あり、それが北英唯一のもので、そこには桃華園としるしてあるという。落款の「北」が北斎本人に似ているというが、弟子筋の絵の落款を見ると北を北斎風に描いているのはこの人だけではない。北斎のことなのでどんな変なことをやって、そこに自筆を混ぜているかわからないが。

葛飾北斎伝の北英の次にはなんと師匠の北洲の名がある。雪花亭と号す大阪の人、錦絵、読本を多く描いたとあるが、そのとおりである。北斎の弟子と認められたのは、憶測だが絵を送ったか、手紙の交流をもって遠隔的になされたものではないか。それにしても、師匠と弟子があまり間をおかずに同じ弟子とされたのは何故だろう。

北英について「浮世絵備考」には「為一の弟子」とある。葛飾為一(弟子)については飯島虚心の本にも度々出てくる。明治初期まで存命だった。

推測では師匠は本人と交流があり、北英は為一と交流があったのだろう。見立絵とはいえ、この北斎流とは言い難い乱暴なコラージュは、本人との関係の薄さを示しているように思う。提灯の目が薮睨みになっているのも何かになぞらえているのか。こういうものは大阪だからできたのではないか。
b0116271_21302360.jpg

パロディだとしたら洒落ている。上方らしい。

などと。

# by r_o_k | 2019-10-30 21:25 | ご紹介 | Comments(0)

(つぶやき場移転のおしらせ)「つれづれ雑記録」開設しました ※リンク切れ修正

twitter撤退から数週間、意外と平気ですが、もともと自分用の日記として誰からの反応も受け付けないスタンスでつづっていたので、それなら古いブログを再利用して、ただ自分の日記を毎日つづっていくのがいいのではないかと思いました。ダイエットが順調だったところ、すこしランニングの距離を伸ばしたら、「ぎっくり背中」になりやむなく断念。。というような他の人にとってどうでもいいことをとりあえず書いています。よろしければ。

※上記リンクが機能しない場合はこちら

これだけのエントリなのも何なので、
b0116271_11311495.jpg

イラストレイテッドロンドンニュース(新聞なのでわりと出回っているし一枚なら高くもない)ですが、図書館のデジタル情報だと何なのかわからない。電灯もないのに(あったのか?)どうやって飾ったんだろう。個人ページでサマリーをまとめたとこもありますが、一枚に情報詰めすぎてスマホが落ちます。でも雰囲気あるなー

ブータンの戦い
植民地主義…
b0116271_11314736.jpg


中国ということだけど、巨像。どここれ?
b0116271_11314702.jpg


# by r_o_k | 2019-10-28 11:30 | ご紹介 | Comments(0)

万歳三唱令と人面犬ブーム、90年代初頭の世相

b0116271_12390393.jpg
※これは慶応年間の五榜の掲示

天皇を前に安倍首相が行ったバンザイの、両手の角度が話題になっている。普通は手のひらを前に向けてバンザイするだろう、古今の写真を調べてもほぼ前を向けている。しかしこれは正式には間違っているという。相手に降伏するというネガティブなしぐさで、正式には内側に向けて行うのが礼儀としても正しいと言うのだ。90年代からたびたび耳にしてきたことで、正しかろうが今は違う、馬鹿らしいと流していた。それが最近、おそらく某漫画家の浅はかな記述とネットの一部の盛り上がりで「日本国民なら内側に向けてバンザイすべし」という強い調子に変わってきた。今回の安倍首相は「正しい礼儀を知っている」と「ネットの一部には」称賛された。なんでも万歳は「太政官布告」で決まっている「方法」だという。

ウンザリする人々は以下のWikipediaにある経緯を知っており、Twitterで端的に述べられた。これだけではあまりに他愛ないので尾鰭や関連する歴史的事実を付加して批判する人が多かったように思う。のち地方新聞にも載った。

b0116271_12392780.jpg



「太政官布告」からしてまだ明治になって間もない頃の官僚ないし一般人民への通達のようなもので、「バンザイ」などという何やらわからない掛け声や、その仕草を規定するものではない。現行法の元となったものであって、公の命令や決め事を記すわけで、なぜそうするのかわからない風習を規定するわけがない。こんなものである↓

…とまあ、ネット以外を調べる気もなく、90年代初頭に創作され、創作者自身がそれを認めて今も証言している以上、「太政官布告」とはどんなものか、改めて認識するとともに、1990年代初頭という時期にも目を向けたい。私も創作したことがあるが、色んな人が作って広めたウワサや都市伝説が大流行した時期なのだ。人面犬は創作者なる人がのちにそう述べているが、当時は笑ってしまうようなライトな怪談妖怪、あるいはニセ薀蓄が、ラジオやテレビ、レンタルビデオを通じて公にひろまるほど今より緩かった。薀蓄は決めつけやあやふやな根拠のものもまことしやかに語られて批判されない風潮が昔からあったが、それがテレビ番組で扱われるようになった。のちに健康情報や科学情報について危険な誤謬だと指摘された例もある。もちろん口コミや、ここで掲げた万歳三唱令なるもののように町新聞やミニコミ誌やチラシなどインディーズの紙媒体で広まるものもあった。前者と後者の違いは残らないか残るかだ。口コミは形がなく消滅する。あの頃の風潮はメディアはガクンと落ち込んだ時代の雰囲気に沈んでしまい、オウムのためにオカルトネタも断絶した。しかし紙媒体はアングラ感なくとも平気で怪しいことを書けたし、浮かれた時代のおちゃらけた噺も地味に広がった。正真正銘のアングラ雑誌でもコンビニで手に入り、のちの大規模匿名掲示板の元祖のようなものもあった。載っている中には前時代より遥かに過激になった如何わしい話題もある(確かにその噂は聞いたことがあるがこんなぶっ飛んだ内容ではないというもの…匿名掲示板の特定の板や初期ツイッターなどにみられたやたらと長いエピソードによく似ている)。虚偽の創作も多かったということだ。即ちこれらは世相の観察には使えるが、事実を検証する基礎資料にはなり得ないものである。

だが時代が下るとそれら物理媒体は「文献化」する。今も微妙な気持ちになるのは、まだ時代を知っている人がたくさんいるのに、その時代の他愛もないものが「文献」として知らない世代に研究されているときだが、いっぽうで研究には文献批判が必須である。そこを踏まえていれば前記したような三文雑誌は破却されよう。ところが研究ではなく興味を主眼とした場合は、自分に都合の良い、より目を引く面白いものだけを取り出すことになる。その根拠として無批判に(たとえ一葉しかないペラ紙だったとしても)「文献」を出す。そういう調子だから個人的な印象論も入り込む(バンザイで手のひらを相手に向けるのは見苦しい等)。ネットの登場で誰しも功名心を満たす可能性が高い新世界が開けた感覚に咽ぶアーリーアダプターは、そういう怪しい情報をホームページに掲げ、掲示板転記で持て囃され、さらにテレビが目をつけて取り扱った。今はネットは特別でも何でもなく、プロが参入しているのであまりない動きだが20世紀末当時は実際あったし、00年代まで言ってみればこの営みは残っていた。ネットで海外の情報が流通し、海外の面白ホームページが見られるようになって、スカイフィッシュなど新世代の妖怪が現れたのは記憶に新しい。さて、万歳三唱令はペラ紙では済まなかった。紙から紙という拡がり方から、恐らく口コミ化し一部メディアに漏れたところで、リアルのインフルエンサーに届いてしまったのである。権威主義的な依存体質の日本人に支持される人であり、極めて表現力も拡散力もある。一部への影響力が非常に強かったし、昔は一部に留まらないものがあった。その記述が今回の根も葉もないバンザイ法令の実在と、安倍首相による実行を一部庶民に確信させたのだろう。

戦前戦中はやたらとバンザイをしたと聞いた。マンザイとは言わなかったというし、もちろん仕草について何か言われることもなかった。バンザイ自体そう古くない。中国の言葉であり、それを持ってきた、もしくは切り抜いたものだが、一般的には大日本帝国憲法発布直後に閲兵に向かう明治天皇へ向けて掛ける言葉として帝大教授の提案した、あくまで民間発祥の掛け声とされる。別の案があったところ掛け声としてもっと短く適切なものは何かという場面があって、万歳、万々歳という言葉が選択されたのが、ひろく天皇への賞賛の言葉として(西洋の王や国家への賛美の言葉と同じように)定着したらしい。さらに半世紀もたつと天皇以外にも使われるようになった。先の戦中出征兵士に万歳とやる風景は何かで目にされたろう。この話に落ちはないが、万歳、と打ち上げた花火に、嘘ウンチクの水を浴びせて落とすことのないよう。。
b0116271_13122565.jpg
b0116271_13124216.jpg
〜大森金五郎「歴史談その折々」M39.5 明治時代には既に軍に万歳の習慣があったようだ。万歳の起源についての記述は現代的な万歳と同じものである根拠を知らないので保留としておく。

# by r_o_k | 2019-10-24 12:40 | ご紹介 | Comments(0)