幽霊売ります

フロリダの男が幽霊の瓶詰めの通販を始めた。「ゴーストレーダー」なんかと同じ匂いがする。

ゴースト・イン・ア・ボトル

b0116271_10401156.jpg


ジョン・ディーズはビンの中に幽霊を捕らえていると言う。

「これは実際に最初に捕らえられたものです。ジョージア州ディケイターの古い農家でです。」ディーズはボトルの中の一匹の幽霊を見せびらかして言った。

ディーズは国じゅうのプロの幽霊捕獲人ゴースト・キャッチャーと契約しており、彼らは実際にボトルの中に幻影を詰めるゴースト・キャッチャーなのだというが、どうやってボトルに幽霊を詰めるのかについては詳しく説明しようとしない。

「そう、あなたがケンタッキーフライドチキンに行ったとして、秘伝のレシピを聞こうとは思わないでしょう?」ディーズは言った。「彼らは呪われた建物、車、ホテル、恐らく墓地へさえ入って捕らえているでしょうね。」

超自然的存在なのか気味の悪いノベルティなのかにかかわらず、ボトルの中の幽霊は警告と共にある・・・自己責任で開けてください。

「ボトルを開けて、何も起こらなかったじゃないかと言う人もいるでしょう、でも面白い話の種にはなったはずです。他の人は「私の家で変なことが起こる。車のキーはどこへいった?テレビのリモコンはどこへ?」と言う」ディーズは言った。「ボトルの中の幽霊は”エクソシスト”よりもフレンドリーな”キャスパー”寄りなんですよ。我々は真ん中寄りにいますね」ボトルの中の幽霊はAGhostInABottle.comからオンラインでも買えます。(local6)

~間違って飲んじゃったらどうするんだ。勇気ある購入者の体験談求む。日本で開いたらびっくりするだろうな、ヤンキー幽霊。

アメリカではテレビシリーズの影響でやたらとゴーストハンターの真似事をする奴が出てきて問題になっているという。昔の日本の心霊スポットブームといっしょだ。日本もアメリカもほんと、実はまったくおんなじような精神構造だったんだなあ。
Commented by kenz_freetibet at 2008-05-30 15:40
中にスピリタス(アルコール度96度)を入れておけば幽霊が見えるかもなぁ。
少なくとも地球が廻っている事は実感できるぞ(^^)
ドレスデンでロシアの陸軍将校と呑みあってひでぇ目に遭ったからなぁ。
でも負けなかったもんね。

大阪センチュリー交響楽団の言い分がHPに載っているけど、補助金が当たり前と言う言い分は今の世ではちょっと無理があるぞ。
小編成オケにしては経費が掛かりすぎじゃないか?
今ある4つのオケを合併して2つにした方が良いのじゃないかな。
昔からクラシックはパトロンありきの文化なんだとか書いたら余計橋下知事はいい気になっちゃうぞ。
Commented by 岡林 at 2008-05-30 22:25 x
パトロンって余裕のある市民がなるものですよね?少なくともこの種の音楽の広がった当初はそういうものだった。市民がオーケストラを持つ、なんてアジア人の西欧コンプレックスそのものの感じがして、設立20年に満たない元ブラスバンドのオケに対してそれを根拠にされるのは厭ですねー。音楽なんて他に安上がりのものがたくさんあるのに、予算8億の半分以上補助金って。。

レパートリーが偏り集客の望めない室内規模楽団っていうのが案外一番高くついたりするものじゃないですか?水戸くらい力を入れないと収益性に無理がある。あるいはもっともっと営業活動をするとか。個人でもオケの活動として弾いて回り稼ぐような。

まあ、地元市民が納得しているならよその土地が口出しする問題じゃないのかもしれませんが、補助金出す府側が納得いかないというのであれば、そのぶんをどこかから補填してもらうしかないでしょうね。東京を比較にあげつらってますけど・・・全国で東京ほど参考にならない予算規模の都道府県はないでしょう。在京プロオケも多すぎですけど、最近は有名指揮者よりも面白いレパートリーに手を出す団体がコンスタントにいて楽しいですね。
by r_o_k | 2008-05-29 10:41 | 不思議 | Comments(2)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30