「尼僧じょうねんの話」(ほんまの下書き)

しまったこのボリュームで平日は無謀だった・・・ほとんどオリジナルになってますがいちおう田中貢太郎「新怪談集」より「法華僧の怪異」をベースに情念話(ようはソフトエロ話)に仕立ててます。ざんねんなことに今回はちゃんと下書きしてから描こうと思ったら、下書きだけで3時間以上かかってしまったので、完全にシャーペンだけの雑書きでアップです、すいません。これはけっこう思い入れがあるのでちゃんとペンは入れます・・・いつか。ネームだのなんだの一切考えず流れで描いていく素人手法なので、法華僧が現れる場面とか場面が変わってることがわかりにくくなっているのはご愛嬌。つかそこまでちゃんとマンガ描こうとすると会社行けなくなるよ。
b0116271_050841.jpg
b0116271_0502849.jpg
b0116271_0504943.jpg
b0116271_0512354.jpg

b0116271_8423910.jpg

b0116271_0521345.jpg
b0116271_0523945.jpg

b0116271_8433517.jpg

b0116271_8442982.jpg

b0116271_05445.jpg
b0116271_0543222.jpg
b0116271_0545161.jpg

どうしても紙数減らそうとしてしまうから無理ある展開が否めないかな。原話を載せたいくらい原話とは違う内容なんですが。僧侶というのは江戸時代利権がらみでけっこう胡散臭く見られていたところもあり、宗派にもよるが生臭が公然とまかり通っていた。逆にストイックにしているが余り転げ出すと止まらない現象が、「死んだ後成仏せず色情霊となる」という噂話を生んだりもしていた。このへんを暗示してる部分もあるんですが、法華僧とこの女の気持ちの上は通じているという暗示をヒトコマ入れてもよかったかなあ。女は碁で勝つことができない気持ちを転嫁して僧侶の体を求めたが、僧侶は寺をあけることでそこへ踏み込むことからは逃げた。女は復讐をし、僧侶は女を失ったことを金品を失った以上にショックに思って自殺する。そして死後女に夜這いをかけ、女は苦しみを重ねることになるが、ある意味、女はすべてを得た。

てこのコマ数でわかるかいな。いつかちゃんと書き直したほうがいいか。ちょっとありがちなオチあたりはすまん。

↓飾りかと思っていたら押してもらわないと機能しないことがわかったので、ぽちっとお願いします<(。。)>
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
↓こちらも。
人気ブログランキングへ

くれぐれも汚くてすまん。
by r_o_k | 2008-07-24 08:44 | <風流>怪奇漫画落之書 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30