牛坊主、業の言い訳を垂れるの話

この話は羽前最上郡の浄土宗の寺の話として伝わるもの。僧侶が牛に生まれ変わる話は他にも多くみられ、ものぐさ坊主を諌める話として悪評たつ宗派が暗喩されたり、何らかの理由がつけられることがあるが、明確な根拠はなく、つまるところ全く理由のないシュールな「変身」や「生まれ変わり」なのである。いかにも畜生道に落ちたと見えるが、でも、この僧侶はなんだか憎めないキャラなので、不憫に思い、教訓話的なオチを敢えて除いてそれらしい理由を付けてみました。
b0116271_3143115.jpg
b0116271_314551.jpg
b0116271_3151588.jpg

ブログランキング参加してます、ぽちりとぜひ;にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
江戸は寛永年間、最上で実際に起きたと伝えられる事件である。春也という僧侶は何故か人前でもどこでも座ったままこくりこくりと眠る。横になったらすぐ高いびき、常に眠ることが好きだった。あるうららかな日、檀家の男が呼びかけに応えないのを不審に思い寺の中を覗くと、僧衣をまとった牛が畳の上に寝そべっている。膳には今食べ終わったばかりとおぼしき食器が見える。慌てて和尚に声をかけた。すると門前に出てきた春也は牛ではなく、ちゃんと人の姿をしている。男は、食べて寝るのは牛になるからやめたほうがよい、と忠告するが、不思議とにこにこするばかりで気にも留めていない。その後も春也は同じような調子であったが、ある日まごうことなき本物の牛になってしまった。(山形の伝承、参考:畠山弘「東北の伝奇」大陸書房)
Commented by kenz_freetibet at 2008-09-02 09:58
おお!
これはまさしくメタボなお話。
戒めですな。
体を動かして内臓脂肪を無くそうって事までちゃんと教えている。
Commented by 岡林 at 2008-09-02 10:15 x
どうやっても説教臭くなりますね、この話(;^^

もっと不可思議なかんじが出したかったんですが。でも、つくづく江戸時代って現代的なところがあり、これも典型的な都市伝説なんですよね。起こった時期と氏名が明示され、嘘のような実話だと念押しされている。じっさいは実在しない名前だったり出所があいまいだったりするんですよね。
Commented by kenz_freetibet at 2008-09-02 11:59
昨夜の事だけど、例によってプレステ2でBLACKと言うゲームをやっていた。
ロシア兵を散々撃ってたら背中を突っつかれた。
もちろん一人暮らしだから部屋には俺一人。
突っつかれたと思ったけど本当は銃を突きつけられたのかな(^_^;)
左の肩甲骨だったな。
Commented by 岡林 at 2008-09-02 12:24 x
ゲームをやらないので何ともわかりませんけど、、PCに向かっているような体勢で起こる肩こりだと、肩甲骨あたりがぴくっとなることがありますよ。

しかし怖いゲームをやってますねー(;・・
Commented by mimimi at 2008-09-02 18:04 x
そう言えば、小さい頃食べてすぐ寝ると牛になるって言われたな''((;°°)ギクッ

豚の坊主なら猪八戒だけどねw
Commented by 岡林 at 2008-09-02 20:57 x
食べたあとすぐ横になると牛になる、という禁忌もミステリーぽくなってくるんですよね、こういう民話があると。呪術的な意味とか、、、中国は古いのでわりと素直かもしれませんけど、猪八戒は豚ではなくイノシシだと思います(・・;) 孫悟空のモデルは猿行者という独特の顔つきをした少数民族の案内人だと前に聞きました。
Commented by mimimi at 2008-09-02 22:30 x
そ、そうなんですか!(猪八戒=いのしし)

どうも西遊妖猿伝の、ゴジョウのイメージが・・・
Commented by r_o_k at 2008-09-03 02:21
西遊妖猿伝は諸星ワールドですから(^^)
Commented by kenz_freetibet at 2008-09-03 12:12
杉浦 茂ワールドとなるともはやなんだか分からない(^_^;)
Commented by 岡林 at 2008-09-03 12:30 x
あれだけは理解できません(・・;)
by r_o_k | 2008-09-02 03:25 | <風流>怪奇漫画落之書 | Comments(10)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30