胴もすいません・・・伸びてすいません・・・

そろそろマイペースに戻そうということで、まだ絵は荒れてますがちょいと軽いものを。
b0116271_053217.jpg
b0116271_055344.jpg
b0116271_061899.jpg


「京都建仁寺町五条上ル辺に住む木村おたい(17)が去年12月頃上七軒辺より由兵衛(21)とかいう婿を迎えたが、どういうわけか連絡がとれなくなってしまった。おたいはとても憂い、たとえ夫に何か理由があって離ればなれになったとしても、ひとたび夫と定めたお人に操を立てることこそ女の道と、あくまで復縁を願って由兵衛の実家へ行ったところが大阪か大津へ行方知れずだという。びっくりしたおたいは信心する清水観音に詣で、なにとぞ夫の行方が判明し再び連れ添えますよう願いますと朝な夕ないささかも怠り無く一心不乱に祈念していたところ、去る17日午後9時頃いつものように清水寺に参詣し堂宇の前に来たところ、そこに日ごろ慕っていた前夫由兵衛がたたずんでいた。おたいは驚き喜び、おなつかしゅうございます、これもひとえに観音様が憐れんで夫に会わせてくれたのでしょうと夢うつつの心地で嬉し喜んでいたところ、どういうわけか夫の胴体がだんだんと伸びて一丈余りになったので、これは何ごと、と叫んで倒れたところを僧侶が駆けつけて、いろいろ介抱して仔細を聞いたところ、狐狸のしわざということになり早々に帰したというが、「狐狸ャ胴だ」の見出しは無理がある」(湯本豪一編「地方発明治妖怪ニュース」収録より抜粋)

わりと幼妻の一途過ぎる執念が出ていて、清水の境内に実際に出没したと言われている狐狸を例に出すよりも、若い妄念が像を結びあやかしを呼んだ気もする。観音さまも明治喪女の妄念を取り去ることは難しかったようで。

ぜひぜひぽちっと押してください・・・ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
Commented by kenz_freetibet at 2008-08-08 10:18
左から右と言う進行がちょっと戸惑うぞ。
もしかして海外進出を計画してたりして?
そう言えばだいぶ前に週刊モーニングの四コマ漫画に頭が伸びるものがあったな。
結局そのインパクトが強すぎて次回以降かなり苦しんでいたようで短期で掲載は終わったけどね。
Commented by 岡林 at 2008-08-08 13:06 x
あれ、そういえばそうですね・・・?でもだいぶ前から左右だったと思います。WEBは横書き文化なのと、うちが書く吹き出しは横書きなので、左右になったんでしょうね。気がつかなった。。海外もさいきんは余り興味ないんですよね。ヲタクカルチャーが曖昧で新鮮にシームレスに届いてたころはよかったんですが。色彩がないと受けないけど、高精細にはこだわらずインパクトで判断するアメリカ人感覚はわりと好きですが。
by r_o_k | 2008-08-08 00:24 | <風流>怪奇漫画落之書 | Comments(2)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30