妖精!「レプラコーン・エイリアン」が撮影!?

b0116271_9571081.jpg

サンやFOXニュースですでにつたえられているように、エルフの写真が撮影されたそうです。なぜかアメリカで。

コールマンさんの記事http://www.cryptomundo.com/cryptozoo-news/tahoe-elf/

カーゾン市の西、カリフォルニアとネバダの州境にあるタホー湖での話。カーゾン市では紀元前7420年の北米最古のミイラがみつかっている。アイヌ系のコーカソイドの特徴をそなえているといわれる。

フロリダ在住のLloyd Deneauは41才で軍隊経験もあるリアリストだ。時間も正確な場所もつまびらかではないが、かれはふと森の木を写真に撮ろうと思った・・・何故?・・・すると誰もいなかったはずの森の中から、小さな生きものが歩きだしてきた。とっさにカメラにおさめたのがこの写真だという。身長1メートルにも満たない生きものは、不幸にも子供たちによって「レプラコーン・エイリアン」と名付けられてしまった。かれはエイリアンを信じていない。

果たして正体が何なのかは判然としない(まだ調査もされていない)。だが直観的に、エルフだと感じたらしい。

コールマン氏は正体不明と言うのなら、ケイブマンのミイラのことを考慮して、ビッグフットの子供と解釈することも可能ではないかと示唆する。何でもビッグフットにしてしまうのはさいきんのアメリカの悪いとこだ。私には服を着ているように見える。





これは「赤ずきんちゃん」だと思います。

森を彷徨い続けるうちに、ネバダにまで・・・





コメントにはネイティブの伝説に西欧のような小人の話がないものかという指摘がある*。服装がスキンウォーカーのたぐいに見えなくもなく、いろいろな可能性が考えられるだろう。一番考えられるのは、ネタだということだろう。情報が出なさすぎるし、サン(東スポ英国版)ではどうしようもない。

リアル・エルフの映像はようつべでたくさん見られるそうですよ。ほんとか?

*あった。wiki
wikiなので信憑性や学術的裏づけはおいといて、森の中に住む小人っていうのがあるんだって、ネイティブのフォークロアに。出来すぎ。ただしドワーフってたとえているし、書いてあること自体がなにやらアイルランドの妖精ぽいなあ。

↓押していただけるとありがたいです、ブログランキング参加してます<(平伏)>
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ

携帯から投稿するといろいろめんどくさい・・・
Commented by kenz_freetibet at 2008-08-06 10:12
ってか、今時ピンボケ写真が撮れる事にある種の驚きw
こういう写真を出す人って古い世代の人なのかな。
コンパクトデジでも高倍率ズームなんだけどなぁ~。
Commented by r_o_k at 2008-08-06 10:21
デジカメだそうです。デジタル処理特有の歪みをどうとらえるかですね。たんに腕が悪すぎるのか、フォトショ加工も巧妙になってますし、案外粗雑に編集したほうがそれらしく見えたり・・・
by r_o_k | 2008-08-06 14:38 | 不思議 | Comments(2)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30