「怪談・黒子禍」

またまた耽美(ようはソフトエロ)かよとか。絵柄的に耽美は無理なんですけど、エロはちょっとあるかなあ。
b0116271_2383122.jpg
b0116271_239978.jpg
b0116271_2395617.jpg
b0116271_23102575.jpg
b0116271_23105770.jpg
b0116271_23112964.jpg
b0116271_231264.jpg
b0116271_23123260.jpg

元はしょーもないヨロメキものというか浮気怪談なんですがこれたしか「日本怪談全集」にも収録されてましたね。田中貢太郎「日本怪談実話」のほうから、今回も大幅に抜粋編集していますが、例によって下書き無しの直接ペンで構成も考えず流れで描いてます。ただ、こういう話はそのほうがいいのかもしんない。ほんとは長田幹彦の死姦の話を書こうとおもったんですが、なんか胡散臭いのでどうせならこっちのほうがちょっとキレイにかけそうな気がしただけです。汚いよどうせ。ついに11時に描き終わるという速さを達成したー。3時間かあ。

オチにかんしてはもともとが物凄く陳腐なうえ不恰好で未推敲な構成をとっているゆえ、ちょっとひねりました。

よろしければどうぞ。


↓飾りかと思っていたら押してもらわないと機能しないことがわかったので、ぽちっとお願いします<(。。)>
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
↓こちらも。
人気ブログランキングへ

曲がりなりにも一日一本退社帰宅後に描くってすごくね?
by r_o_k | 2008-07-24 23:16 | <風流>怪奇漫画落之書 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30