耳神様と弁慶石と道祖神と陰陽石と安産神

奥多摩で気になったことをクリップ。安産神信仰が多いのは山間の村では珍しくないし、蚕なんかとも関係があるので養蚕のさかんだった土地という意味でも普通。小丹波熊野神社は山間の小社にもかかわらず立派な舞台を持つことで有名だが、境内にある安産神は立派な陰陽石で、楕円形の石が垂直に立った真ん中に穴があいていて、そこに石棒がつっこんである。石棒はともかく、この楕円形の石に丸い穴、という形にちょっとひっかかった。旧青梅街道沿いには民間信仰のものや険しい街道に多い馬頭観音・牛頭観音、そして道祖神がたくさんまつられている。中にこんな石が近接してあり、それぞれ耳神様、弁慶の腕ぬき石と呼ばれている。呼称含め曖昧な伝説があり、前者は耳鳴り封じの民間信仰、後者は穴に腕を突っ込んで持ち上げるといった力石系の信仰のものと思われる。弁慶の伝説があったらしいが俗説ゆえ明記しているものにはあたらなかった。
b0116271_12324750.jpg

b0116271_1234255.jpg

耳神様は穴のあいた石をそなえると耳の病が治る、といわれた。安産神が底の抜けた柄杓をそなえる(青梅にそういった社がある)のと同じ、即物的な信仰である。ただ、穴の都合よくあいた石なんてそうそうあるものなのか?秩父古生層の石灰岩がごろごろしているから、蟲の砂地にあけた穴が化石化のさい抜けたりとかして丸く穴があくのだろうか?川底にあって水流の関係であく?それにしては何かちょっと不思議なキレイさだ。これ、熊野神社の陰陽石によく似ている。

陰陽石というと夫婦和合=五穀豊穣とか、混淆して道祖神とかいったものに使われる。街道筋ならば道祖神というのは不思議ではない。耳神様も弁慶の腕ぬき石も、元は道祖神として持ってこられたものではないかなあ・・・

雑感。

その他写真はこちら
Commented by kenz_freetibet at 2008-06-08 13:42
やれやれ秋葉がすげー事になっているよ。
コスプレ連中に頭にきたのだろうか。
最近はこの手の事件が多くて怖いよ。
防刃チョッキが必要だな。

2枚目の岩はどしてもヒルコに見えてくるぞ。
Commented by 岡林 at 2008-06-08 15:06 x
大きさ的にもヒトガタに見えますし、陽石に穴をあけて両性具有??・・・諸星先生はうまいことこういう民俗遺物の雰囲気を利用してます。

ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1211823579/
こいつらほんとに終わってますね。
Commented by kenz_freetibet at 2008-06-08 22:49
この手の犯罪が最近多いのは残念ながら小泉政権の格差社会容認政策が原因だな。
例えなんと言われようと正規雇用の拡大を計らないと日本社会は間違いなくだめになる。
その為に物価が上がろうとそれはしょうがない。
痛みを伴う改革と言うものはそう言う事だ。
外人を雇うのなら日本人を。
日本で製品を販売するのなら日本人の正規雇用の義務化をしないと駄目だ。
強権発動も致し方なし。
人が死ぬよりもまし。
Commented by r_o_k at 2008-06-08 23:30
>正規雇用の拡大

これはそう思います。安くていい人材、だからといって海外頼りでは国力が落ちるのは当然、食料政策の失敗と同じコトをほうぼうで繰り返していくといよいよ内部から瓦解するんではないでしょうか、日本という民族社会は。人が死ぬよりもましですよ。日本国は国民に国家を愛することを要求する以前に国民を愛するべきです。脳内アメリカナイズな能天気指導者はもういらない。
by r_o_k | 2008-06-08 12:40 | 不思議 | Comments(4)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30